• プロフィール
  • 佐藤二朗
CONTENTS
Home

佐藤二朗

1969年5月7日生まれ、 愛知県出身。1996年に演劇ユニット『ちからわざ』を旗揚げし、全公演で作・出演を手掛ける。近年、多数のドラマ・映画に出演。また『ケータイ刑事銭形シリーズ』(BS-TBS)、『恋する日曜日』(BS-TBS)、『家族八景』(TBS系)、『〜2013新春特別企画〜だんらん』(関西テレビ)などのドラマ脚本を執筆。2008年に公開された映画『memo』や『私たちがプロポーズされないのには101の理由があってだな』(LaLaTV)では脚本・監督を務める。2016年には、映画『任侠野郎』『だCOLOR? THE脱獄サバイバル』、7月期ドラマ『神の下を持つ男』(TBS系)や10月放送予定の『勇者ヨシヒコと導かれし七人』(テレビ東京系)などへ出演。同年7月14日には自身の人気Twitterをまとめた書籍『佐藤二朗なう』(AMGブックス)が発売。俳優としてのみならず幅広く活躍している。

LINK
公式サイト
公式Twitter


RECOMMEND
  • スペシャル
  • 2019.08.26

【インタビュー】兒玉遥 「誰がなんと言おうと自分の意志を貫こうと決めていた」 ラブサスペンス舞台で女優としての第一歩を踏む!

6月9日にHKT48を卒業した兒玉遥が、9月に東阪で上演される舞台『私に会いに来て』で本格的な女優デビューを飾る。韓国で5年間に10人もの女性が殺害された未解決事件「華城連続殺人事件」をモチーフにしたヒューマン・ミステリー作品において、彼女が演じるのは“強い女 . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense