• プロフィール
  • 佐藤二朗
CONTENTS
Home

佐藤二朗

1969年5月7日生まれ、 愛知県出身。1996年に演劇ユニット『ちからわざ』を旗揚げし、全公演で作・出演を手掛ける。近年、多数のドラマ・映画に出演。また『ケータイ刑事銭形シリーズ』(BS-TBS)、『恋する日曜日』(BS-TBS)、『家族八景』(TBS系)、『〜2013新春特別企画〜だんらん』(関西テレビ)などのドラマ脚本を執筆。2008年に公開された映画『memo』や『私たちがプロポーズされないのには101の理由があってだな』(LaLaTV)では脚本・監督を務める。2016年には、映画『任侠野郎』『だCOLOR? THE脱獄サバイバル』、7月期ドラマ『神の下を持つ男』(TBS系)や10月放送予定の『勇者ヨシヒコと導かれし七人』(テレビ東京系)などへ出演。同年7月14日には自身の人気Twitterをまとめた書籍『佐藤二朗なう』(AMGブックス)が発売。俳優としてのみならず幅広く活躍している。

LINK
公式サイト
公式Twitter


RECOMMEND
  • ランキング
  • 2019.06.16

岡田准一に憧れ!水野勝が演じてみたい役柄BEST3

絶賛公開中の映画『柴公園』で謎のイケメン役を演じる水野勝(BOYS AND MEN)。これまでに数々のドラマや映画作品に出演している彼に、演じてみたい役柄BEST3を挙げてもらいました!今まで好青年イメージの役が多かっただけに、ガラリと印象が変わる役に挑戦した . . . 続きを読む

  • スペシャル
  • 2019.06.15

【インタビュー】水野勝「ヒロトなりの正義、家族を守る想いを大事にした」柴犬たちに癒されながら演じたメリハリある二面性!

BOYS AND MENのリーダーであり、俳優としても着実にキャリアを積み重ねている水野勝。最新作は、“おっさん×柴犬×会話劇”として、ドラマでも話題となった『柴公園』の劇場版。彼の役は謎のイケメン。物語のカギを握る役をどんな想いで演じたのか。柴犬たちともふも . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense