• プロフィール
  • 斎藤工
CONTENTS
Home

斎藤工

1981年8月22日生まれ、東京都出身。パリコレなどのモデル活動を経て、2001年11月、映画『時の香り〜リメンバー・ミー〜』で俳優デビュー。その後も数々の作品に出演し、主な作品にはドラマ『オトコマエ!』(NHK/2008年)、『最上の命医』(テレビ東京/2011年、2016年、2017年、2019年)、『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』(フジテレビ系/2014年)、『臨床犯罪学者 火村英生の推理』(日本テレビ系/2016年、2019年)、主演映画『家族のレシピ』『麻雀放浪記2020』(共に2019年)などがある。2014年、被災地をはじめ劇場体験が難しい地域の子供たちに映画を届ける移動映画館『cinēma bird』を主催。その活動をはじめ映画界への貢献が評価され、「日本映画ペンクラブ賞特別奨励賞」を受賞した。2018年公開の映画『blank13』では、本名の齊藤工名義で、長編監督デビュー。同作では、『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017』の「ゆうばりファンタランド大賞 作品賞」、『第20回上海国際映画祭』の「アジア新人賞部門 最優秀監督賞」など、国内外の映画祭で8冠を獲得。同年、エリック・クー監督がショーランナーを務めるHBO ASIAのオムニバスホラードラマ『FOLKLORE』の一編『TATAMI』を監督し、同企画第二弾『FOODLORE』でも『Life in a box』を引っ提げて、引き続き日本の代表監督としての参加が決定。日本のコンプライアンスをテーマにした映像作品『COMPLY+-ANCE』(2020年2月公開)を製作するなど意欲的に映像制作に携わっている。白黒写真家としても活動しており、2018年、フランス・パリのルーブル美術館に展示された白黒写真作品「守破離」ではブロンズ賞を受賞。2019年、演劇ユニット・女々の舞台『どぶ恋10』にて、ビジュアル撮影、舞台脚本にて参加。一方で、2018年には番組の企画と連動して実際に覆面芸人・人印(ピットイン)として『R-1ぐらんぷり』に出場するなど、その活動は多岐にわたる。企画・プロデュース・主演を務める映画『MANRIKI』が2019年11月29日に公開。ほかにも、映画『魔法少年☆ワイルドバージン』(2019年12月6日公開)、『ヲタクに恋は難しい』(2020年2月7日公開予定)、『Fukushima 50』(2020年3月公開予定)、『糸』(2020年4月24日公開予定)、『シン・ウルトラマン』(2021年公開予定)と、多数の出演映画の公開を控える。

LINK
公式サイト
オフィシャルブログ


RECOMMEND
  • ニュース
  • 2019.12.16

Da-iCE・花村想太のバンドプロジェクト・Natural Lag、「ファイティング・ソング」のリリックビデオを公開!

5人組ダンス&ボーカルグループ・Da-iCEのボーカルである花村想太が始めたバンドプロジェクト、Natural Lag。2020年1月22日に発売になる1stミニアルバム『ナチュラルストーリー』の収録曲が新たに発表された。 「蜃気楼」「無愛想なベル」に続 . . . 続きを読む

  • ニュース
  • 2019.12.16

Lenny code fiction、ニューシングル「脳内」リリースパーティー開催!「来年もワクワクさせて、最高のライヴを届けます」

12月11日に5thシングル「脳内」を発売したLenny code fictionがその前夜、10日に東京・渋谷WWW Xでリリースパーティーを開催した。 彼らにとって、音源のリリースは1年ぶり。理由は後述するが、1stアルバム『Montage』のリリー . . . 続きを読む

  • スペシャル
  • 2019.12.16

【インタビュー】蒼井翔太「その日その瞬間に芽生える衝動や感情に従う」初めて起こる出来事にワクワクが止まらない!

世界中で再演を重ねている名作ミュージカル『ウエスト・サイド・ストーリー』の日本キャスト版Season1にて、主人公・トニーを演じている蒼井翔太。声優としてだけでなく、アーティスト、俳優としても活躍する彼だが、ブロードウェイ・ミュージカル、ミュージカル主演という . . . 続きを読む

  • ニュース
  • 2019.12.16

演劇「ハイキュー!!」の新作〝最強の挑戦者(チャレンジャー)〞上演決定!烏野高校と稲荷崎高校の熱戦が描かれる!!

古舘春一の大人気バレーボールマンガ『ハイキュー!!』(集英社『週刊少年ジャンプ』連載中)を舞台化した、ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」のシリーズ9作目となる新作公演〝最強の挑戦者(チャレンジャー)〞の上演が決定した。 本作は、物語の主役校で . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense