• エンタメ
  • 全話20%超えの『ドクターX』が今年の頂点に!2014年年間ドラマ視聴率ランキングを発表!!
CONTENTS
Home
  • ニュース
  • 2014.12.31

全話20%超えの『ドクターX』が今年の頂点に!2014年年間ドラマ視聴率ランキングを発表!!

2014年も残すところあと1日。今年放送されたドラマの年間視聴率を元に、視聴率の高かった作品をピックアップしてみた。高視聴率を獲得した理由と魅力は何なのか?そのヒミツに迫る。

■『ドクターX』が全話20%超えで堂々の年間1位!ワクワクとハラハラは人間の性!?
まず今年最も高い視聴率を獲得したドラマの1位は『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系/最終回、27.4%)。米倉涼子演じる大門未知子が「私、失敗しないので」という決めゼリフと共に華麗な腕前を披露していく痛快劇。第1、第2シーズン共に好調ではあったが、第3シリーズではさらに全ての回が20%超えを記録した。ひと癖もふた癖もあるお偉いさんたちが次々と痛い目に遭っていく図は予定調和でありながら見入り、むしろ予定調和であるからこそ安心して楽しめる。そしてだからといって大門が上にのし上がっていくワケではなく、なんだかんだいっていつも良い目を見るのがオネエ言葉の岸部一徳、というのも何気に魅力のひとつ。悪い人が懲らしめられるのは見てみたいしワクワクするが、代わりに誰かがのし上がっていく様を見るのはどこかハラハラする……というのはある種、人間の性だろう。

またその人間の性が同じように反映されていた作品が2位の『HERO』(フジテレビ系/初回、26.5%)。木村拓哉(SMAP)演じる久利生公平が自分の損得関係なしに動く姿はやはり爽快でおもしろい。また『ドクターX〜』と同じく、むしろそれ以上に前作からの期待値が高かっただけに初回がこの数字を獲るのは納得だ。

そして今年高い視聴率を獲得したドラマ3位の『花子とアン』(NHK総合/25.9%)、4位『ごちそうさん』(同系/25.3%)、5位『マッサン』(同系/22.5%)は全てNHK朝の連続テレビ小説。2013年上半期の『あまちゃん』(NHK総合)から続く朝ドラ人気は未だ続いており、“あまロス”から抜け出せないまま次の作品に突入した人々がそのまま視聴者になり続けている、というのもひとつの要因のよう。注目の若手俳優・土屋太鳳 が主演を務める次作『まれ』(2015年3/30〜スタート予定)にも期待がかかる。

ほか、2014年に視聴率20%を超えた作品は24時間テレビ スペシャルドラマ『はなちゃんのみそ汁』(日本テレビ系)のみ。あとは不動の人気を誇る『相棒』(テレビ朝日系)シリーズのSP版と、岡田准一(V6)が熱演した大河ドラマ『軍師官兵衛』(NHK総合)が19%台を打ち出し、ほか連続ドラマでは『S-最後の警官-』(TBS系)が18.9%という結果だった。

■ブームの火付け役!?“こじらせ女子”“Nロス”“平日昼顔妻”が浸透
『家政婦のミタ』(日本テレビ系)や『半沢直樹』(TBS系)のように40%以上を叩き出すような怪物ドラマは生まれず、20%台に乗る作品もシリーズものばかり……といった少し寂しい結果になってしまった2014年。だが一方で『ドクターX〜』のようにひとつの作品が常に好視聴率を獲得したり、朝ドラが通年高い評価を受けたりと、“安定の愛され方”という意味では確かな手応えを掴んだ年であったように思う。また近作でいえば綾瀬はるかと福士蒼汰演じる歳の差カップルの恋模様が注目を集めた『きょうは会社休みます。』(日本テレビ系)は回を追うごとに視聴率を上げ、数字は途中失速するも“こじらせ女子”という言葉がしっかりと知れ渡るほどには認知度が高まり、『Nのために』(TBS系)は榮倉奈々演じる希美と窪田正孝演じる成瀬の、初々しい恋模様が愛しすぎて忘れられないという“Nロス”現象も発生。ほか狂気を秘めた異様な世界観に引き込まれた『BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係』(テレビ朝日系/4月期)、“平日昼顔妻”というワードが話題となり、“不倫”という言葉をとても官能的に伝えてある種、不倫ブームの火付け役にもなった『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』(フジテレビ系/7月期)など、クールごとにジャンルの違う話題作もきちんと放出している。

果たして来年は再び怪物作品が登場するのか?それとも今年のように安定の愛され作品が引き続き生まれていくのか?それとも……?ぜひ1月期から注目していきたい。

文/林福子

RECOMMEND

“おこもり”必須の1月期ドラマは「大人による大人のための作品」 あらゆる分野の大人の過ごし方が凝縮!?

2014年も残すところあと1日。今年放送されたドラマの年間視聴率を元に、視聴率の高かった作品をピックアップしてみた。高視聴率を獲得した理由と魅力は何なのか?そのヒミツに迫る。■『ドクターX』が全話20%超えで堂々の年間1位!ワクワクとハラハラは人間の性!? ま . . . 続きを読む

年末年始に観るべき番組はコレ!音楽、バラエティ、ドラマの3部門のオススメ作をテレビライターが紹介!!

2014年も残すところあと1日。今年放送されたドラマの年間視聴率を元に、視聴率の高かった作品をピックアップしてみた。高視聴率を獲得した理由と魅力は何なのか?そのヒミツに迫る。■『ドクターX』が全話20%超えで堂々の年間1位!ワクワクとハラハラは人間の性!? ま . . . 続きを読む

10月期ドラマは“テレ朝”の人気シリーズ作が上位を独占!テンポの良さと豪華キャストで月9・小栗と水10・綾瀬も大健闘!!

2014年も残すところあと1日。今年放送されたドラマの年間視聴率を元に、視聴率の高かった作品をピックアップしてみた。高視聴率を獲得した理由と魅力は何なのか?そのヒミツに迫る。■『ドクターX』が全話20%超えで堂々の年間1位!ワクワクとハラハラは人間の性!? ま . . . 続きを読む

7月クールドラマはダントツで『HERO』に軍配!一度観たらハマっちゃう“釘付け作”が人気!!

2014年も残すところあと1日。今年放送されたドラマの年間視聴率を元に、視聴率の高かった作品をピックアップしてみた。高視聴率を獲得した理由と魅力は何なのか?そのヒミツに迫る。■『ドクターX』が全話20%超えで堂々の年間1位!ワクワクとハラハラは人間の性!? ま . . . 続きを読む

4月期ドラマに2本出演!女優・有村架純のブレイクのヒミツは強い目ヂカラと露出戦略

2014年も残すところあと1日。今年放送されたドラマの年間視聴率を元に、視聴率の高かった作品をピックアップしてみた。高視聴率を獲得した理由と魅力は何なのか?そのヒミツに迫る。■『ドクターX』が全話20%超えで堂々の年間1位!ワクワクとハラハラは人間の性!? ま . . . 続きを読む

『半沢直樹』『あまちゃん』…今年のヒットドラマの共通点とは?

2014年も残すところあと1日。今年放送されたドラマの年間視聴率を元に、視聴率の高かった作品をピックアップしてみた。高視聴率を獲得した理由と魅力は何なのか?そのヒミツに迫る。■『ドクターX』が全話20%超えで堂々の年間1位!ワクワクとハラハラは人間の性!? ま . . . 続きを読む

第二の『半沢直樹』が大活躍!?4月期ドラマは“スカッ”&“クスッ”が人気のカギ!

2014年も残すところあと1日。今年放送されたドラマの年間視聴率を元に、視聴率の高かった作品をピックアップしてみた。高視聴率を獲得した理由と魅力は何なのか?そのヒミツに迫る。■『ドクターX』が全話20%超えで堂々の年間1位!ワクワクとハラハラは人間の性!? ま . . . 続きを読む

“ドラマと主題歌のステキな関係”が復活!?家入レオ「Silly」が急上昇!<歌ネット週間ランキング>

2014年も残すところあと1日。今年放送されたドラマの年間視聴率を元に、視聴率の高かった作品をピックアップしてみた。高視聴率を獲得した理由と魅力は何なのか?そのヒミツに迫る。■『ドクターX』が全話20%超えで堂々の年間1位!ワクワクとハラハラは人間の性!? ま . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense