• エンタメ
  • 2014年、テレビ界で最も活躍した俳優&女優とは?名バイプレーヤーから、若手、主役級までを独自に分析
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2014.12.27

2014年、テレビ界で最も活躍した俳優&女優とは?名バイプレーヤーから、若手、主役級までを独自に分析

2014年もたくさんのドラマが放送され、これまで以上の活躍をした俳優や注目を集めた女優も多く見られた。今回はそうした2014年度にテレビ業界で話題を集めた人々を分野別にピックアップ。その理由を探る。

■舞台畑出身者の勢いが止まらない!名バイプレーヤーから主演俳優が続々誕生!!
まず挙げたいのは、吉田羊、ムロツヨシ、滝藤賢一、吉田鋼太郎ら舞台畑出身者の大躍進。ドラマ『HERO』(フジテレビ系)で男尊女卑に厳しいキャリアウーマン検事を演じた吉田羊は、もともと演劇プロデュース『東京スウィカ』の旗揚げメンバーとして活動してきた女優。以前から数多くの映像作品に出演していたが、『HERO』でメインレギュラーのひとりとして熱演したことで一躍注目を集め、すぐ後にはバラエティ番組のレギュラー(『オモクリ監督 〜O-Creator’s TV show〜』(同系))にも抜擢された。来年以降は単発ドラマの主演、そして連ドラ主演へと着実にステップアップしていきそうな予感大だ。

そして実際に今年度、ドラマ主演俳優にまで上り詰めたのがムロ、滝藤、吉田鋼太郎の3人。『勇者ヨシヒコ』(テレビ東京系)シリーズをはじめとした福田雄一作品の名バイプレーヤーだったムロは、同氏の監督作品『新解釈・日本史』(TBS系)で初主演。滝藤はテレビ東京の深夜ドラマ『俺のダンディズム』で初主演を飾り、同クールに4つの作品に出演するという多忙ぶりも見せた。そして『MOZU Season1〜百舌の叫ぶ夜』(TBS系)では狂気性のある男を怪演し、NHK朝の連続テレビ小説『花子とアン』では誠実で男らしい人物を好演して『東京ドラマアウォード2014』の助演男優賞を受賞した吉田鋼太郎は、12月30日放送の年末特別ドラマ『東京センチメンタル』(テレビ東京系)で初主演を果たす。

では、なぜ舞台出身の役者がここまでキャスティングされたのだろうか?ほかの分野の俳優と比較するのは非常におこがましいことではあるが、舞台で経験を積んできた俳優には一様にして主役の華やかさとはまた違う確かな存在感を映像作品に残す傾向が強い。ではそうした人が画面の真ん中に立ったら、どうなるか?さらに通好みの重厚な作品に仕上がるのでは?と考えるのも当然の流れだろう。温水洋一や古田新太など、演劇出身の俳優が主役を務める機会はこれまでにもあったが、今年はさらにその傾向が顕著に見られたように思う。それほど昨今の作品にパンチ力が不足しているからなのか、単に壮年層の役者の熱演を観たいと思う声が増えているからなのか……。ちなみに来年1月期にはもう一人の舞台出身俳優・手塚とおるが『太鼓持ちの達人〜正しい××のほめ方〜』(テレビ東京系)で主演。さらにムロと吉田鋼太郎は共に『ウロボロス~この愛こそ、正義。』(TBS系)への出演が決定している。まだまだ演技派俳優陣の勢いは止まりそうにない。

■イケメン俳優陣が深みのある演技で女性を釘付けに!
また女性視聴者を釘付けにした、という意味で注目を集めたのが斎藤工、福士蒼汰、窪田正孝のイケメン俳優たち。斎藤は『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(フジテレビ系)で不倫に身を投じる不器用かつ色気たっぷりな高校教師を演じ、福士は『きょうは会社休みます。』(日本テレビ系)で9歳年上の彼女をメロメロにする若干小悪魔系な爽やか大学生を好演。窪田は『Nのために』(TBS系)で幼なじみを一途に想う素朴な青年を熱演した。どの役柄も女性が「こういう人がそばにいてくれたら」と妄想する理想の男性像ばかり。かといって誰が演じても胸キュンしたかと言われれば決してそうではなく、これまでに相当数の作品を経験し、きちんと実績を積んできた彼らだからこそできる、その人生経験が滲む演技に惹きつけられたのではないだろうか。“イケメンに言われただけでキュンキュンする”というほど世の中の女子は甘くない、というのは定説だ。

■名実共に実力派俳優&女優!小栗旬と真木よう子が躍進を遂げる
そしてその“人生経験が滲む演技”に磨きをかけたことで今年さらなる飛躍を見せたのが小栗旬と真木よう子。堺雅人や西島秀俊らと同様にもともと実力も人気も兼ね備えている二人だが、『BORDER』(テレビ朝日系)からの『信長協奏曲』(フジテレビ系)、『最高の離婚』(フジテレビ系)からの『MOZU』シリーズ(TBS系)など、今年は特にテレビドラマでの活躍が目立ったように感じる。小栗の無邪気な笑顔とやや狂気性を思わせる目つきのギャップ、また真木が変幻自在に魅せるいろいろな意味での女子力など、ふたりの役者の本気の演技がテレビ画面上でたくさん観られたのは個人的にもとても嬉しいことだった。来年1月期の『ウロボロス』、『問題のあるレストラン』(フジテレビ系)でも、それぞれがどんな演技を見せてくれるのか、大きな期待がかかる。

来年は一体どんな俳優陣の活躍が観られるのか?またかなり楽しみな1年になりそうだ。

文/林福子

RECOMMEND

年末年始に観るべき番組はコレ!音楽、バラエティ、ドラマの3部門のオススメ作をテレビライターが紹介!!

2014年もたくさんのドラマが放送され、これまで以上の活躍をした俳優や注目を集めた女優も多く見られた。今回はそうした2014年度にテレビ業界で話題を集めた人々を分野別にピックアップ。その理由を探る。 ■舞台畑出身者の勢いが止まらない!名バイプレーヤーから主演 . . . 続きを読む

“おこもり”必須の1月期ドラマは「大人による大人のための作品」 あらゆる分野の大人の過ごし方が凝縮!?

2014年もたくさんのドラマが放送され、これまで以上の活躍をした俳優や注目を集めた女優も多く見られた。今回はそうした2014年度にテレビ業界で話題を集めた人々を分野別にピックアップ。その理由を探る。 ■舞台畑出身者の勢いが止まらない!名バイプレーヤーから主演 . . . 続きを読む

10月期ドラマは“テレ朝”の人気シリーズ作が上位を独占!テンポの良さと豪華キャストで月9・小栗と水10・綾瀬も大健闘!!

2014年もたくさんのドラマが放送され、これまで以上の活躍をした俳優や注目を集めた女優も多く見られた。今回はそうした2014年度にテレビ業界で話題を集めた人々を分野別にピックアップ。その理由を探る。 ■舞台畑出身者の勢いが止まらない!名バイプレーヤーから主演 . . . 続きを読む

7月クールドラマはダントツで『HERO』に軍配!一度観たらハマっちゃう“釘付け作”が人気!!

2014年もたくさんのドラマが放送され、これまで以上の活躍をした俳優や注目を集めた女優も多く見られた。今回はそうした2014年度にテレビ業界で話題を集めた人々を分野別にピックアップ。その理由を探る。 ■舞台畑出身者の勢いが止まらない!名バイプレーヤーから主演 . . . 続きを読む

第二の『半沢直樹』が大活躍!?4月期ドラマは“スカッ”&“クスッ”が人気のカギ!

2014年もたくさんのドラマが放送され、これまで以上の活躍をした俳優や注目を集めた女優も多く見られた。今回はそうした2014年度にテレビ業界で話題を集めた人々を分野別にピックアップ。その理由を探る。 ■舞台畑出身者の勢いが止まらない!名バイプレーヤーから主演 . . . 続きを読む

4月期ドラマに2本出演!女優・有村架純のブレイクのヒミツは強い目ヂカラと露出戦略

2014年もたくさんのドラマが放送され、これまで以上の活躍をした俳優や注目を集めた女優も多く見られた。今回はそうした2014年度にテレビ業界で話題を集めた人々を分野別にピックアップ。その理由を探る。 ■舞台畑出身者の勢いが止まらない!名バイプレーヤーから主演 . . . 続きを読む

AZUに聞いたオススメの海外ドラマBEST3

2014年もたくさんのドラマが放送され、これまで以上の活躍をした俳優や注目を集めた女優も多く見られた。今回はそうした2014年度にテレビ業界で話題を集めた人々を分野別にピックアップ。その理由を探る。 ■舞台畑出身者の勢いが止まらない!名バイプレーヤーから主演 . . . 続きを読む

『半沢直樹』『あまちゃん』…今年のヒットドラマの共通点とは?

2014年もたくさんのドラマが放送され、これまで以上の活躍をした俳優や注目を集めた女優も多く見られた。今回はそうした2014年度にテレビ業界で話題を集めた人々を分野別にピックアップ。その理由を探る。 ■舞台畑出身者の勢いが止まらない!名バイプレーヤーから主演 . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense