• ミュージック
  • 「B-PASS」編集部の“マイ♡フェイバリット”BEST3! 第21回・歌詞に春夏秋冬が入っている曲編
CONTENTS
Home
  • ランキング
  • 2014.12.15

「B-PASS」編集部の“マイ♡フェイバリット”BEST3! 第21回・歌詞に春夏秋冬が入っている曲編

1985年の創刊以来、長く音楽シーンを見つめ、ピュアにアーティストのリアルなメッセージを伝える音楽専門誌「B-PASS」(シンコーミュージック刊)。編集者たちが、ハマっているアルバム、シングル、感動したライヴ、曲、歌詞などは、一体どんなものなのか…興味津々!ということで、独自のツボにハマった“マイ♡フェイバリットBEST3”を書くコラムです。音楽シーンと共に歩むエディターのBEST3、とにかく要チェック!

第21回・編集長Yが大好きな、歌詞に“春夏秋冬”が入っている曲BEST3

「太陽が燃えている」THE YELLOW MONKEY

大好きな曲を思い浮かべたとき、自分の中でいくつかのルールみたいなものが存在するようで、その中のひとつに“歌詞に春・夏・秋・冬を綴るフレーズが出てくる”というのがあります(他にも“曲名が名前”“タイトルが「東京」”“2番の歌詞がツボ”とか、いろいろあるんですが)。
そのことに自覚的になったのが、THE YELLOW MONKEY が1995年にリリースしたシングル「太陽が燃えている」を聴いたときでした。すでに何百回聴いたかわからないくらいですが(笑)、今聴いても1番のAメロ2回目の<桜舞い散る春も ひまわり耐える夏も コスモスが恋する秋も フリージアの眠る冬も>の部分に、胸がギュっと締め付けられます。特に“冬”部分の“フリージアの眠る”がニクいくらいカッコいい! 当時まだこの編集業に就いてなかった私は「こんな素敵な歌詞ってどうやって思いつくんだろう? 直接聞いてみたい!」と思ったような覚えがうっすらあるので、そう考えると、この仕事に就くきっかけをくれた曲でもあります。

「カブトムシ」aiko

アップチューン「花火」に続いて、1999年にリリースされたバラード「カブトムシ」。人を好きになった時の、幸せと不安がない交ぜになる想いをものすごい純度で凝縮した歌詞と、真摯な恋心と切なさが溢れる歌声――いつまでも色あせない名曲です。春夏秋冬にまつわるフレーズは2番のAメロに出てくるのですが、歌詞を読むだけで、春風の匂いや夏空の青色、秋風の肌寒さなど、ありありと感じることができて、その描写の鮮やかさが、よりいっそう恋の切なさを際立させているような気がします。  
aikoさんの曲はどれも難しいですが、「カブトムシ」は特にテンポがゆったりしているからこそ、ごまかしのきかない本当の歌唱力がモノをいうナンバー。メロディも高低を自在に行き来するし半音の動きも多いし、なにより最後に出てくる4度飛ばしのファルセットが難易度高すぎ。そのズバ抜けた歌唱力も素晴らしいですが、なによりもaikoさんの声そのものが唯一無二の魅力です!

「ドアをノックするのは誰だ?」小沢健二

1994年リリースのアルバム『LIFE』に収録、のちにシングルカットされたナンバー。アルバム発売当時、オザケンの歌詞に出てくる東京タワーとか、街路樹や並木道がある街とかプラダの靴とかと、まったく関係ない世界で暮らしていた田舎の音楽ファンだった私は、彼の歌から漂うキラキラ眩しい恋愛模様やオシャレカルチャー感を「少女マンガ的架空世界」と捉えつつも、同時に、うまく言葉にできない何かしら(……あてはまる言葉を探すとすれば、幸福、切なさ、刹那、祈り、光とか、そんな感じでしょうか)に強く胸を掴まれていました。「ドアノック」と呼ばれるこの曲は、その中でも“多幸感”が溢れまくっているアッパーなラブソングで、“ドアノックダンス”と呼ばれる振り付けもあったりして、ホント聴くだけでハッピーな気持ちになれます(サビの<たぶんこのまま素敵な日々がずっと続くんだろ>というフレーズが、聴く時によって違う意味で響いてくるのもイイ)。
歌詞には、うまい具合に夏と秋、冬と春が組み込まれているのですが、実はそのことはリリースされて数年経ってから、友人とカラオケで歌ってる時に気付きました(笑)。目立つワードはダッフルコート、スケートリンク、クリスマスで、この曲の舞台は冬。今の季節にピッタリなウィンターソングです。さて、今年もこの曲を聴きながら、気持ちだけでもハッピークリスマスを過ごすとしますかね。

関連リンク

公式サイト
B-PASSTwitter
RECOMMEND

「B-PASS」編集部の“マイ♡フェイバリット”BEST3! 第20回・クリスマスになると聴きたくなる曲 編

1985年の創刊以来、長く音楽シーンを見つめ、ピュアにアーティストのリアルなメッセージを伝える音楽専門誌「B-PASS」(シンコーミュージック刊)。編集者たちが、ハマっているアルバム、シングル、感動したライヴ、曲、歌詞などは、一体どんなものなのか…興味津々!と . . . 続きを読む

「B-PASS」編集部の“マイ♡フェイバリット”BEST3! X’mas特別企画・個性派バンドの心に残るクリスマスソング編

1985年の創刊以来、長く音楽シーンを見つめ、ピュアにアーティストのリアルなメッセージを伝える音楽専門誌「B-PASS」(シンコーミュージック刊)。編集者たちが、ハマっているアルバム、シングル、感動したライヴ、曲、歌詞などは、一体どんなものなのか…興味津々!と . . . 続きを読む

「B-PASS」編集部の“マイ♡フェイバリット”BEST3! 第18回・印象的な女優の歌手デビュー曲編

1985年の創刊以来、長く音楽シーンを見つめ、ピュアにアーティストのリアルなメッセージを伝える音楽専門誌「B-PASS」(シンコーミュージック刊)。編集者たちが、ハマっているアルバム、シングル、感動したライヴ、曲、歌詞などは、一体どんなものなのか…興味津々!と . . . 続きを読む

「B-PASS」編集部の“マイ♡フェイバリット”BEST3! 第17回・今、オススメの音楽マンガ編

1985年の創刊以来、長く音楽シーンを見つめ、ピュアにアーティストのリアルなメッセージを伝える音楽専門誌「B-PASS」(シンコーミュージック刊)。編集者たちが、ハマっているアルバム、シングル、感動したライヴ、曲、歌詞などは、一体どんなものなのか…興味津々!と . . . 続きを読む

「B-PASS」編集部の“マイ♡フェイバリット”BEST3! 第16回・心動いた2014年 東京・日本武道館ライヴ編

1985年の創刊以来、長く音楽シーンを見つめ、ピュアにアーティストのリアルなメッセージを伝える音楽専門誌「B-PASS」(シンコーミュージック刊)。編集者たちが、ハマっているアルバム、シングル、感動したライヴ、曲、歌詞などは、一体どんなものなのか…興味津々!と . . . 続きを読む

「B-PASS」編集部の“マイ♡フェイバリット”BEST3! 第15回・取材現場のひとコマが頭に浮かぶ曲編

1985年の創刊以来、長く音楽シーンを見つめ、ピュアにアーティストのリアルなメッセージを伝える音楽専門誌「B-PASS」(シンコーミュージック刊)。編集者たちが、ハマっているアルバム、シングル、感動したライヴ、曲、歌詞などは、一体どんなものなのか…興味津々!と . . . 続きを読む

「B-PASS」編集部の“マイ♡フェイバリット”BEST3! 第13回・オススメのブルーレイ・ミュージック編

1985年の創刊以来、長く音楽シーンを見つめ、ピュアにアーティストのリアルなメッセージを伝える音楽専門誌「B-PASS」(シンコーミュージック刊)。編集者たちが、ハマっているアルバム、シングル、感動したライヴ、曲、歌詞などは、一体どんなものなのか…興味津々!と . . . 続きを読む

「B-PASS」編集部の“マイ♡フェイバリット”BEST3! 第14回 ・「NHK みんなのうた」思い出の曲編

1985年の創刊以来、長く音楽シーンを見つめ、ピュアにアーティストのリアルなメッセージを伝える音楽専門誌「B-PASS」(シンコーミュージック刊)。編集者たちが、ハマっているアルバム、シングル、感動したライヴ、曲、歌詞などは、一体どんなものなのか…興味津々!と . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense