• ミュージック
  • EXOのヒットの裏にコリオグラファーあり!? K-POPの魅力を“振付師”から徹底解剖
CONTENTS
Home
  • ニュース
  • 2014.06.27

EXOのヒットの裏にコリオグラファーあり!? K-POPの魅力を“振付師”から徹底解剖

「あの人たち、顔もいいけど踊りまでみんなシンクロしてて、キレキレでカッコいい」
「こんなユニークな振り付け、今まで見たことがない」

メンバーの踊るダンスのクオリティーの高さ、振り付けの独創性……、K-POPに触れたとき、誰もが1度は目を奪われるのが彼らの“ダンス”だろう。そもそも韓国の音楽シーンは、チャート内にダンスミュージックがひしめきあっているような文化。歌とダンスパフォーマンス、その相乗効果でいかに他の楽曲と差別化して曲の個性を表現していくかというなかでは、必然的にダンスにおける比重が高くなっていく。ゆえに、韓国ではダンスを作り上げる振付師=コリオグラファーのチョイスが、楽曲を制作する作家陣選びと同じくらい重要な要素となってくる。そのため、アーティストが所属する事務所はそれぞれ専属のコリオグラファーを抱えていたりする。だが、近年では楽曲の作家陣同様、コリオグラファーも海外で活動している有名、新鋭クリエイターたちとタッグを組むことで話題性を作り、彼らとより刺激的なダンスパフォーマンスを生み出してその曲をヒットさせていこうというアクションが東方神起や少女時代、EXOが所属するSMエンタテインメントを筆頭に積極的に行なわれている。ここでは、K-POPアーティストがコラボしている海外のコリオグラファーを分析していこう。

■トニー・テスタ
現在大ブレイク中のEXOを手がける、マイケル・ジャクソンらと仕事をしてきた世界的なコリオグラファー

まずは、いまもっとも注目されているのはこの人だろう。アジア各国で恐ろしいまでのセールスを記録し、ただいま大ブレイク中の男性グループEXO。現在は彼らの舞台の総合演出まで担当しているトニーは「Wolf」の振り付けを担当し、EXOの人気の火付け役に一役買った人物。彼はこれまでマイケル・ジャクソン、カイリー・ミノーグ、ジャネット・ジャクソンなどと仕事をしてきた世界的に有名なコリオグラファーで、「Wolf」では狼をコンセプトに曲と振り付けがまるでミュージカルを見ているかのように展開していくシアトリカルなパフォーマンスで、現在のEXOのカリスマ性漂う重厚な世界観を作り上げた。EXOの最新曲「Overdose」の組体操や脈とりダンスを始め、東方神起の「Somothing」ではストリングとマリオネット、「Catch me」では映画『アベンジャーズ』のハルクをモチーフに。またSHINeeの「EVERYBODY」はおもちゃのロボット、「Dream Girl」のスタンドマイク使いに、「Sharlock」で見せた探偵たちのゴリラスキップなど、トニーは他の誰も思いつかないようなユニークなコンセプトや独創性豊かな斬新なアイディアありきの振り付けで、毎回インパクトある衝撃的なパフォーマンスを届けている。

■仲宗根梨乃
少女時代が「GENIE」で見せた美脚ダンスを考案した、一躍注目を集めた日本人

少女時代のダンスを語る上で欠かせないのはこの人、日本人のコリオグラファー&ダンサーの仲宗根梨乃の存在だ。仲宗根梨乃はジャネット・ジャクソンなどのバックダンサーを務めたことをきっかけとしてキャリアを積み、SHINeeのデビュー曲「Replay」のコリオグラファーに抜擢されたことでK-POPの振り付けを手がけるようになった。そのなかで、少女時代が「GENIE」で見せた美脚ダンスで一躍注目を集め、以降「Mr.Taxi」や「PAPARAZZI」など彼女たちのヒット曲や、SHINeeの「JULIETTE」「LUCIFER」などの振り付けを任せられることに。仲宗根の振りはなんといってもシャープで細やかな足さばき、手さばきが特長。美脚ダンスのように曲のアイコンとなるダンスがどの曲にも散りばめられている。

■ニック・バス
SUPER JUNIORの代表曲「Sorry,Sorry」を担当。ジャスティン・ティンバーレイクやビヨンセなどのバックダンサーとして活躍した人物

SUPER JUNIORが“ソリソリ〜”と手をこすり合わせて謝るダンスといわれて、誰もが頭に思い浮かべるのは彼らの代表曲「Sorry,Sorry」。この曲であんなアジアンな振りを考えたのがニック・バスだ。彼はジャスティン・ティンバーレイクやビヨンセなどのバックダンサーとして活躍していた人物。「Sorry,Sorry」以外にもSUPER JUNIORの「BONAMANA」、さらにはEXOの「Growl」など、彼の振りは楽曲のビート、グルーブにしっかりと寄り添いながら、パワフルに見えても重力を感じさせない、しなやかでスマートなステップワークを組み込んでいくのが特長だ。

■st kingz(シットキング)
東方神起、BIGBANG、BoA…あらゆるアーティストとコラボしている日本の4人組ダンスチーム

EXOがズボンのポケットに手を入れ、パタパタと小刻みにパンツを震わせるダンスといえば「HISTORY」。これを振り付けしたのが、“シッキン”という愛称で知られている日本の4人組ダンスチーム・シットキング。彼らは三浦大知からSMAP、Da-iCE、さらにはBIGBANGにBoA、マライア・キャリーなど国内外のあらゆるアーティストと活動してきたグループで、そのバックダンサー&コリオグラファー歴は数知れず。日本ではホールクラスで単独ライヴをやるほどの人気者だ。東方神起の「Sweat」やSUPER JUNIORの「SPY」、SUPER JUNIORのユニット・ドンヘ&ウニョクの「MOTORCYCLE」、SHINeeの「Dazzling Girl」、INFINITEのウヒョクとSHINeeのキーが組んだデュオ・Toheartの「Delicious」も彼らが振りを担当。彼らの振り付けは、歌詞の当て振りパートを効果的に挿入するなど、歌い手に寄っり添った踊りが多い。そのなかでバックダンサーとフォーメーションを刻みながら細やかな動きの連動で見せていくところも特長的だ。

■ケオネ・マドリッド
キム・ヒョンジュン、B1A4を手がけ、三浦大知と交流があるダンサー&コリオグラファー
**■パリス・ゴベル
SOL(BIGBANG)のソロ曲を担当したジェニファー・ロペスの振り付けも担当する人物

上記のシッキン、さらには三浦大知とも交流があり、三浦と共同で彼の「Right Now」を振り付けしたケオネ・マドリッドはサンディエゴを拠点に活動しているダンサー&コリオグラファー。彼はキム・ヒョンジュンの「kiss kiss」、B1A4の「これはどういことだ?」の歌詞とリンクした独創的な動きや、BEASTのヒョンスンと4Minuteのヒョナによるユニット・Trobule Makerの「明日はない」の男女デュオならではのセクシーなダンスなどを作った。さらに、BIGBANGのなかでもっともダンスを得意とするSOLは、ソロ曲「RINGA LINGA」でヒップホップダンス界の強者でジェニファー・ロペスの振り付けも担当しているパリス・ゴベルとタッグを組み、ヒップホップ色満載のパワフルなダンスパフォーマンスを繰り広げて多くの人々の視線を集めた。

このようなK-POPと海外のコリオグラファーとのコラボレーションは、各事務所のなかで今後もさらに広まっていきそうだ。

「この曲は誰がダンスを考えて、彼らに振り付けしたのだろう?」

好きなグループが踊っているダンスをコリオグラファーという視点から見ていくと、またひとつK-POP の新しい楽しみ方を発見できるはずだ。

文/東條祥恵

関連リンク

【ヒット分析】K-POPの人気のヒミツは“本物感”と“距離感” 期待の新人も続々スタンバイ
【ライヴレポ】SOL(BIGBANG)のツアーラストに、盟友G-DRAGONが サプライズ出演!
【ライヴレポ】BIGBANG 東京ドームを360度BB色に染めた!!5人の最強エンターテイナーが魅せた東京公演最終日をレポート!
【ライヴレポ】防弾少年団の1stツアーが大盛況で閉幕!バラエティ豊かなステージで日本を進撃!!
RECOMMEND

K-POPの人気のヒミツは“本物感”と“距離感” 期待の新人も続々スタンバイ

「あの人たち、顔もいいけど踊りまでみんなシンクロしてて、キレキレでカッコいい」 「こんなユニークな振り付け、今まで見たことがない」メンバーの踊るダンスのクオリティーの高さ、振り付けの独創性……、K-POPに触れたとき、誰もが1度は目を奪われるのが彼らの“ダンス . . . 続きを読む

【ライヴレポ】2PMの後輩GOT7、両国国技館でショーケースライヴ 「今日は僕らの新しい記念日」

「あの人たち、顔もいいけど踊りまでみんなシンクロしてて、キレキレでカッコいい」 「こんなユニークな振り付け、今まで見たことがない」メンバーの踊るダンスのクオリティーの高さ、振り付けの独創性……、K-POPに触れたとき、誰もが1度は目を奪われるのが彼らの“ダンス . . . 続きを読む

【インタビュー・前編】B.A.P 骨太サウンドで話題のK-POP界の新星 新たな“B.A.Pワールド”見せます!

「あの人たち、顔もいいけど踊りまでみんなシンクロしてて、キレキレでカッコいい」 「こんなユニークな振り付け、今まで見たことがない」メンバーの踊るダンスのクオリティーの高さ、振り付けの独創性……、K-POPに触れたとき、誰もが1度は目を奪われるのが彼らの“ダンス . . . 続きを読む

超新星、7月に「夢だった」初の日本武道館公演決定

「あの人たち、顔もいいけど踊りまでみんなシンクロしてて、キレキレでカッコいい」 「こんなユニークな振り付け、今まで見たことがない」メンバーの踊るダンスのクオリティーの高さ、振り付けの独創性……、K-POPに触れたとき、誰もが1度は目を奪われるのが彼らの“ダンス . . . 続きを読む

Jun. K(From 2PM)がボーカリストとして影響を受けた曲BEST3

「あの人たち、顔もいいけど踊りまでみんなシンクロしてて、キレキレでカッコいい」 「こんなユニークな振り付け、今まで見たことがない」メンバーの踊るダンスのクオリティーの高さ、振り付けの独創性……、K-POPに触れたとき、誰もが1度は目を奪われるのが彼らの“ダンス . . . 続きを読む

東方神起、東京ドーム4DAYS公演で22万人を魅了 6月発売の新曲も披露

「あの人たち、顔もいいけど踊りまでみんなシンクロしてて、キレキレでカッコいい」 「こんなユニークな振り付け、今まで見たことがない」メンバーの踊るダンスのクオリティーの高さ、振り付けの独創性……、K-POPに触れたとき、誰もが1度は目を奪われるのが彼らの“ダンス . . . 続きを読む

【ライヴレポ】Jun. K、ソロツアー最終日で見せた無限の才能 「僕は本当に幸せなやつです」

「あの人たち、顔もいいけど踊りまでみんなシンクロしてて、キレキレでカッコいい」 「こんなユニークな振り付け、今まで見たことがない」メンバーの踊るダンスのクオリティーの高さ、振り付けの独創性……、K-POPに触れたとき、誰もが1度は目を奪われるのが彼らの“ダンス . . . 続きを読む

【ライヴレポ】FTISLANDのパッション溢れるツアーが終幕!固い決意と強い結束力で魅せた新たな1ページ

「あの人たち、顔もいいけど踊りまでみんなシンクロしてて、キレキレでカッコいい」 「こんなユニークな振り付け、今まで見たことがない」メンバーの踊るダンスのクオリティーの高さ、振り付けの独創性……、K-POPに触れたとき、誰もが1度は目を奪われるのが彼らの“ダンス . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense