• ミュージック
  • UVERworld、新曲は夢で見た景色をそのままパッケージ 「この奇跡はミュージシャン冥利に尽きる」
CONTENTS
Home
  • ニュース
  • 2014.06.18

UVERworld、新曲は夢で見た景色をそのままパッケージ 「この奇跡はミュージシャン冥利に尽きる」

夢から生まれたもの。それは純粋かつ力強い決心の込められた、感動的な願いの歌。

「何故そんな夢を見たのかは、自分でもよく分からないんですよ。でも、夢の中でもハッキリと聴こえたし、起きてからも覚えていたんです。<君は冬の夢を見て鳴く蝉>という、この歌詞を」(TAKUYA∞/Vo)

UVERworldが、18日にリリースする通算26枚目となるシングル「7日目の決意」は、昨年のアリーナツアーから演奏されるようになり、既にファンからは高い支持を受けている楽曲だ。

「今やっているツアーでも、毎回この曲は演奏していますね」(信人/B)
「心から「えぇ曲やなぁ…」って、自分たち自身がライヴでやりながら深く感動出来る曲なんですよ、これは」(克哉/G)

精一杯にそれぞれの人生を生き抜く、ということの大切さ。幾つもの悲しみや喜びに遭遇しながら、それでもひたすらに夢を追い続けることの意味…。この曲を聴いていて考えさせられることは多々あるが、冒頭のコメント通り、この曲は作詞・作曲を手掛けたTAKUYA∞が実際に見た、“夢”を元に作られたものだという。

「友達の家に遊びに行く途中で、気が付いたら道に迷ってしまっている夢だったんですよね。確かに道順は合っているはずなのに、なかなか目的地にはたどり着けない。なんでやろ?これはおかしいな、と思っている時にたまたま高校生の子たちが文化祭のバンド練習か何かをしているところを通り掛かったんです。そうしたら、そこでやっていた曲がメロディも歌詞も、ほんまにどれもめっちゃカッコ良かったんですよ。この曲は夢の中で聴いたその曲を、ほぼほぼそのまんま再現してカタチにしたものなんです」(TAKUYA∞)

ちなみに、このとき曲を歌っていた男の子が着ていた学生服の背にカエルの刺繍がしてあったことまで、TAKUYA∞はしっかりと覚えていたという。「7日目の決意」のジャケットデザインの中で、カエルの姿が印象的にあしらわれているのはそのためだ。

「こんなにも奇跡的なことって、そうはないと思うんですよ。曲や詞はもちろん、ジャケットデザインのイメージに至るまで、夢で見たことを全てこんな風に現実のものに出来るなんて。まさにこれは、ミュージシャン冥利に尽きる幸せです。それだけUVERworldにとって、この曲は大事な存在ですからね。それを今こうして、シングルとして出せることが嬉しいです」(TAKUYA∞)

さらにいえば、カエルというのは夢占いの世界でいうと福神の象徴にほかならない。しかも、オタマジャクシから成体へと変わるその生態と関連付けて、変身していく成長過程における新たな目覚め、という意味もそこには含まれる。TAKUYA∞の夢は、もしや彼らの未来を示唆したものであったのだろうか?

確かに、このシングルについてはカップリング曲「別世界」からも、UVERworldの新境地をうかがうことが出来る。もはやロックの枠組さえ超えた次元で鳴り響く、豪快で小粋なインストゥルメンタルは痺れるほどクールで、極めて斬新なのだ。

「これも結構前から、ずっとライヴでやって来ている曲ですね」(真太郎/Dr)
「多分、ほかの誰もやっていない音像というかインストになっていると思います」(彰/G)
「歌詞がない分、言葉以上に音で伝えたいものをここには込めました」(誠果/Sax)

そして7月2日には、ロックファン待望の8thアルバム『Ø CHOIR』(ゼロ クワイア)の発表も控えている、UVERworld。彼らの今を、まずはこのシングル「7日目の決意」から感じて取ってみて欲しい。

文/杉江由紀

関連リンク

公式サイト
ソニーミュージック公式サイト
ツアー特設サイト
RECOMMEND

UVERworldに誠果、正式加入「14年前見た夢を この6人で追いかけられる事が嬉しい」(TAKUYA∞)

夢から生まれたもの。それは純粋かつ力強い決心の込められた、感動的な願いの歌。「何故そんな夢を見たのかは、自分でもよく分からないんですよ。でも、夢の中でもハッキリと聴こえたし、起きてからも覚えていたんです。<君は冬の夢を見て鳴く蝉>という、この歌詞を」(TAKU . . . 続きを読む

UVERworld、初の京セラドーム大阪ライヴ決定!「またドームクラスのステージに立てるのが幸せ」

夢から生まれたもの。それは純粋かつ力強い決心の込められた、感動的な願いの歌。「何故そんな夢を見たのかは、自分でもよく分からないんですよ。でも、夢の中でもハッキリと聴こえたし、起きてからも覚えていたんです。<君は冬の夢を見て鳴く蝉>という、この歌詞を」(TAKU . . . 続きを読む

【ライヴレポ】UVERworld、6人編成となり初ライヴ 「嬉し泣きが出来るくらい幸せ。仲間と夢を大事にな」

夢から生まれたもの。それは純粋かつ力強い決心の込められた、感動的な願いの歌。「何故そんな夢を見たのかは、自分でもよく分からないんですよ。でも、夢の中でもハッキリと聴こえたし、起きてからも覚えていたんです。<君は冬の夢を見て鳴く蝉>という、この歌詞を」(TAKU . . . 続きを読む

【ライヴレポ】UVERworld、注ぎ込まれた飽くなき情熱 TOTALFATと2マンライヴ

夢から生まれたもの。それは純粋かつ力強い決心の込められた、感動的な願いの歌。「何故そんな夢を見たのかは、自分でもよく分からないんですよ。でも、夢の中でもハッキリと聴こえたし、起きてからも覚えていたんです。<君は冬の夢を見て鳴く蝉>という、この歌詞を」(TAKU . . . 続きを読む

【ライヴレポ】UVERworld、“ Warm-UP GiG”熱くスタート さらなる飛躍を感じさせた夜

夢から生まれたもの。それは純粋かつ力強い決心の込められた、感動的な願いの歌。「何故そんな夢を見たのかは、自分でもよく分からないんですよ。でも、夢の中でもハッキリと聴こえたし、起きてからも覚えていたんです。<君は冬の夢を見て鳴く蝉>という、この歌詞を」(TAKU . . . 続きを読む

UVERworldの新曲「在るべき形」が映画主題歌に決定!主演・桜田通 との友情から実現!!

夢から生まれたもの。それは純粋かつ力強い決心の込められた、感動的な願いの歌。「何故そんな夢を見たのかは、自分でもよく分からないんですよ。でも、夢の中でもハッキリと聴こえたし、起きてからも覚えていたんです。<君は冬の夢を見て鳴く蝉>という、この歌詞を」(TAKU . . . 続きを読む

【ライヴレポ】UVERworld、ツアー初日に叩きつけたライヴバンドの本能 7月2日ニューアルバム発売を宣言

夢から生まれたもの。それは純粋かつ力強い決心の込められた、感動的な願いの歌。「何故そんな夢を見たのかは、自分でもよく分からないんですよ。でも、夢の中でもハッキリと聴こえたし、起きてからも覚えていたんです。<君は冬の夢を見て鳴く蝉>という、この歌詞を」(TAKU . . . 続きを読む

UVERworld、7月発売の渾身の力作アルバム 『Ø CHOIR』のアートワーク、収録曲を公開

夢から生まれたもの。それは純粋かつ力強い決心の込められた、感動的な願いの歌。「何故そんな夢を見たのかは、自分でもよく分からないんですよ。でも、夢の中でもハッキリと聴こえたし、起きてからも覚えていたんです。<君は冬の夢を見て鳴く蝉>という、この歌詞を」(TAKU . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense