• ミュージック
  • 【インタビュー】東京女子流 少女から大人の女性への第一歩 鮮やかに彩られた成長の証
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2014.06.07

【インタビュー】東京女子流 少女から大人の女性への第一歩 鮮やかに彩られた成長の証

通算4枚目となるオリジナルアルバム『Killing Me Softly』を6月4日にリリースした東京女子流。メンバー全員が口を揃えて「歌詞の内容とか曲調も、等身大の自分達に近くなった」と語る本作には、彼女たちの今が詰め込まれている。他のグループとは一線を画す洗練された音世界は、オリジナルな存在感で輝いている。本作に込めた想いについてメンバー全員にインタビュー!

文/山口哲生

「聴いていて飽きないし、ワクワク感が止まらないアルバムです」

──4thアルバム『Killing Me Softly』は、ぐっと大人っぽくなった印象を受けました。

山邊未夢 個人的な意見なんですけど、MUSIC VIDEOが「約束」から入ってるんですよ。あの頃はまだ中学生だったので、自分で見ても今の顔とちょっと違うなと思って。曲調的にも大人っぽいものが多いし、成長が見れるアルバムになっているなって思いました。

庄司芽生 今までは背伸びして頑張っている感じの楽曲が多かったんですけど、今回は歌詞の内容とか曲調も、等身大の自分達に近くなった感じがしていて。今までは難しい漢字が並べてあって、自分達でも理解するのに時間がかかることが多かったんですけど、今回は歌詞を読んだだけで「なるほど!」ってすぐ納得が出来る楽曲が多かったんです。そうやって自分達が大人に近づいてきてるのかなって思いました。

小西彩乃 いろんなジャンルに挑戦しているので聴いていて飽きないし、ワクワク感が止まらないアルバムになっていると思います。あと、タイトルにもなっている「Killing Me Softly」は、「TGS00」という仮タイトルで、デビュー曲の「キラリ☆」よりも前にあった曲なんですよ。

──「Killing Me Softly」は、それこそ大人っぽいイメージがありましたけど、初めて聴いたのはいつ頃だったんですか?

山邊 女子流は、最初にYoutubeでひとりずつメンバーを発表していったんですけど、そのときに流れていたBGMが「Killing Me Softly」だったんです。

小西 この曲いいなぁとは思っていたんですけど、そのときは歌が入ってなくて、実際に歌があることを知ったのは本当に1年前ぐらいなんです。それを去年の夏にレコーディングして、今回のツアー「4th JAPAN TOUR〜『Royal Mirrorball Discotheque』〜」から歌わせてもらっていて。

庄司 大きな会場で自分達が登場するときに、曲のイントロを使っていたんですよ。それで、今回のツアーもイントロからスタートして、ファンの方からしてみれば、あの曲で登場するんだなと思っていたと思うんですけど、急に歌い始めたから「えっ!? 歌があるんだ!?」って驚いてる方も多くて。

新井ひとみ ファンの方からのアンケートを読むと「ビックリした!」っていう反応も多かったし、本当に女子流が成長した今だからこそ歌える曲だなと思いました。

中江友梨 そういう私達のいろんな想いが詰まった曲も入っているし、初めて聴く方、女子流をまだ知らない方には、このアルバムを是非オススメしたいです。

──今回の収録曲で印象に残っている曲や、好きな曲はどれですか?

山邊 私は「ずっと忘れない」が好きです。私はメロディと歌詞重視なんです。普通の人はそうだと思うんですけど(笑)。でも、この曲はやっぱり歌詞に惹かれるものがあって。去年の日本武道館公演の前日の夜に、すごく緊張しちゃったんですよ。それで気合を入れるために、この曲を歌わないのに聴いちゃうぐらいで好きなんです(笑)。あと、女子流には「きっと忘れない、、」という曲があるんですけど、その曲のアンサーソングになってるんですね。なので、両方聴いてもらって、女子流の成長だったり、伝えたいことを感じ取ってもらえたらいいなと思います。

庄司 同じになっちゃうんですけど(笑)、私も「ずっと忘れない」が好きです。他のアーティストさんが歌っているのを聴いて涙したことはあるんですけど、こういうミディアム系の曲で泣いたことって今までなくて。自分達の曲で泣くのは変かもしれないんですけど(笑)、でもそのくらい心にくるものがあって、聴くたびに泣きそうになっちゃうんです。元々、山形出身で去年上京してきたんですけど、そのときのことをすごく思い出すんですよね。それぞれが違う道に進んで行くけど、お互い頑張ろうっていう意味を込めていて。私も改めて頑張らなきゃいけないなって背中を押してくれるような楽曲でもあるので、めっちゃ好きです(笑)。

中江 私は「恋愛エチュード」です。この曲は、高校生とか自分達と同じ年代の気持ちを現わしていて、歌詞に共感出来る方も多いと思うんです。それに、楽曲の曲調とかテンポとかサウンドとかも、結構明るくてポップな感じで、一回聴いたら耳に入ってくるし。早くお披露目したいですね。

新井 私も「恋愛エチュード」が一番好きです。去年レコーディングした曲が多いんですけど、この曲を一番最近録っているので、まだ体に残っている感じがあって。それに、朝に聴いてもらえると、一日の良いスタートが切れるような曲になっているので、是非聴いてもらいたいです。

小西 私は「Partition Love」なんですけど、この曲はBase Ball Bearの小出祐介さんが作ってくれて、初めて聴いたときに「この曲好きだな」って一瞬で思ったんです。今まで女子流に、こういう歌い上げる曲がなかったので嬉しくて。ライヴで歌っていくうちにファンの皆さんもすごい好きって言ってくれて、私も好きです!みたいな(笑)。すごく良い歌だなって思います。

「ライヴはバンドさんと一緒にやると、めっちゃテンションが上がります」

──そういえば、今回のアルバムの特設サイトがすごい仕様になってますね。すごく面白かったです。

小西 私達も初めて見たとき、すごく感動したんですよ! ジャケットにもあるピンクの花があって、すごくキレイなところに「あれ? 芽生がいる」と思って(笑)。

中江 最初は芽生しかいないと思ったけど、あれ、中にいるぞ?って。

山邊 中に小さくいるんだよね(笑)。

中江 そうそう! めっちゃキレイだし、今までにない感じだと思いました。今回のジャケットも、メンバーの中で人気なんですよ。今回は本当に人形を意識して写真を撮って、不思議な世界をイメージして作ったんです。衣装も普段は着ないバラバラなものなので、大人っぽい感じで見て欲しいなって。

──衣装って、こういうカラフルなものの方が好きですか? 5月21日に発売したシングル「十字架」は白と黒で、バシっとした感じでしたけど。

山邊 デビュー当時から、みんな同じ衣装で同じ髪型っていうのが何年か続いていて、バラバラな衣装とか着てみたいなって思ってたんです。それで1年前のシングルの「運命」ぐらいからバラバラになって「よっしゃあ!」って思ったんですよ。でも、久し振りに「十字架」で統一感のある服を着たんですけど、やっぱりこっちの方が女子流っぽいし、パフォーマンスしたときに5人がキレイに見えるなっていうことに気付いたんです。

中江 他のグループさんはカラフルで色分けとかあるじゃないですか。今回はこの色になったんですけど、特別に色分けはメンバーでしていなくて。そういう統一感があるところは、他にはあまりない女子流らしい部分だと思います。

──そして、ライヴも続々と決まっていますが、近々には日比谷野音での「4th JAPAN TOUR 2014 〜『Royal Mirrorball Discotheque』〜 CONCERT*04 〜野音Again〜」が控えていて。こちらは生バンドでのライヴになるそうですね。

小西 やっぱり生バンドだと音がすんごい近いんですよ(笑)。客席からは良い感じなんですけど、ウチらはめっちゃビックリするぐらい音が大きくて。

山邊 最初はすごいビックリしたよね(笑)。

中江 バンドさんと一緒にやらせてもらうと、メンバーもめっちゃテンションが上がるんです。いつも以上に気合も入るし。

新井 練習のときにアドバイスを共にしあって、最終的にステージで良いものに仕上げて行くのが楽しいところでもあるし、そこでいろいろと気付ける部分もあるんです。

庄司 CDとアレンジが若干変わってくるのでそういう楽しみもあるし、踊っているときにバンドの皆さんと目が合うと、ニコって笑ってくださるので、そういうところで楽しみも増えますね。

──他にもライヴを発表されていますけど、気になったのが「十字架」の購入特典の「お寺でホラーライヴ」なんですが。

山邊 まだ実際にどうなるかは直接聞いていないんですけど、「十字架」にメンバーのソロ曲が収録されていて、それを都内某所のお寺で順番に披露していくみたいで。

小西 バチが当たらないかな……。

中江 「うるさい!」みたいなね。

小西 ね? だってお寺だよ? 神様がいるのにガチャガチャやっていいのものなのかな?って。

山邊 しかもホラー曲だしね(苦笑)。

新井 本当に『学校の怪談』みたい。

小西 呪われたりしないかな……。

中江 あと、今年の夏に海外に行かせてもらうのが本当に楽しみなんですよ。

──香港やサンフランシスコでの公演が決まっていますね。

中江 それが本当に楽しみなんです!

庄司 日本はシャイな方が多いですけど、海外の方はフレンドリーというか。MCのときに、頑張って現地の言葉でしゃべったけど伝わらなかったことがあって。それでも返してくれたりして、キャッチボールが出来るというか。そういう楽しみもあるので、うまくコミュニケーションが取れたらいいなって思います。

新井 サンフランシスコにライヴをしに行けることも嬉しいんですけど、(出
演映画の)『5つ数えれば君の夢』と『学校の怪談 呪いの言霊』も一緒に公開されるので、その反応もすごく楽しみです。

中江 いやぁ〜楽しみだなぁ(笑)。

山邊 香港に行くときがちょうど友梨の誕生日なんですよ。

中江 誕生日を海外で過ごすなんて初めてなんですよ! だから、どんなことになるのかなって。

──いろいろと期待しちゃいます?

中江 ちょっとしちゃいますよね?(笑)この3人(中江、山邊、庄司)は誕生日が近いんですよ。合同のお誕生日会やファンツアーも予定しているので、楽しみです。

──そして、7月からは赤坂BLITZで5か月連続公演を行うと。これは1日2回公演になりますけど、それぞれ内容が変わるんですよね?

小西 もう全く変わりますよ!めっちゃカッコいい女子流を観せたら、次の部ではその真逆を観せたりとか。どっちに来ても楽しんでもらえるライヴになると思うので、楽しみにしてもらえると嬉しいです!

関連リンク

公式サイト
RECOMMEND

SuG・yujiのイチオシ女性アイドルグループBEST3

通算4枚目となるオリジナルアルバム『Killing Me Softly』を6月4日にリリースした東京女子流。メンバー全員が口を揃えて「歌詞の内容とか曲調も、等身大の自分達に近くなった」と語る本作には、彼女たちの今が詰め込まれている。他のグループとは一線を画す洗 . . . 続きを読む

【コラム】山村哲也の「諸国漫遊全国アイドル旅」<『北陸アイドルフェスティバル(HIF)編>

通算4枚目となるオリジナルアルバム『Killing Me Softly』を6月4日にリリースした東京女子流。メンバー全員が口を揃えて「歌詞の内容とか曲調も、等身大の自分達に近くなった」と語る本作には、彼女たちの今が詰め込まれている。他のグループとは一線を画す洗 . . . 続きを読む

ポップの祭典『KAWAii!! NiPPON EXPO 2014』開催!海外に向けた新プロジェクトも発足

通算4枚目となるオリジナルアルバム『Killing Me Softly』を6月4日にリリースした東京女子流。メンバー全員が口を揃えて「歌詞の内容とか曲調も、等身大の自分達に近くなった」と語る本作には、彼女たちの今が詰め込まれている。他のグループとは一線を画す洗 . . . 続きを読む

【ライヴレポ】“KAWAII!! NIPPON”で注目アイドルの競演にファン熱狂、きゃりぱみゅが新曲も披露

通算4枚目となるオリジナルアルバム『Killing Me Softly』を6月4日にリリースした東京女子流。メンバー全員が口を揃えて「歌詞の内容とか曲調も、等身大の自分達に近くなった」と語る本作には、彼女たちの今が詰め込まれている。他のグループとは一線を画す洗 . . . 続きを読む

SUPER☆GiRLS・前島亜美の好きなマンガBEST3

通算4枚目となるオリジナルアルバム『Killing Me Softly』を6月4日にリリースした東京女子流。メンバー全員が口を揃えて「歌詞の内容とか曲調も、等身大の自分達に近くなった」と語る本作には、彼女たちの今が詰め込まれている。他のグループとは一線を画す洗 . . . 続きを読む

【インタビュー】アイドリング!!! 25号・後藤郁ラストシングル!! 最高の“かわいい”を贈ります♥︎

通算4枚目となるオリジナルアルバム『Killing Me Softly』を6月4日にリリースした東京女子流。メンバー全員が口を揃えて「歌詞の内容とか曲調も、等身大の自分達に近くなった」と語る本作には、彼女たちの今が詰め込まれている。他のグループとは一線を画す洗 . . . 続きを読む

【コラム】山村哲也の「諸国漫遊全国アイドル旅」<はちきんガールズ インタビュー 上京〜今後編>

通算4枚目となるオリジナルアルバム『Killing Me Softly』を6月4日にリリースした東京女子流。メンバー全員が口を揃えて「歌詞の内容とか曲調も、等身大の自分達に近くなった」と語る本作には、彼女たちの今が詰め込まれている。他のグループとは一線を画す洗 . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense