• ミュージック
  • 【インタビュー】ONE N’ ONLY「メッセージを発信することでみんなの意識が変わったらいいな」強い意志と覚悟で道を切り拓く!
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2020.04.15

【インタビュー】ONE N’ ONLY「メッセージを発信することでみんなの意識が変わったらいいな」強い意志と覚悟で道を切り拓く!

昨年末に新体制となった6人組ダンス&ボーカルユニットのONE N’ ONLYが、415日に待望の1stアルバム『ON’ O』をリリース。世界各国からも注目を浴びるきっかけとなったデビュー曲「I’M SWAG」など既発のシングル3作に収録された9曲に、「Shut Up! BREAKER」はじめ新曲6曲を加えた作品は、彼らの実力とポテンシャルを明示するものでもある。相変わらずの楽しい掛け合いもありつつ、強い意志で道を切り拓いていく!という気概と結束感に満ちた、6人の言葉に耳を傾けてみよう。

文/杉江優花

【ONE N’ ONLY サイン入りチェキ プレゼント企画開催】
12日〜18日に掲載されるランキング&インタビューの記事下に7つのキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、18日に掲載されるプレゼント企画記事をチェック!

メンバーがボーカル3人を大絶賛♪KENSHINが実は歌いたかった1曲とは?

――日本にこんなカッコいいグループがいる!ということを改めて力強く示すアルバム『ON’ O』が完成しましたが、新録曲に絞り、まずはそれぞれにもっとも思い入れの強い曲、特別な1曲を教えてください。
REI 僕は「Beautiful」です。
――K-POPシーンを牽引するプロデューサー集団・VENDORSが日本のグループに初めて楽曲提供されていて、軽やかな曲調にTETTAさん、REIさん、EIKUさんの美声だけでなく、HAYATOさん、KENSHIN さん、NAOYAさんの声も映えます。
REI そうなんです、「Shut Up! BREAKER」や「Breathe」と同じく、今回は6人で表現している曲を入れられたというのも嬉しくて。中でも「Beautiful」はアップビートでノリやすいし、待たせている彼女を愛おしく見つめる男性目線の歌詞は、歌っていてすごく楽しかったです。
TETTA わかるよ。僕はですね、お気に入り曲が3つあるんですけど……。
NAOYA 1曲だって!(笑)。
HAYATO そうだよ、6人いてひとり1曲だとちょうどいいんだしさ。
EIKU 3曲の中でも最高の曲を選んでよ。
KENSHIN TETTAくんならできる!(笑)。
TETTA じゃあ……とりあえず「Breathe」。
REI とりあえずじゃなくて「Breathe」で!(笑)。
TETTA はい(笑)。「Breathe」は、メロディがとにかく自分の好みなんですよ。
――艶っぽい歌声に、ドキッとさせられたりもします。
TETTA そうなんです、歌詞やメロディに合わせてセクシーな歌の表現をしていて。MCではみんなでふざけたりしても、歌やパフォーマンスでは今後セクシーな面も見せていきたいという意志が強く表れた曲でもあります。
EIKU 僕は2曲あるんですけど……。
REI そっかそっか(声が優しい)。
TETTA ちょ……扱いが全然違うじゃん!(笑)。
HAYATO&KENSHIN&NAOYA いやいや、EIKUも1曲だって!(笑)。
EIKU ですよね(笑)。僕のお気に入りは「Only One For Me」です。ワンエンには攻撃的な曲が多いんですけど、これは穏やかな曲調で。自分たちの力だけで上にいけるわけではなく、応援してくれるSWAG(ファンの呼称)や支えてくれるスタッフのみなさん、家族みんなと一緒に走り続けていくよという歌詞にもグッときちゃいます。
――穏やかに歌を繋いでいきながら、揺るぎない決意を示す曲ですよね。<どんな未来を迎えたとしてもいいんだ><絶対になってやるONE N’ ONLY>という歌詞も印象深いです。
EIKU <まだ遠くて見えない最後のGoal>で始まるHAYATOとKENSHINのラップから、<絶対になってやるONE N’ ONLY>まで、僕も大好きです。語っているような感覚で歌ったので、SWAGのみんなに僕たちの想いや決意が伝わったらいいなと思います。
KENSHIN 僕は「Destiny」(feat. JUNE)。自分は歌ってはいないんですけど……正直歌いたかったんですけど(ボソッと小声で)……。
TETTA なにKENSHIN、かわいい(笑)。
HAYATO うん、今の良かった(笑)。
KENSHIN ワンエンの曲に僕もラップで参加することはあるけど、「Destiny」はボーカルのお三方、そしてJUNEさんの歌が本当に良くて、大好きなんです。

無責任な“魔女狩り”に一石を投じる!目指すはメッセージ性を持ったアーティスト!!

――それぞれの歌力と声の魅力を堪能できますものね。
KENSHIN そうなんですよ!それぞれ本当に素敵な歌声。お三方は、自慢のボーカリストです。
NAOYA 僕が選ぶのは「もっと大きな愛で包み込むから…」(feat. K)なんですけど、この曲も、やっぱりボーカル3人の歌声がすごく良くて。EBiSSHはこれまでKさんにプロデュースしていただき、曲を提供していただいてきたわけで、そのKさんとTETTA、REIが一緒に歌っているっていうことがすごく感慨深かったりもするし、頑張っているんだなって。
REI 急に他人事だな(笑)。
NAOYA なんだろうね、親目線みたいな(笑)。TETTAなんかは、レッスンでKさんの「Only Human」を歌ったりしていただけに、Kさんの書いたサビを歌っているぞ!っていう感動があります。包み込むような温かさを感じるREIの歌い出し、一途な想いのこもったEIKUの歌も好き。本当にいいボーカリストです。
HAYATO そうだね。僕はリード曲でもある「Shut Up! BREAKER」。SWAGと一緒に盛り上がれる曲やバラード、ラブソングと、ワンエンの曲は幅広いんですけど、ただ歌って踊るだけじゃなくて、メッセージ性をちゃんと持ったアーティストになりたいなという想いも強くあって。
――3rdシングルに収録の「Category」にしてもしかりですよね。
HAYATO そうです。社会に対して僕たちが思うことを発信していきたいなっていう。
――「Shut Up! BREAKER」では、ネット世界での無責任な“魔女狩り”に対しての憤りをそのままぶつけていて。
HAYATO SNSでのイジメや嫌がらせで、友だち同士で傷つけ合ったり、場合によっては命を落としてしまったりすることだってあるじゃないですか。
――<「指のナイフ」で殺す>ということですよね。
HAYATO そうやってダイレクトに言葉にするにあたり、やっぱり勇気はいりましたけど……軽い気持ちで他人の人生さえ左右してしまうなんて、許されていいはずがないわけで。本当に、哀しいし怒りを覚えますから。僕たちがもたらす影響力はまだまだ小さいかもしれませんが、それでもメッセージを発信することで少しでも世の中やみんなの意識が変わったらいいなという願いも込めて作ったし、歌っています。中でも、僕が気に入っているのは<Into the fire!>とか<火花で輝け>というフレーズ。
――なかなか挑発的でもあります。
HAYATO かなり強めなメッセージを放つ曲だけに、批判されたり、炎上してしまったりするかもしれないけど、僕らのことを叩けば叩くほど話題にはなるし、注目されますからね。全然どうぞっていう強気の曲でもあるっていう。EIKU、TETTAくん、REIくんが歌を、僕とKENSHINとNAOYAくんがラップを目まぐるしくたたみかけるし、振り付けにしてもだいぶインパクトがあると思います。

TETTAの過去の発言にウソが発覚!?メンバーの心の内が明らかに!!

――ステージに立つみなさん自身、“魔女狩り”の標的になりやすいとも思うのですが、そのあたりはどう捉えているのでしょうか。
NAOYA 自分に向けての否定的な言葉を目にした瞬間は、別に気にしない!っていう感じでスルーするんですけど……のちのち心の中に蘇ってきちゃったりもするんですよ。そうやって僕は気になっちゃうタイプだから、そもそも見ないようにはしています。
REI わかるなぁ。僕は、見た瞬間にがっかりしちゃう。でも、だんだんと怒りに変わって、最終的には笑いに持っていっちゃいますね。
TETTA REIの闇出ていない?大丈夫!?(笑)。僕は、前のインタビューで「SNSで言われる分には全然いい」って言いましたけど……そりゃ多少はね、ダメージはありますよ。
HAYATO&NAOYA え、ウソついたの!?
EIKU&KENSHIN ウソは良くない!
REI どういうことか説明してもらわないと(笑)。
TETTA いやいや……まぁ、相手にされないことほど寂しいことはないからね。否定的な言葉を投げつけられたとしても、その時点で興味は持ってもらっているわけだから、多少ダメージを受けても最終的にはいいかなって思えるっていう。EIKUはめっちゃ気にするでしょ?
HAYATO こうしてほしい、みたいな要望を目にしたら……。
NAOYA すぐ実行するしね。
KENSHIN 流されやすいとも言うのか?(笑)。
EIKU かもしれない(笑)。「ブログを上げてほしい」って言われたら、書こう!ってなったりとか。実際、ブログを上げたら喜んでもらえたりもするので。
――ファンのみなさんの気持ちに応えたいという想いがあるからこそですね。
EIKU それはあります。あと、否定的なことを言われれば悔しかったりはしますけど、それもひとつの意見として受け止めれば、もっと進化していけるのかなって。
KENSHIN EIKUは大人!僕はですね、根も葉もないことを書かれたとしても、悪口を言われたとしても、なんとも思わないんですよ。全員が納得することってないし、それは仕方ないことですから。まったく気にならないです。
HAYATO  KENSHIN、カッケーな。僕もまったく動じないですよ。
HAYATO以外 めっちゃ動じるでしょ!(笑)。
HAYATO はい(笑)。僕、いいことも悪いことも、全部知りたくて。事実ではないことも書かれたりしますけど、自分に対してのネガティブな言葉を目にしたら、やっぱりヘコみます。でも、それが頑張ろう!っていう原動力にもなるし……メンバーに話してポジティブな言葉を返してもらうことで、前向きにはなれます。
――この6人だったら、どんな困難でも乗り越えていけることでしょう。今後目指すところは?
HAYATO 目指すは、東京ドーム。
HAYATO以外 です!(拍手)。
HAYATO 「東京ドームなんてムリでしょ」って言われるけど、そう言う時点で僕らに興味を持っちゃっているということですからね。僕たちが東京ドームのステージに立つとき、きっとその人たちも会場にいるだろうなっていう。強気でいきます!

【読者プレゼント企画のキーワードはこちら】
4つ目→「志




あなたへオススメの記事


RECOMMEND

【ライヴレポ】ONE N' ONLY、7人体制ラストライヴが涙と笑顔で終幕!「僕の夢に向かって“頑張れ”って言ってくれるこの6人はホントに最高の仲間」

昨年末に新体制となった6人組ダンス&ボーカルユニットのONE N' ONLYが、4月15日に待望の1stアルバム『ON’ O』をリリース。世界各国からも注目を浴びるきっかけとなったデビュー曲「I’M SWAG」など既発のシングル3作に収録された9曲に、「Shu . . . 続きを読む

【インタビュー】ONE N' ONLY 型にハマらず新たなシーンを切り拓け!唯一無二の存在を示す魂の叫び

昨年末に新体制となった6人組ダンス&ボーカルユニットのONE N' ONLYが、4月15日に待望の1stアルバム『ON’ O』をリリース。世界各国からも注目を浴びるきっかけとなったデビュー曲「I’M SWAG」など既発のシングル3作に収録された9曲に、「Shu . . . 続きを読む

【インタビュー】ONE N’ ONLY「勝負をかけるという強い意志が自然と滲んでいった」結成1年を経て高めた7人の一体感

昨年末に新体制となった6人組ダンス&ボーカルユニットのONE N' ONLYが、4月15日に待望の1stアルバム『ON’ O』をリリース。世界各国からも注目を浴びるきっかけとなったデビュー曲「I’M SWAG」など既発のシングル3作に収録された9曲に、「Shu . . . 続きを読む

【インタビュー】ONE N' ONLY 海外でも注目される“SWAG”な7人組がいよいよデビュー!2グループが融合することで開く新たな扉

昨年末に新体制となった6人組ダンス&ボーカルユニットのONE N' ONLYが、4月15日に待望の1stアルバム『ON’ O』をリリース。世界各国からも注目を浴びるきっかけとなったデビュー曲「I’M SWAG」など既発のシングル3作に収録された9曲に、「Shu . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense