• エンタメ
  • 【インタビュー】乃木坂46「この3人で撮影ができたことに感謝」最高のチームで生み出す相乗効果
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2020.04.10

【インタビュー】乃木坂46「この3人で撮影ができたことに感謝」最高のチームで生み出す相乗効果

dTVドラマ『猿に会う』で女子大生3人組を演じた乃木坂46 4期生の賀喜遥香、清宮レイ、柴田柚菜。そのお芝居はドキュメンタリーを観ているようなナチュラル感の中に、きらりと光る瑞々しいフレッシュ感を備えたまさに珠玉。そんな互いの演技について語り合うコメントも初々しく、でも驚くほど的確に本質を突いていることに驚く。比べるのではなく、それぞれの個性と才能をリスペクトし合う3人のスタンスもステキでした♡

文/若松正子

【乃木坂46 サイン入りチェキ プレゼント企画開催】
7日〜10日に掲載されるランキング&インタビューの記事下に4つのキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、10日に掲載されるプレゼント企画記事をチェック!

清宮レイはしっかりしていない!?お互いから見た役との共通点!

――ドラマ『猿に会う』は3人の自然体なお芝居がとても印象的でした。それぞれのキャラクター設定も“本当にこういう子なの?”と思うくらいハマっていましたが、役に共感する部分や自分と似ているところはありましたか?
賀喜 私は飯田まこという子を演じさせていただいたのですが、似ているところもあるなと感じました。人の話を聞き逃してしまうところとか、気がそれてしまうところとか、似ているなって思いました(笑)。あと、まこはさつき(柴田柚菜)ときよ(清宮レイ)という親友と3人でいつもいるんですけど、私も中学生の頃はどこに行くにも3人で行動していたんですね。だから、役でも3人が仲良く一緒にいるのは居心地が良かったです。
清宮 私は自分が演じたきよのように普段からよく喋るので、役と自分が似ていると言えば似ているし、違うと言えば違う部分もあって…。
賀喜・柴田 どっち?(笑)。
清宮 自分ではよくわからないんだけど…。
――きよは3人の中で一番のしっかり者ですが、そこが似ているとか?
賀喜 レイちゃんはしっかり者ではないです(笑)。
――あっさり否定された(笑)。
賀喜 でもまとめ上手というか。いつも私たち4期生をまとめてくれるので、そういうところはきよちゃんっぽい。
清宮 はい(笑)。しかも、きよちゃんはリーダー的な感じなのでセリフ量も多いんです。それを覚えるのは大変でしたけど必死に覚えました!
――柴田さんはどうですか?
柴田 私が演じたさつきはおっとりした女の子なんですね。だから喋り方もおっとり感が出るようにゆっくり話すことを意識したのですが、私自身、普段からあまり早く話す方ではないので、そこは似ていると思いました。
清宮 さつきちゃんはのんびりっていうか、“にゅろ〜ん”としているけど、今考えると柚菜も現場にいるときはそうだった(笑)。
――“にゅろ〜ん”って(笑)。それだけ役になりきっていたということ?
賀喜 そうかも。撮影中、カメラが回っていないときも柚菜はずっと“さつき”でした。
清宮 それ、わかる!(笑)。
賀喜 でしょ!で、部屋に帰るとやっと戻るっていうか。柚菜はいつも「柚菜、何をすればいい、え?え?」って焦って独り言を言うんだけど、さつきモードになるとそれが一切なくなる。落ち着いているんですよ。
清宮 さつきちゃんは歯の矯正をしている役なので、それもあってゆっくりしたテンポで話していたと思うんだけど、撮影中はいつもの柚菜じゃなかった。役を演じるというより存在そのものがさつきちゃんでした。
――まさに憑依型ですね。
柴田 いや、ちょっと自分ではわからないけど(笑)。

初代総監督に憧れ!3人が今“会いたい”人を明かす!!

――他のふたりのお芝居はいかがでした?
賀喜 レイちゃんは、切り替えもすごい。お芝居するときって「はい、スタート!」って撮り始めるので、切り替えるのが難しいんです。私はそれが上手くできなくて特にテンションの高いシーンは大変だったけど、レイちゃんは瞬間でバンと上がるんです。
――スイッチが入る?
賀喜 そんな感じです。で、きよちゃんもレイちゃんもハキハキしているけど、役になると違う“ハキハキ”になっている。ちゃんとキャラを切り替えていてそこはすごいなと。柚菜がずっと役に入るタイプなら、レイちゃんはカチッと瞬間で変わるタイプなんですよね。
柴田 あと、さっきレイちゃん自身も「よく喋る役柄なのでセリフ量が多かった」って言っていたけど、本番では完全にセリフが入っていて、しかも量が多くて早口で話すところだったのに全然間違えなかったんですよ。
――集中力がすごいんでしょうね。
清宮 むふふふ。
賀喜・柴田 笑ってるし(笑)。
清宮 いや、恥ずかしくて(笑)。
――賀喜さんのお芝居は?
清宮 カッキーはとにかくすべてが自然。アドリブを入れなくちゃいけないシーンもあったけど、声の出し方とかあまりにも自然なので、セリフとアドリブの差がわからないくらい。だから受けるこっちも自然になれて、やりやすかったです。
柴田 すごくわかる。撮影中はリアルに“まこちゃん”から話しかけられているように感じたから、私も何も意識せずさつきになれたんだと思います。
清宮 (賀喜を見て)カッキー!顔が笑っている(笑)。
賀喜 ごめん、照れちゃって(笑)。でも、自然なお芝居ができていたのなら、それは相手がレイちゃんと柚菜だからだと思います。私ひとりでは無理だった。
――互いに引き出されたと。それだけ3人の相性が良かったんでしょうね。
柴田 はい。この3人で撮影ができたことにとても感謝しています。
賀喜・清宮 ありがとうございます!
――では最後、ドラマタイトル『猿に会う』にちなみ、今、会いたい人を挙げるなら?
清宮 誰でもいいんですか?
――もちろん。
清宮 じゃあ、カッキーは二次元キャラでもいいんだよ。
賀喜 二次元は会えないのがわかっているから。でも、会えないからいいっていうのもあるしね。
清宮・柴田 あ〜(納得)。
賀喜 私が会いたいのは関西にいたときの小学校時代の親友ですね。途中で私が転校しちゃったのでそれ以来ずっと会っていなくて。たまに連絡は取り合っているのですが、6〜7年くらい直接会えていないので。
――小学校から6〜7年空いたなら、成長して相当変わっていますよね?
賀喜 SNSのアイコンを見るととても変わっていました。昔は一緒に草とか振り回して遊んでいたのに、今は綺麗になっていてびっくり(笑)。
清宮 女の子って急に大人っぽくなったりするよね。私は…誰だろう。やっぱり広瀬すずさんかな。憧れの女優さんなので。
――もし会えたらなんて言いたい?
清宮 「清宮レイです!よろしくお願いします!」って(笑)。でも、実際に会ったら緊張して何も言えないでしょうね。
柴田 私も本当に会えたら緊張しちゃうけど、高橋みなみさんに会ってみたい。私がアイドルに興味を持ったのは幼稚園のときで、そのきっかけになったのはみなみさんに憧れたからなんですね。なのでいつかお会いしてみたい。そして、このお仕事に憧れた理由を伝えられたら嬉しいです。

【読者プレゼント企画のキーワードはこちら】
4つ目→「ー

応募の詳細>>【プレゼント企画】乃木坂46 サイン入りチェキ プレゼント


【作品情報】
dTVオリジナルドラマ『猿に会う』
2020年4月10日(金)配信スタート

<STORY>
まこ(賀喜遥香)、きよ(清宮レイ)、さつき(柴田柚菜)の3人は、世間の流れに乗れない女子大生。きよは「このままだと、私たちパラサイト・シングルまっしぐらだよ」と口走り、きよは昔から何でも四捨五入をするのが癖。中学の頃からさつきは、きよの後ろにいつもくっついて歩いていた。まこは、リア充の妹・のぞみ(石川瑠華)に対する劣等感がある。そんな3人がさつきの提案で春休みに栃木・日光東照宮へ行くことになる。東照宮には、日本有数のパワースポットがあり、恋愛にご利益があるのだという。しかし、まことさつきは年齢=恋愛未経験歴だが、きよは恋愛経験がある。そんな中、始まる旅の車中で出会う占い師・アキラ(堀未央奈)。ラジオが伝える殺人事件の犯人逃亡のニュース。日光に辿り着いた3人に待ち受ける運命とは…。
番組特集ページ>https://nogizaka46.dtv.jp



あなたへオススメの記事


RECOMMEND

【インタビュー】乃木坂46「涙を堪えて笑っている表情にまいやんのすべてが詰まっている」気の置けない仲間と過ごす笑顔の日々

dTVドラマ『猿に会う』で女子大生3人組を演じた乃木坂46 4期生の賀喜遥香、清宮レイ、柴田柚菜。そのお芝居はドキュメンタリーを観ているようなナチュラル感の中に、きらりと光る瑞々しいフレッシュ感を備えたまさに珠玉。そんな互いの演技について語り合うコメントも初々 . . . 続きを読む

【インタビュー】中村麗乃(乃木坂46) 「(伊藤)純奈さんに堂々と演じる秘訣を教えてもらいたい」 アルバイトの夢も叶う初ミュージカルにワクワクが止まらない!

dTVドラマ『猿に会う』で女子大生3人組を演じた乃木坂46 4期生の賀喜遥香、清宮レイ、柴田柚菜。そのお芝居はドキュメンタリーを観ているようなナチュラル感の中に、きらりと光る瑞々しいフレッシュ感を備えたまさに珠玉。そんな互いの演技について語り合うコメントも初々 . . . 続きを読む

【インタビュー】早川聖来(乃木坂46)「観に行った後は先輩をもっと好きになっています!」 メンバーの演技から学び挑むミステリアスなヒロイン

dTVドラマ『猿に会う』で女子大生3人組を演じた乃木坂46 4期生の賀喜遥香、清宮レイ、柴田柚菜。そのお芝居はドキュメンタリーを観ているようなナチュラル感の中に、きらりと光る瑞々しいフレッシュ感を備えたまさに珠玉。そんな互いの演技について語り合うコメントも初々 . . . 続きを読む

【インタビュー】伊藤純奈(乃木坂46)「励まし合える仲間がいるのは大きな支え」 共演者やメンバーに見守られ挑む初の時代劇!

dTVドラマ『猿に会う』で女子大生3人組を演じた乃木坂46 4期生の賀喜遥香、清宮レイ、柴田柚菜。そのお芝居はドキュメンタリーを観ているようなナチュラル感の中に、きらりと光る瑞々しいフレッシュ感を備えたまさに珠玉。そんな互いの演技について語り合うコメントも初々 . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense