• エンタメ
  • 【ドラマ『サムのこと』潜入レポ】乃木坂46、4期生初ドラマ撮影現場で初々しさ全開!気を許せる仲間との仲良しショットも♡
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2020.03.20

【ドラマ『サムのこと』潜入レポ】乃木坂46、4期生初ドラマ撮影現場で初々しさ全開!気を許せる仲間との仲良しショットも♡

国民的アイドルグループ・乃木坂46の中で台頭する4期生 7人が出演する、直木賞作家・西加奈子の短編小説をドラマ化した『サムのこと』(dTV)。1月初旬、都内某所にて行われた注目作の撮影には、遠藤さくら、早川聖来、田村真佑、掛橋沙耶香、金川紗耶、筒井あやめが参加していた。

遠藤、早川、田村、掛橋、金川が演じるのは、アイドルグループ・宇田川ホワイトベアーズのメンバー。午前中に取材班が到着すると、ちょうど5人が宇田川ホワイトベアーズのライヴ会場控え室でいくつかのシーンを撮影するところだった。

白の衣装がよく似合う5人、おじぎをしながら「よろしくお願いします!」とスタッフ陣に丁寧に挨拶をして控え室に入っていくと、部屋の中からは時折楽しげな声が聞こえてくる。スタッフに呼ばれ控え室から5人が出てくるというシーンのテスト撮影を数回繰り返す中、「カット!」の声がかかるたびにホッとしたような笑顔を見せたり、合間に振り付けの確認をしたりする5人。

その後、待機時間にはそれぞれに台本を読み込んだり、集中力を高めたりする姿も。遠藤が演じるのは、お節介で周りから面倒くさく思われがちなサム。早川が演じるのは、LGBTであることをメンバーには隠し続けているアリ。田村が演じるのは、ストレスからお酒に逃げてしまうキム。掛橋が演じるのは、妹・キララ(筒井)の順調なアイドル活動に嫉妬してしまうモモ。金川が演じるのは、幽霊&オカルトマニアで借金に苦しむスミ。“痛み”を抱える個性的な役柄に、ひとりひとり真摯に向き合っているのだ。

アリ、モモ、スミのいる控え室にサム、キムが入っていくというシーンの撮影時には、遠藤、田村は私服風衣装にお召し替え。「1、2、3って数えて入ろう」と控え室に入るタイミングを相談し合ったり、お互いにコートやマフラーのずれを直し合ったりするふたりは、取材用のカメラを向けられれば揃ってかわいらしいピースポーズ。シーン撮影後には、仲良く手を繋いで階段を上っていった。

午後には、この日が撮影初日となる筒井が合流。撮影の合間に楽屋に戻る途中の5人が、撮影前にインタビューを受けている筒井を発見するや否や「かわいい〜♡」と声を掛けたり、筒井の頭をポンポンしたり、末っ子の彼女を優しく出迎える。「緊張しています」と話していた筒井も、そんな5人を見て思わずニッコリ。その後に撮影されたキララのシーンは、気を許せるメンバーのおかげもあり成功に終わったことは言うまでもない。一方、撮影待機中の金川と掛橋は、ちょこんと座って何やら楽しそうにおしゃべり中。そこにやってきた田村は、ダンスをしながら茶目っ気たっぷりな笑顔を見せる場面も。

初めて挑むドラマ撮影の現場でも、自分たちらしさを大事に、たくさんの刺激を受け、学びを得ていく彼女たちは、ますます輝きを放っていく。そんな彼女たちの記念すべき初のドラマ作品『サムのこと』。後に彼女たちを語る上で重要な作品となってくるに違いないこのドラマで、今の彼女たちだからこそ見せられる初々しさを感じながら楽しんでもらいたい。

写真/白石文丈 文/杉江優花

【乃木坂46 サイン入りチェキ プレゼント企画開催】
14日〜20日に掲載されるインタビュー&潜入レポートの記事下に7つのキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、20日に掲載されるプレゼント企画記事をチェック!

【読者プレゼント企画のキーワードはこちら】
7つ目→「!

応募の詳細>>【プレゼント企画】乃木坂46 サイン入りチェキ プレゼント



【作品情報】
dTVオリジナルドラマ『サムのこと
2020年3月20日(金)配信スタート

<STORY>
アリ(早川聖来)、キム(田村真佑)、モモ(掛橋沙耶香)、スミ(金川紗耶)、サム(遠藤さくら)は元アイドルグループ。パッとすることもなくグループは解散しメンバーは各々違う人生を歩み始めていた。解散してから1年後のある日、サムが事故死する。その通夜でメンバーたちは久しぶりに再会する。アイドルだった10代の頃のように他愛もない話に花を咲かせた残されたメンバーたちは、彼女との思い出を語りだす。しかしその誰もが、自由奔放で独自の世界観を持つ「サム」と呼ばれた彼女の素性も、家族構成さえも知らなかった。サムの思い出を語るうちに自分たちがそれまで言えなかったことを告白する。思い出話の最中に明るみになる「サム」というあだ名の由来、事故ではなく自殺だった可能性、そして、お通夜の最中に死んだはずのサムからメッセージが届く・・・。


あなたへオススメの記事


RECOMMEND

遠藤さくら、賀喜遥香ら乃木坂46、4期生メンバー全員が初ドラマに挑戦!カッコ悪い青春時代を過ごした女子たちを熱演!!

国民的アイドルグループ・乃木坂46の中で台頭する4期生 7人が出演する、直木賞作家・西加奈子の短編小説をドラマ化した『サムのこと』(dTV)。1月初旬、都内某所にて行われた注目作の撮影には、遠藤さくら、早川聖来、田村真佑、掛橋沙耶香、金川紗耶、筒井あやめが参加 . . . 続きを読む

【インタビュー】中村麗乃(乃木坂46) 「(伊藤)純奈さんに堂々と演じる秘訣を教えてもらいたい」 アルバイトの夢も叶う初ミュージカルにワクワクが止まらない!

国民的アイドルグループ・乃木坂46の中で台頭する4期生 7人が出演する、直木賞作家・西加奈子の短編小説をドラマ化した『サムのこと』(dTV)。1月初旬、都内某所にて行われた注目作の撮影には、遠藤さくら、早川聖来、田村真佑、掛橋沙耶香、金川紗耶、筒井あやめが参加 . . . 続きを読む

【インタビュー】早川聖来(乃木坂46)「観に行った後は先輩をもっと好きになっています!」 メンバーの演技から学び挑むミステリアスなヒロイン

国民的アイドルグループ・乃木坂46の中で台頭する4期生 7人が出演する、直木賞作家・西加奈子の短編小説をドラマ化した『サムのこと』(dTV)。1月初旬、都内某所にて行われた注目作の撮影には、遠藤さくら、早川聖来、田村真佑、掛橋沙耶香、金川紗耶、筒井あやめが参加 . . . 続きを読む

【インタビュー】伊藤純奈(乃木坂46)「励まし合える仲間がいるのは大きな支え」 共演者やメンバーに見守られ挑む初の時代劇!

国民的アイドルグループ・乃木坂46の中で台頭する4期生 7人が出演する、直木賞作家・西加奈子の短編小説をドラマ化した『サムのこと』(dTV)。1月初旬、都内某所にて行われた注目作の撮影には、遠藤さくら、早川聖来、田村真佑、掛橋沙耶香、金川紗耶、筒井あやめが参加 . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense