• エンタメ
  • 町田啓太が春にオススメしたい映画BEST3!映画館で前のめり鑑賞!?<プリレジェ連載>
CONTENTS
Home
  • ランキング
  • 2020.03.11

町田啓太が春にオススメしたい映画BEST3!映画館で前のめり鑑賞!?<プリレジェ連載>

313日公開の映画『貴族降臨 -PRINCE OF LEGEND-』に出演する町田啓太。映画好きでも知られる彼に、春にオススメしたい映画BEST3を挙げてもらいました。春=新生活ということで、前向きになれる作品をベースに選んでくれています。「内容を思い出すだけで涙が出そうになる」というくらい彼の心に刺さる作品とは?

【町田啓太 サイン入りチェキ プレゼント企画開催】
10日〜11日に掲載されるインタビュー&ランキングの記事下に2つのキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、11日に掲載されるプレゼント企画記事をチェック!

『ルディ/涙のウイニング・ラン』

1993年に製作された少し前の作品なのですが、人に薦められて最近観たらすごく良くて、思わず「おー!」ってなりました。内容は小柄な主人公が周りに無理だと言われながらも、アメフトのチームに入るために頑張るっていう実話を元にしたストーリー。人一倍努力をして、最後にチームメイトに認められるシーンがあるんですけど、これが本当にあったのかと思うと感動してめちゃめちゃゾワゾワします。諦めない強い心と、願いを叶えるまでの過程が大事だと気付かせてくれる映画なので、春から新しいことを始める人には絶対オススメです。

『セッション』


これはみなさんご存知の作品だと思いますが、僕の中ではバイブル的な1本。話が進むごとにどんどん前のめりになって、映画館では初めて椅子に背中をつけないで最後まで観ちゃいました(笑)。それくらい伝わってくる熱量がものすごくて、“何かしたい、何かに燃えたい”という気持ちを駆り立てられる。「これ以上は無理!」というくらい我を忘れてガムシャラになることって、学生時代は部活とかであったかもしれないけど、大人になるとなかなかないじゃないですか。でも『セッション』は忘れていたそんな気持ちを思い起こさせる、やる気が出る作品です。

『ドラえもん』


春といえば『ドラえもん』。子どもの頃は春休みに『ドラえもん』と『クレヨンしんちゃん』のどちらを観るか悩み、結局、両方行っていましたけど(笑)、今も僕は映画館に観に行きます。夢の世界とわかっていても、本当にこうなったら楽しいだろうなという想像力を掻き立ててくれるというか。希望を感じるから、大人になっても観たくなるんですよね。ちなみに特に印象に残っているストーリーは「おばあちゃんの思い出」。亡くなったおばあちゃんにのび太が会いにいくストーリーですが、僕もおばあちゃん子なので、今こうして内容を思い出すだけでもヤバいです(笑)。

【読者プレゼント企画のキーワードはこちら!】
2つ目→「剣」

応募の詳細>>【プレゼント企画】町田啓太 サイン入りチェキ プレゼント



【作品情報】
映画『貴族降臨 -PRINCE OF LEGEND-
3月13日(金)公開


出演:白濱亜嵐 片寄涼太
鈴木伸之 佐野玲於 関口メンディー 川村壱馬 吉野北人 藤原樹 長谷川慎 町田啓太 清原翔 廣瀬智紀 荒牧慶彦 飯島寛騎 塩野瑛久 中島健 勝矢 加藤諒 袴田吉彦 山本耕史(友情出演) DAIGO
監督:河合勇人
脚本:松田裕子
音楽:中野雄太
主題歌:「Possible」/片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)
配給:東宝
©2020「PRINCE OF LEGEND」製作委員会

<STORY>
夜の世界の中心・ナイトリングのNo.1ホストクラブ「クラブ・ノーブル」の代表となった安藤シンタロウ(白濱亜嵐)は、自らの名をドリーと改め、“貴族”としてこの世に生きる弱者を守り、全ての人が笑って暮らせる高貴な世界を作ることを決意する。そんな彼は、あるきっかけで聖ブリリアント学園の存在を知ることとなる。今や伝説の王子の“聖地”として、聖ブリリアント学園には転入生が殺到、「三代目伝説の王子」となった朱雀奏(片寄涼太)は世界中を廻り、王子道を邁進していた。貴族と王子、果たしてどちらが正義なのか――。共に頂点を極める両者が出会ったとき、戦いの幕はすでに切って落とされていた…。



あなたへオススメの記事


RECOMMEND
CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense