• エンタメ
  • 【インタビュー】廣瀬智紀「(白濱)亜嵐くんは人間性が素晴らしく愛に溢れている “ナンバー2”が寄せる全幅の信頼と敬愛の念<プリレジェ連載>
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2020.03.08

【インタビュー】廣瀬智紀「(白濱)亜嵐くんは人間性が素晴らしく愛に溢れている “ナンバー2”が寄せる全幅の信頼と敬愛の念<プリレジェ連載>

“プリンスバトルプロジェクト”の劇場版最新作であり、昨年話題となったドラマ『貴族誕生 -PRINCE OF LEGEND-』(日本テレビ)の“その後”を描く『貴族降臨 -PRINCE OF LEGEND-』が、313日に公開。無邪気な弟キャラのヤスを演じたドラマから一転、伝説の貴族であるドリー(白濱亜嵐)が代表を務めるクラブ・ノーブルのナンバー2ホスト・ミッシェルとして気高い存在感を放つのは、廣瀬智紀だ。ガラッと異なる表情で翻弄する彼の役作りへのこだわり、さらには素顔にも迫る。

文/杉江優花

【廣瀬智紀 サイン入りチェキ プレゼント企画開催】
8日〜9日に掲載されるインタビュー&ランキングの記事下に2つのキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、9日に掲載されるプレゼント企画記事をチェック!

土木作業員からホストへ転身!異なる役柄でもブレないある人への敬愛とは?

――先に放送されたドラマ『貴族誕生 -PRINCE OF LEGEND-』では土木作業員・ヤスを泥臭く、映画『貴族降臨 -PRINCE OF LEGEND-』ではナンバー2ホストのミッシェルを高貴に演じられていて、驚きのギャップです。
廣瀬 実はドラマに先駆けて映画の撮影を1年ほど前に行ったんですけど、ミッシェルが実は土木作業員のヤスであるという設定を後から聞いたときには僕も驚きました(笑)。そして、『PRINCE OF LEGEND』シリーズは個性的なキャラクターがひしめき合っていますから、映画でもドラマでも自分なりの色を打ち出していかないと埋もれてしまうなと思って。台本とにらめっこしながら、河合勇人監督とも相談しながら、自分なりに役それぞれにとことん向き合ったつもりです。
――見た目も振る舞いもガラッと違うけれど同一人物であるという難しさがありそうだなと。
廣瀬 そうなんですよ。突飛な変化に見えても、別人ではないので。ヤスはああいうやつだったからミッシェルになったのかと観る方が納得できるように、さらには亜嵐くん演じる安藤シンタロウ、そしてドリーへの敬愛はぶれない軸になるように意識しました。あと、ミッシェルは台本上ではクールでクラブ・ノーブルの頭脳的な存在として描かれていたんですけど、それだけではもったいないなと思いまして。コールのときには自分が一番盛り上がって冷静なときとのメリハリをつけたことで、そのハジけた姿にはヤスの姿を重ねてもらいやすい気がします。
――なるほど、納得です。なお、クラブ・ノーブルの面々はただのホストではなく貴族としてのオーラを放っていて、中でもゴブラン織りのロングジャケットを纏い、ステッキを携えるミッシェルは風格を漂わせているわけですが、役作りにあたり何かヒントを得たものは?
廣瀬 何年か前に出演したミュージカルで、中世ヨーロッパの貴族を演じたことがありまして。そのときにバレエダンサーさんに稽古をしていただいて、貴族としての立ち居振る舞いも教えていただけたという経験は、生かせたと思います。「こちらへどうぞ」とお客様を案内するときの手の角度にしても、ダンスパーティで女性の腰に手を添えるにしても、ただの“それっぽい”感じになってしまわないように、本物の貴族としてそこに在ることを心掛けました。ちなみに、ステッキは衣装合わせのときに河合監督が持たせてくださったんですけど、そういう小道具や衣装のおかげで表現の幅も広がりますから、ミッシェルを演じていてとても楽しかったです。

個性の宝庫で自分の新しい顔を発見!ホストになったら相手に寄り添います!!

――ミッシェルが敬愛するドリーを演じる白濱さんとは一緒にいる時間も長かったと思いますが、どんなことを感じて、どんな刺激を受けましたか?
廣瀬 亜嵐くんは、好奇心旺盛で分け隔てなく誰とでもちゃんと接する、人間性が素晴らしい方なんですよ。本当に愛に溢れています。お芝居に嘘がなくて、純粋に、真っ直ぐに気持ちを届けてくれるから、こちらも本気で感情を出せるし。ミッシェル、ヤスとしてだけではなく、廣瀬智紀自身の気持ちも乗せることができました。あと、亜嵐くんやHIROさんが撮影中に差し入れをしてくださって。クレープやコーヒー、ドラマのときにはタピオカメニューも加わったクレープカーの存在は、心の支えでした(笑)。そうやってキャストやスタッフの士気を高めてくれるというところも、亜嵐くんやHIROさんのすごさです。
――ドラマ、映画の撮影を通して、得たもの、見つけたこともあったのでしょうか。
廣瀬 役者としての見せ方、その選択肢が増えたことですね。普通のホストクラブが舞台だったら、ミッシェルみたいなインパクトのあるキャラクターは生めていないだろうし、個性の宝庫といえる撮影現場で大いに吸収もできましたから。完成披露試写会&ファンミーティングでは、1万人以上のお客様を前にしてこれまで味わったことのない高揚を楽しめていたりもするし、『PRINCE OF LEGEND』との出会いを通して、自分の新しい顔を見つけることもできました。
――素晴らしい出会いだったのですね。さて、ここからは映画にちなんだ質問をいくつかさせてください。廣瀬さんがホストになったとしたら、どんな接客をしますか?
廣瀬 これまで何度かホスト役を演じてきた中で、まず大事にしなきゃいけないのは気遣いなんじゃないかなと。その気遣い方も、これまでは何かあったのかなと感じたら「どうしたの?」って事情を聞くべきだと思っていたんですけど、今はただそばにいてあげて、語らずとも“僕はあなたの味方だよ”っていう寄り添い方をすることで相手が安らげるようにしたいなという想いが強いですね。
――そんな包容力のある人がいるホストクラブに通ってみたい!(笑)。次に、学園改革をすべく聖ブリリアント学園に乗り込むクラブ・ノーブルの面々のごとく、改革をしたいと思っていることは?
廣瀬 今まさに、自分自身を改革したいと思っているんですよね。これまでは、こだわりを持たないことがこだわりでもあったんですけど、柔軟さは失わずに、自分の中の芯をもっと太くして磨いていきたいです。
――では最後に、映画タイトルにかけて、“降臨”させたい能力を教えてください。
廣瀬 体重の増減や筋肉量が自在に操れる能力ですね。
――演じる人ならではの願望ですね。
廣瀬 おもしろ味がなくて申し訳ないですけど(笑)。そういう能力があればどんな役にも挑めるし、それこそものすごく太った姿になって“これ廣瀬だったの?”ってみなさんを驚かせるような役を演じてみたいですね。想像しただけで、楽しくなっちゃいます。

【読者プレゼント企画のキーワードはこちら】
1つ目→「敬


【作品情報】
映画『貴族降臨 -PRINCE OF LEGEND-
3月13日(金)公開


出演:白濱亜嵐 片寄涼太
鈴木伸之 佐野玲於 関口メンディー 川村壱馬 吉野北人 藤原樹 長谷川慎 町田啓太 清原翔 廣瀬智紀 荒牧慶彦 飯島寛騎 塩野瑛久 中島健 勝矢 加藤諒 袴田吉彦 山本耕史(友情出演) DAIGO
監督:河合勇人
脚本:松田裕子
音楽:中野雄太
主題歌:「Possible」/片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)
配給:東宝
©2020「PRINCE OF LEGEND」製作委員会

<STORY>
夜の世界の中心・ナイトリングのNo.1ホストクラブ「クラブ・ノーブル」の代表となった安藤シンタロウ(白濱亜嵐)は、自らの名をドリーと改め、“貴族”としてこの世に生きる弱者を守り、全ての人が笑って暮らせる高貴な世界を作ることを決意する。そんな彼は、あるきっかけで聖ブリリアント学園の存在を知ることとなる。今や伝説の王子の“聖地”として、聖ブリリアント学園には転入生が殺到、「三代目伝説の王子」となった朱雀奏(片寄涼太)は世界中を廻り、王子道を邁進していた。貴族と王子、果たしてどちらが正義なのか――。共に頂点を極める両者が出会ったとき、戦いの幕はすでに切って落とされていた…。



あなたへオススメの記事


RECOMMEND

【『映画刀剣乱舞』インタビュー vol.03】廣瀬智紀「『映画刀剣乱舞』における鶯丸を作っていった」 舞台版キャストではなかったゆえに感じられた幸せ

“プリンスバトルプロジェクト”の劇場版最新作であり、昨年話題となったドラマ『貴族誕生 -PRINCE OF LEGEND-』(日本テレビ)の“その後”を描く『貴族降臨 -PRINCE OF LEGEND-』が、3月13日に公開。無邪気な弟キャラのヤスを演じたド . . . 続きを読む

【『映画刀剣乱舞』インタビュー vol.01】鈴木拡樹「映画ではこれまでで一番感情をあらわにした」 耶雲監督と話し合い演じた三日月宗近の新たな表現!

“プリンスバトルプロジェクト”の劇場版最新作であり、昨年話題となったドラマ『貴族誕生 -PRINCE OF LEGEND-』(日本テレビ)の“その後”を描く『貴族降臨 -PRINCE OF LEGEND-』が、3月13日に公開。無邪気な弟キャラのヤスを演じたド . . . 続きを読む

【イベントレポ】白濱亜嵐率いる“貴族”と片寄涼太率いる“王子”がガチンコ勝負!吉野北人が“公開告白”で心を奪われる!?

“プリンスバトルプロジェクト”の劇場版最新作であり、昨年話題となったドラマ『貴族誕生 -PRINCE OF LEGEND-』(日本テレビ)の“その後”を描く『貴族降臨 -PRINCE OF LEGEND-』が、3月13日に公開。無邪気な弟キャラのヤスを演じたド . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense