• ミュージック
  • KEYTALK・首藤義勝がライヴでよく踏むエフェクターBEST3
CONTENTS
Home
  • ランキング
  • 2014.06.03

KEYTALK・首藤義勝がライヴでよく踏むエフェクターBEST3

メジャーレーベルからの初のフルアルバム『OVERTONE』を5月21日にリリースしたKEYTALK。全13曲が込められた本作は彼らならではの個性で満ち溢れている。ベース&ボーカルの首藤義勝にライヴでよく踏むエフェクターBEST3を聞いた。

MXR 「M-80 Bass D.I. +」

これは「DI」(※ダイレクト・インジェクション・ボックスの略。ダイレクトボックスともいう。スピーカー、マイクを経由せずに、直接、電気信号をコンソールに送る為の装置)っていう、根本的な音作りはここでやってるっていうエフェクターなんですけど、結構ベーシストの間ではオーソドックスなDIですね。有名なDIで「SANS AMP」(サンズアンプ)っていうのがあるんですけど、それよりもナチュラルな音が作れるといいますか、アンプで作りきれない音をここで作れる感じです。歪みも良い感じで、おまけで付いているっていうクオリティではないですね。

TECH21「Bass Driver DI」

これも「SANS AMP」で、ベーシストで知らない人はいないですね。ここぞというときに音をバカデカく、派手にしたいときに使っています。これを買ったのは高校生のときで、ひなっちさん(※日向秀和。ストレイテナー、Nothing’s Carved In Stoneなどで活動するベーシスト)にすごく憧れていて。ひなっちさんみたいな音を出すためには?っていうのをいろいろ調べて、速攻で買ったものですね。すごく長い間使っています。

### BOSS 「TU-2 Chromatic Tuner Pedal with Bypass」

これはチューナーといって、弦の音程を合わせるために使うものですね。なんか、チューナーを最初に作った人ってすごいですよね。どういうプロセスで、音が合ってる、合ってないを判断してるのかが不思議だなって思います。といっても、基本的にこれはつけっぱなしなんで、いちいち踏んだりはしないですけど(笑)。なくてはならないエフェクターですね。

関連リンク

公式サイト
RECOMMEND

【インタビュー・後編】cinema staff 『進撃の巨人』で話題のロックバンド ニューアルバムで見せる僕らの道筋

メジャーレーベルからの初のフルアルバム『OVERTONE』を5月21日にリリースしたKEYTALK。全13曲が込められた本作は彼らならではの個性で満ち溢れている。ベース&ボーカルの首藤義勝にライヴでよく踏むエフェクターBEST3を聞いた。MXR 「M-80 B . . . 続きを読む

島田昌典の大好きな楽器BEST3

メジャーレーベルからの初のフルアルバム『OVERTONE』を5月21日にリリースしたKEYTALK。全13曲が込められた本作は彼らならではの個性で満ち溢れている。ベース&ボーカルの首藤義勝にライヴでよく踏むエフェクターBEST3を聞いた。MXR 「M-80 B . . . 続きを読む

【ライヴレポ】RADWIMPS、1万8000人を導いたのは “幸福の溜まり場” 楽しみに込めた真摯な想い

メジャーレーベルからの初のフルアルバム『OVERTONE』を5月21日にリリースしたKEYTALK。全13曲が込められた本作は彼らならではの個性で満ち溢れている。ベース&ボーカルの首藤義勝にライヴでよく踏むエフェクターBEST3を聞いた。MXR 「M-80 B . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense