• ファッション
  • 藤原樹(THE RAMPAGE)のお気に入りのアクセサリーBEST3!譲り受けた時計に父が大喜び!?<プリレジェ連載>
CONTENTS
Home
  • ランキング
  • 2020.03.03

藤原樹(THE RAMPAGE)のお気に入りのアクセサリーBEST3!譲り受けた時計に父が大喜び!?<プリレジェ連載>

313日公開の映画『貴族降臨 -PRINCE OF LEGEND-』に出演する藤原樹(THE RAMPAGE)。小さい頃から大好きだったというアクセサリーについて、お気に入りの3品を実際の写真と共に紹介!熱量高く答えてくれたインタビューでは、父とのほっこりエピソードも飛び出しました。テレビや雑誌、ライヴなどで身に付ける、彼のアクセサリーにも注目してみてください♪

【川村壱馬×吉野北人×藤原樹×長谷川慎 サイン入りチェキ プレゼント企画開催】
2月29日〜3月4日に掲載されるインタビュー&ランキングの記事下に5つのキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、4日に掲載されるプレゼント企画記事をチェック!

ゴールドのネックレス

今日も自前のアクセサリーを付けているんですけど、最近はずっとゴールドのネックレスを付けています。最初は、シルバーが好きでいろいろと集めていたんですけど、そこそこ集まったので、次は何にしようかな?と考えると…ゴールドじゃないですか?(隣にいた吉野が笑いながら首をかしげる)。シルバーで止まる人もいますけど、僕はゴールドにいってしまいました(笑)。まだ集めだして2年も経たないので、しばらくはゴールド熱が高いとは思いますが、またシルバーに戻る可能性もあるし、それこそ一瞬、黒にいったこともありますからね。

腕時計

父にもらったんですけど、父が30年くらい前に買ったものなので、今はもう売っていないモデル。実家に帰ったときに「時計が欲しい」と相談したら、父が付けていない時計があるからとくれました。父と同年代くらいの人に見せると「どうやって手に入れたの?」と聞かれるくらいレアなものらしく。今まではあまり時計を付ける機会がなかったんですけど、貰ってからは付けるようになりました。雑誌の撮影でもこの時計を付けていたりするので、それを見た父が嬉しそうにしているらしく、母から「お父さん、めっちゃ喜んどるよ!」って連絡がきたりします。

フェザーのネックレス

昔から付けているもので(吉野「あれか!ワシがいるやつだよね?」)、僕のはワシはいないです(笑)。今も好きですけど、一時期フェザーのネックレスにすごくハマっていた時期がありまして。いろいろなブランドのアイテムを買ってフェザーを組み替えたり、留め具に金のメタルを付けたりと、いろいろとカスタマイズして、それを見せ合いっこしたりしていました。これは高校3年生くらいのときに買ったんですけど、アクセサリーは昔から大好きで。黒の洋服など、シンプルなものに合わせてアクセサリーが目立つようにコーディネートしています。

【読者プレゼント企画のキーワードはこちら!】
4つ目→「の」

<プリレジェ連載1日目>川村壱馬×吉野北人×藤原樹×長谷川慎インタビュー
<プリレジェ連載2日目>川村壱馬(THE RAMPAGE)が春に聴きたくなる楽曲BEST3
<プリレジェ連載3日目>吉野北人(THE RAMPAGE)が語る母との思い出BEST3
<プリレジェ連載5日目>長谷川慎(THE RAMPAGE)のお気に入りのファッションアイテムBEST3


【作品情報】
映画『貴族降臨 -PRINCE OF LEGEND-
3月13日(金)公開


出演:白濱亜嵐 片寄涼太
鈴木伸之 佐野玲於 関口メンディー 川村壱馬 吉野北人 藤原樹 長谷川慎 町田啓太 清原翔 廣瀬智紀 荒牧慶彦 飯島寛騎 塩野瑛久 中島健 勝矢 加藤諒 袴田吉彦 山本耕史(友情出演) DAIGO
監督:河合勇人
脚本:松田裕子
音楽:中野雄太
主題歌:「Possible」/片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)
配給:東宝
©2020「PRINCE OF LEGEND」製作委員会

<STORY>
夜の世界の中心・ナイトリングのNo.1ホストクラブ「クラブ・ノーブル」の代表となった安藤シンタロウ(白濱亜嵐)は、自らの名をドリーと改め、“貴族”としてこの世に生きる弱者を守り、全ての人が笑って暮らせる高貴な世界を作ることを決意する。そんな彼は、あるきっかけで聖ブリリアント学園の存在を知ることとなる。今や伝説の王子の“聖地”として、聖ブリリアント学園には転入生が殺到、「三代目伝説の王子」となった朱雀奏(片寄涼太)は世界中を廻り、王子道を邁進していた。貴族と王子、果たしてどちらが正義なのか――。共に頂点を極める両者が出会ったとき、戦いの幕はすでに切って落とされていた…。



あなたへオススメの記事


RECOMMEND
CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense