• エンタメ
  • 【インタビュー】若月佑美 福田雄一監督も引くほどのヲタクっぷりを発揮!「想像以上の完成度にガッツポーズをしていました(笑)」
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2020.02.06

【インタビュー】若月佑美 福田雄一監督も引くほどのヲタクっぷりを発揮!「想像以上の完成度にガッツポーズをしていました(笑)」

ヲタク女子の本領発揮!隠れBL好き、ゲーヲタ、レイヤー、声優アイドルヲタなどなど、あらゆるヲタクが登場する映画『ヲタクに恋は難しい』(202027日公開)で、ガチの腐女子を演じた若月佑美。監督から“ヲタ指導&監修”を頼まれるほど劇中の外でも大活躍だった彼女に撮影時のエピソードのほか、ヲタクの生態や用語の意味をクエスチョン。映画が10倍おもしろくなる、ヲタクの魅力をがっつりと語ってもらいました!

文/若松正子

【若月佑美 サイン入りチェキ プレゼント企画開催】
2月6日〜7日に掲載されるインタビュー&ランキングの記事下に2つのキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、7日に掲載されるプレゼント企画記事をチェック!

高畑充希&山﨑賢人に“ヲタ指導”!?監督のご指名でヲタク監督に任命!

――今作では某有名アニメキャラクターのコスプレを披露されていますが、まさに“眼福”。尊かったです!
若月 ありがとうございます(笑)。
――そのほかにも、劇中には福田雄一監督ならではのいろいろな作品へのオマージュが散りばめられています。若月さん的にテンションが上がったのは?
若月 いっぱいありすぎて迷いますね。私は元々原作が大好きだったのですが、“ヲタ恋”って意外と内容が偏っていないんです。アニメヲタやゲームヲタ、声優アイドルヲタとかいろんなヲタクを取り上げていて結構ライトなんだけど、そこがすごくおもしろい。あと、ニコニコ動画によくあるような画面上に文字でコメントが流れてくるシーンもあって。映画館の大きなスクリーンでこれが流れたことが今まであっただろうか?って思ったりもして、そこら辺はテンションが上がりました。
――ヲタクがメインストリームに出たような感覚になった?
若月 そうですね。菜々緒さんがやっているキャラクターのコスプレとかも私的には“これを入れてくるか!”ってアガッたんですけど、実は福田監督から事前に「若月、コスプレはこれでいこうと思うけど、どうだ?」って聞かれたんです。で、「最高です!」って返したら想像以上の完成度だったので、実際に観たときは静かにガッツポーズをしていました(笑)。
――撮影中は主役の高畑充希さんや山﨑賢人さんからも、ヲタクについてアドバイスを求められたそうですね。
若月 いやいや、アドバイスなんて大層なものじゃないです。ただ、私自身もそうですけど自分の周りにもヲタクの人が多いので、その子たちが好きなものを話しているときのコアな部分をお伝えした感じですね。例えば、成海(高畑)が宏嵩(山﨑)とのデートで封印していたヲタ用語をブワーッと喋り出すシーンのときは、撮影前日に監督からヲタク指導監督として現場に来てくれと言われて。高畑さんに「好きなものを語るときはすごい早口になります」とか「でも高まりすぎると急に上を見て拝みます」とか「自分が出過ぎると最後は自分で笑っちゃう」とか、そういう話をさせていただいたんですよ。
――アドバイスが細かくて的確すぎる(笑)。ゲームヲタク役の山﨑さんにはどんな指導を?
若月 ゲームに限らず動画やアニメを観たり、パソコンでチャットをやっている人って「めっちゃおもしろい!」って書いているときも顔は無表情なんです。心ではおもしろがっているけど、文字を打つことで感情をアウトプットしているのでその分、顔に感情を出さない習性が染み付いちゃっている。だから現実世界でも表情がなかったりするんですね。宏嵩もまさにそのタイプで、山﨑さんには「LINE上では絵文字を使って表情豊かなのに、普段は常に真顔ってところがゲームヲタクならでは」という話をさせていただきました。

乃木坂46メンバーの前でヲタク用語がポロリ!しっかり者の彼女が隠したい一面とは?

――なるほど〜。福田監督が若月さんを頼りにするのもわかります。
若月 でも、監督はちょっと引いていました。私が自分のシーンで普段の感じでヲタク用語をバーっと喋ったら「お前、マジだな。何言っているかちょっとわかんない」って(笑)。私的にはそれがすごく嬉しくて、頑張れたかなって思いましたけど。
――成海は周りにヲタクを隠しているけど、若月さんは超オープンですよね。隠したい部分は特にない?
若月 ありますよ!私は乃木坂46時代はしっかり者でツッコミ役だったけど、家族の前ではすごい“甘えた”なんです。特に大好きなワンちゃんと接するときはデレデレ、プラス赤ちゃん言葉になるレベルなのでそういう瞬間は絶対に見られたくない。あと時々、日常の会話でヲタク用語が出ちゃうことがあって、そこは少し気をつけようかなと。例えば、ヲタクって「わかりました」って言うことを「オッケー、把握」という言い方をするんですけど、乃木坂46メンバーにそれを言ったら、聞き取れなかったらしく「今、何て言ったの?」って聞き返されたことがあって。要所要所でうっかり出ちゃうんですよね(笑)。
――ちなみに彼氏になる人にはヲタク要素を求めます?
若月 それはいらないですかね。私の趣味を理解して見守ってくれるくらいのバランス感でいいです。
――宏嵩のような人?
若月 宏嵩もいいんですけど、あんな風に愛情表現が表に出ない人はちょっと困るかも。現実的に考えると不安になっちゃうと思うので、気持ちをストレートに伝えてくれる人がいいです。タイプ的にはマンガとかであとから登場する“優男”、要は『花より男子』の花沢類タイプが好きで、そういう人ってマンガの中では報われないじゃないですか。でも、リアルに付き合ったら、そういう“優男”の方が絶対に幸せになると思うんですよね。
――同感です(笑)。もし、そんな“優男”タイプとデートをするならどんなデートがしたい?
若月 ゲームセンターで好きなゲームや、アニメキャラクターのクレーンゲームをする!キャーキャー言いながらふたりで一緒に盛り上がれたら嬉しいです。

【読者プレゼント企画のキーワードはこちら】
1つ目→「最


【作品情報】
映画『ヲタクに恋は難しい
2020年2月7日(金)公開


出演:高畑充希 山﨑賢人
菜々緒 賀来賢人 今田美桜 若月佑美/ムロツヨシ 佐藤二朗 斎藤工
監督・脚本:福田雄一
原作:ふじた「ヲタクに恋は難しい」(一迅社)
配給:東宝
©ふじた/一迅社 ©2020映画「ヲタクに恋は難しい」製作委員会

<STORY>
26歳OLの桃瀬成海(高畑充希)は、転職先の会社で幼馴染みの二藤宏嵩(山﨑賢人)と再会する。ルックスが良く仕事もできる宏嵩は、実は廃人クラスの重度のゲームヲタク。そして成海もまた、マンガ、アニメ、BLをこよなく愛する隠れ腐女子であった。周りの人々にヲタクだとバレる「ヲタバレ」を何よりも恐れている成海はその本性を隠しており、真実の自分をさらけ出せるのはヲタク友だちの宏嵩の前だけ。会社が終わればふたりはいつもの居酒屋でヲタ話に花を咲かす。男を見る目がないことを嘆く成海に対して宏嵩は「ヲタク同士で付き合えば快適なのでは?」と交際を提案。こうしてふたりはお付き合いすることに。お互い充実したヲタクカップルライフを始めるはずだったが、時に恋愛とは我慢、妥協、歩み寄りが必要なもの。“恋愛不適合”なふたりには、数々の試練や困難が待ち受けていた!



あなたへオススメの記事


RECOMMEND

【インタビュー】井上小百合(乃木坂46)「今まで演じた役の中で一番自分に近いのかもしれない」 笑顔でステージに立つ経験を活かしフラガールに挑む!

ヲタク女子の本領発揮!隠れBL好き、ゲーヲタ、レイヤー、声優アイドルヲタなどなど、あらゆるヲタクが登場する映画『ヲタクに恋は難しい』(2020年2月7日公開)で、ガチの腐女子を演じた若月佑美。監督から“ヲタ指導&監修”を頼まれるほど劇中の外でも大活躍だった彼女 . . . 続きを読む

【インタビュー】桜井玲香(乃木坂46)「普段“ポンコツ”と言われている私と重なるのかな(笑)」 アイドルとしての最後の舞台に懸ける想い!

ヲタク女子の本領発揮!隠れBL好き、ゲーヲタ、レイヤー、声優アイドルヲタなどなど、あらゆるヲタクが登場する映画『ヲタクに恋は難しい』(2020年2月7日公開)で、ガチの腐女子を演じた若月佑美。監督から“ヲタ指導&監修”を頼まれるほど劇中の外でも大活躍だった彼女 . . . 続きを読む

【インタビュー】伊藤純奈(乃木坂46)「励まし合える仲間がいるのは大きな支え」 共演者やメンバーに見守られ挑む初の時代劇!

ヲタク女子の本領発揮!隠れBL好き、ゲーヲタ、レイヤー、声優アイドルヲタなどなど、あらゆるヲタクが登場する映画『ヲタクに恋は難しい』(2020年2月7日公開)で、ガチの腐女子を演じた若月佑美。監督から“ヲタ指導&監修”を頼まれるほど劇中の外でも大活躍だった彼女 . . . 続きを読む

【インタビュー】深川麻衣 念願の朝ドラ出演で恋の行方も気になる!「吉乃と一緒で好きなことにとことん取り組んでいる方に魅力を感じる」

ヲタク女子の本領発揮!隠れBL好き、ゲーヲタ、レイヤー、声優アイドルヲタなどなど、あらゆるヲタクが登場する映画『ヲタクに恋は難しい』(2020年2月7日公開)で、ガチの腐女子を演じた若月佑美。監督から“ヲタ指導&監修”を頼まれるほど劇中の外でも大活躍だった彼女 . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense