• ミュージック
  • FlowBack、対バンツアー“Connect”完遂!「このツアーを通して、僕たちが本気で音楽で勝負したいことが伝わったら嬉しい」
CONTENTS
Home
  • ニュース
  • 2020.02.04

FlowBack、対バンツアー“Connect”完遂!「このツアーを通して、僕たちが本気で音楽で勝負したいことが伝わったら嬉しい」

FlowBackが、全国対バンツアー『FlowBack LIVE TOUR 2019-2020 “Connect”』のツアーファイナルを2日、東京・昭和女子大学人見記念講堂で開催した。

この日はFlowBackのメンバーがリスペクトをするアーティストを招いての対バンライヴイベント。CityとSurfが融合する新世代ハイブリッドバンドSPiCYSOL、様々なジャンルの要素を昇華させたワールドスタンダードなポップサウンドを展開するバンド・FIVE NEW OLD、凛と張った静寂に染み渡る甘くイノセントな歌声の男性ソロプロジェクト・claquepotが出演し、観客はそれぞれの音楽に体を揺らした。

このイベントの主催としてトリを務めたFlowBack。暗転ののち照明がパッと点くとオールブラックの揃いのセットアップで登場し大歓声を浴びるメンバー5人は、MASAHARUが作詞をした幸せの中で感じる不安を描いた繊細なラブソング「taste」からスタート。大人っぽさが引き立ったダンスで観客の目を奪う。MARKが「ファイナル公演にお越しいただきありがとうございます」と会場に向けて話し、メンバー全員で今日出演したゲストアーティストをユーモアを交えながら紹介し、感謝の気持ちを表現。

ライヴの中盤には現在、アニメ『BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』(テレビ東京系)のエンディングテーマとして放送中の新曲「Fireworks」を初パフォーマンス。ポジティブなリリックと共に耳にすっと入り込んでいく心地良さのある、エレクトロニックなミディアムナンバー。この日、メンバーから会場に詰めかけたファンに向け、3月11日にCDをリリースすることが発表されると場内は歓喜の声で埋め尽くされた。

終盤には、B.LEAGUE 2017‐18 SEASON公式テーマソングで、高く拳を突き上げる力強いダンスが特徴的な「BREAKOUT」で会場を圧倒する。そして本編ラストでは最新ミニアルバム『WINTER TRIP』に収録されているSEKAI NO OWARIのカバー「スターライトパレード」を披露。一面に広がる星空を模したライティングに照らされながら、流れ星を象る可憐なダンスパフォーマンスで観客を魅了した。

アンコールでは最終曲として、MASAHARUが作曲、REIJI、JUDAIが作詞に参加した「きみのうた」を歌い上げたのち、TATSUKIから「この対バンライヴを通してみなさんに、僕たちが本気で音楽で勝負したいことが伝わったら嬉しいです」と前を向く強い決意を示し大円団を迎えた。

写真:Hiroyuki Dozono



<セットリスト>
1.taste
2.Repeat
3.Come A Long Way
4.
冬がはじまるよ
5.Weekend
6.Good Time
7.All This Time
8.Fireworks
9.
雪色
10.
星降る夜のシンフォニー
11.Heartbreaker
12.BREAKOUT
13.
スターライトパレード
アンコール
EN1.
イケナイ太陽
EN2.
きみのうた


あなたへオススメの記事


RECOMMEND
CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense