• エンタメ
  • 【インタビュー】寺坂頼我(祭nine.)「撮影中は「賢ちゃん」って呼ばせていただいた」 先輩・平松賢人ら共演者と届ける様々な愛の形!
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2020.01.31

【インタビュー】寺坂頼我(祭nine.)「撮影中は「賢ちゃん」って呼ばせていただいた」 先輩・平松賢人ら共演者と届ける様々な愛の形!

祭nine.のリーダー・寺坂頼我が、2月14日から公開される映画『バイバイ、ヴァンプ!』に主人公・小日向京平で出演。恋、笑い、感動、お色気、アクションなど、様々な要素が詰まった本作は、噛まれると同性愛者になってしまうというヴァンパイアに立ち向かう高校生たちの姿を描いた青春ホラー作品。初の壁ドンから、先輩であるBOYS AND MEN・平松賢人との共演までを語ってもらいました。

文/坂本ゆかり

【寺坂頼我(祭nine.) 読者プレゼント企画開催】
1月31日〜2月2日に掲載されるインタビュー&ランキング記事にキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、2月2日掲載のプレゼント企画記事をチェック!

ゴリのアドリブに驚き!?印象に残った銭湯シーンでのエピソード

――ヴァンパイアと戦う高校生・小日向京平という役を演じる上で意識したことは?
寺坂 物語の最初と最後では、京平の内面がグッと成長しています。だから最初は普通の学生として、そして自分の宿命を知っていく中で強くなっていく……という変化を意識したので、そこを観てほしいです。
――印象に残っているシーンはどこでしょう。
寺坂 仲良し5人組で銭湯に行ったシーンは、楽しかったですね。タオル1枚なので、結構カメラ位置を気にしないといけなくて(笑)。そんな中で、強烈だったのが先生役のゴリ(ガレッジセール)さんが、僕らの体を洗ってくれるというシーン。胸毛で洗ってくれるんですけれど、あれ、アドリブなんですよ(笑)。
――そうなんですか!じゃあ、素のリアクションだったんですね(笑)。
寺坂 みんな、めっちゃ笑いながら撮影をしていました。そのシーンもですけれど、同性愛を明るく肯定しているシーンがたくさんあります。この作品を観て、少しでもジェンダーに対する考え方が変わるといいなと思っています。
――プレッシャーを感じたシーンは?
寺坂 京平とお父さん(川平慈英)の父子関係が鍵になっているのですが、クライマックスのあるシーンは、入り込んで演じました。そこは一切、笑いはナシで(笑)。そのときは、カメラが回っていない瞬間も集中して、「やり切った」と言えるシーンになりました。
――同じ高校の仲良しグループのメンバーとして、BOYS AND MEN・平松賢人さんと共演をされましたが。
寺坂 いやー、ガチガチでした(笑)。事務所の方から「平松さんと映画に出るよ」と言われて喜んでいたら、「頼我が主演だよ」って聞いて、「えー!平松さんがいるのに?」ってなって。緊張はしていたのですが、平松さんが「先輩として接しなくていいから。撮影中はタメ口でいいよ」と言ってくださったんです。それで僕は、「賢ちゃん」って呼ばせていただいて(笑)。先輩にサポートしていただき、その器の大きさを感じながら、のびのびやらせていただきました。でも途中から敬語になっちゃったんですよ、やっぱり抜けなかった(笑)。
――同じく仲良しグループのとまんさんの女装が、めちゃめちゃかわいかったですよね。ドキドキしなかったですか?
寺坂 正直ちょっとドキッとしました(笑)。言い寄られるシーンで、普通にキレイだなって思ったり。周りからも好評だったし、とまんさんもまんざらでもない感じで(笑)。共演者のみなさんがお兄さんたちばかりなので、撮影期間中は僕が結構いじられていました。作中で吾郎(とまん)に振り回されて、裏でもとまんさんに振り回されて(笑)。
――どんないじりが?
寺坂 僕だけひとり部屋だったんです。みんなで仲良くトランプをしていたら、とまんさんが「頼我はひとり部屋だよね、俺らと違うじゃん」って精神的なプレッシャーをかけてきて、それにみんなも同調して。いじられすぎてトランプに集中できませんでした(笑)。

意外と鈍感キャラ!?もしも女性にアプローチされたらを直撃!

――そんなとまんさんと工藤美桜さんとは、壁ドンシーンがありましたね。
寺坂 マンガや映画でしか観たことのない、あの壁ドンですよ!自分がやってみると、“やられる側はキュンってするのかな?”って考えちゃいましたよね。腕の位置をどこに置けばいいか悩んだりして、緊張しました。美貴ちゃん(工藤美桜)への壁ドンは、京平としても緊張するシーンだったけど、僕も緊張。壁ドン初体験だったので、“壁ドン、レベル高い!”って思いながら演じていました(笑)。
――京平と美貴ちゃんの恋が上手くいくのかも、物語の見どころでしたよね。
寺坂 監督の指示で、美貴ちゃんはちょっと小悪魔的な感じだったので、京平は翻弄されていましたよね。ファミレスのシーンとか。
――頼我くん自身は翻弄されるタイプ?
寺坂 翻弄もなんも、僕は多分何も気付かないタイプなんですよ。仕掛けられてもダメですね。人見知りな部分もあるので、好きな人と話すときは頭が回らないんです。でも、どうなっちゃうんだろう?実際にその場になってみないとわからないですね。
――主演としてのプレッシャーはありましたか?
寺坂 責任は感じていました。誰よりも周りに気を配ろうと思ったし、渡辺裕之さんを筆頭にベテランの先輩方も多いので、足を引っ張らないように……というのは常に思っていて。とにかくまず、挨拶は大きい声でするようにしていました。先輩方も場を温めてくださって、すごくサポートしてくださって、ありがたかったです。
――では、そんな本作はどのように楽しむのがオススメでしょうか?
寺坂 この映画のテーマは、愛!愛の形はそれぞれで、愛の重要性もそれぞれです。そのことを伝えるために、イントネーションひとつにも気を配って演じたので、五感をフルに使って観てほしい。あと細かな小ボケがいっぱいあるので、それをツッコみながら観るのもおもしろいと思います。細かいところにまで監督のこだわりが詰まっていますので、観て笑って、元気になってほしいですね!

【読者プレゼント企画のキーワードはこちら!】
1文字目→「壁」



【作品情報】
映画『バイバイ、ヴァンプ!』
2020年2月14日(金)公開

出演:寺坂頼我(祭nine.) 高野海琉 マーシュ彩 工藤美桜 美月音寧 平松賢人(BOYS AND MEN) 橋本祥平 瀬戸啓太 とまん 私市夢太 澤山瑠奈 なべおさみ 川平滋英 SIZUKU ゴリ(ガレッジセール) 渡辺裕之

監督・編集:植田尚
原案・脚本:中村啓 植田尚
配給:ロハスプロダクションズ
©︎2019『バイバイ、ヴァンプ』製作委員会

<STORY>
中世のルーマニアから永遠の命で密かに人間と共存し生きながらえている美貌のヴァンプたち。何百年の時を経た今、新しいヴァンパイア王国建設の場所に選ばれたのはルーマニアではなく、日本の茨城県にある学園、私立野薔薇高校だった。この高校に通う2年生の小日向京平(寺坂頼我)は、同級生の宮田知基(平松賢人)、田中亮一(橋本祥平)、小倉勇気(瀬戸啓太)、館野吾郎(とまん)、荻野七生(私市夢太)と毎日仲良く過ごしていた。ある日のこと、京平の小学校からの親友である吾郎が何やら怪しい人影に襲われてから状況は一変する。翌日、女好きの吾郎が、突然女装した同性愛者となってしまい、クラス中で大騒ぎになってしまう。巷では「この町にヴァンパイアが出現している」と噂されている中、京平たちは、吾郎を噛んだのがヴァンパイアで、ヴァンパイアに噛まれると同性愛になってしまうのではないか?と考え始める。そんな中、ハーフっぽい顔立ちのイケメンで、文武両道の海外育ちのエリート、黒森大牙(高野海琉)、妹の黒森夜弥(マーシュ彩)が転校してきた…。

オフィシャルサイト:https://www.byebyevamp.com



あなたへオススメの記事


RECOMMEND

メンバーとラクダに乗りたい!祭nine.・寺坂頼我の遊びに行ってみたい都道府県BEST3

祭nine.のリーダー・寺坂頼我が、2月14日から公開される映画『バイバイ、ヴァンプ!』に主人公・小日向京平で出演。恋、笑い、感動、お色気、アクションなど、様々な要素が詰まった本作は、噛まれると同性愛者になってしまうというヴァンパイアに立ち向かう高校生たちの姿 . . . 続きを読む

泣いていた父親の気持ちに共感!祭nine.・寺坂頼我が最近ハマっているマンガBEST3

祭nine.のリーダー・寺坂頼我が、2月14日から公開される映画『バイバイ、ヴァンプ!』に主人公・小日向京平で出演。恋、笑い、感動、お色気、アクションなど、様々な要素が詰まった本作は、噛まれると同性愛者になってしまうというヴァンパイアに立ち向かう高校生たちの姿 . . . 続きを読む

砂漠の旅で仲を深めたい♡祭nine.・寺坂頼我が飼ってみたい動物BEST3

祭nine.のリーダー・寺坂頼我が、2月14日から公開される映画『バイバイ、ヴァンプ!』に主人公・小日向京平で出演。恋、笑い、感動、お色気、アクションなど、様々な要素が詰まった本作は、噛まれると同性愛者になってしまうというヴァンパイアに立ち向かう高校生たちの姿 . . . 続きを読む

カラメルは焦げよりも甘いのが好み!祭nine.・寺坂頼我が女性に作って欲しい手料理BEST3

祭nine.のリーダー・寺坂頼我が、2月14日から公開される映画『バイバイ、ヴァンプ!』に主人公・小日向京平で出演。恋、笑い、感動、お色気、アクションなど、様々な要素が詰まった本作は、噛まれると同性愛者になってしまうというヴァンパイアに立ち向かう高校生たちの姿 . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense