• ミュージック
  • 【ライヴレポ・“JAPAN NIGHT”1日目】最後の国立に響き続けた 日本が誇る9アーティストの名曲たち
CONTENTS
Home
  • ニュース
  • 2014.05.29

【ライヴレポ・“JAPAN NIGHT”1日目】最後の国立に響き続けた 日本が誇る9アーティストの名曲たち

2014年5月31日に56年の歴史に幕を閉じる国立競技場。その最後を飾る音楽イベントとして、5月28日から2日間にわたって『SAYONARA国立競技場 FINAL WEEEK JAPAN NIGHT』が開催された。その1日目となった5月28日は、「Yell for Japan」をコンセプトにオリンピック、サッカー日本代表など様々な形で日本にエールを送ってきたアーティスト組が国立に集結。この日、音楽監督をつとめた亀田誠治率いるYell for Japan special bandの音にのせて、誰もが知っているヒットチューンを次々と披露。この日集まった5万人のオーディエンスの熱気とともに、国立にみんなで最後のエールを送った。

オープニング。スクリーンに国立競技場で開催されたスポーツの歴史を巡る映像が次々と映し出され、その後にカウントダウンが始まり、聖火台に炎が点灯。その直後「どうもー。スキマスイッチです。『JAPAN NIGHT』へようこそ!」といって大橋卓弥が元気にステージに飛び出し、常田真太郎が弾く軽快なピアノのイントロだけで大観衆をわかせ、スキマスイッチがいきなり登場。聴こえてきた歌は「全力少年」。無数の赤い風船が空に舞い上がるなか、大橋が国立の舞台の名物でもある左右に長く伸びたランウェイを走り、「国立〜」とシャウトしながら全力で歌を届けていった。

「ともに歌いましょう!」といって次に登場したのはファンキー加藤。「あとひとつ」が始まると、観客みんながサビを大合唱しながら夕暮れが始まった空に人差し指を突き上げる。「僕はずっと応援歌ばかり歌ってきたんでエールを送るのは得意なんです。今日は希望を込めてエールを送らせて頂きます」といって続けて新曲「輝け」を歌う。ここでは、会場入口で観客に配布されたライトスティックが一斉に輝き出し、客席を沸かせた。

続いて現れたのは“お祭り男”ことナオト・インティライミ。「Brave」からさっそく手拍子で場内にご機嫌なグルーヴを作り上げる。トレードマークの帽子はサッカー日本代表カラーのサムライブルー。サッカーでは国立のピッチは経験済み、だがステージはこの日が初。「みんな元気?一番後ろのまで見えてるよ。ほらそこの白いTシャツ。一人ぐらいいるだろ(笑)」と客席を楽しいトークでなごませた後は、ピースフルなお祭りチューン「The World is Ours!」へとなだれ込み、絶妙なコール&レスポンスで観客を見事にひとつにした。

この後、観客をさらに笑顔にしていったのが岸谷香。現在はソロ活動中の彼女が、この日は「愛を込めて歌います」といってプリンセスプリンセスの大ヒット曲「Diamond」をプレゼント。観客はそんなサプライズに大喜び。サビのコーラスはオーディエンスみんなが歌いながら幸せな笑顔を浮かべる場面。その笑顔を見届け、国立のステージからキスを投げ、彼女はステージを後にした。

村上てつやが「56年間の“聖地”国立競技場の歴史にありがとう〜」とアカペラでソウルフルに歌い出したと思ったら、その声が「愛してるって最近〜」とあのフレーズを奏でだし、客席が一瞬沸いたあと静まり返る。始まったのはゴスペラーズの「ひとり」。これで客席をうっとりさせた後は「永遠に」でさらにだめ押し。黒沢薫のハイトーンの美声で酔わせておいて後半は5人が一斉にフェイク。解き放たれた5色の声が最後、主旋律で一つに結ばれる場面は圧巻。歌の表現力で観客を魅了した。

次に登場したのは、ゆず。ピアノが「栄光の架け橋」のイントロを弾き始めた。誰もがスポーツの聖地でこの曲を聴きたかったのだろう。客席からはもの凄い大歓声が沸き上がる。エンディングはド迫力のストリングス、客席のコーラスも加わって、国立ならではのスケール感でこの曲を届けた。「もう1曲やっていいですか?」という北川悠仁のMCに続いて、この日は「イチ、ニ、サン、国立!」にコールを変え、岩沢厚治の歌い出しから「夏色」へ。鮮やかな花火、観客のライトもゆず色に染まり「もう1回!」のコールにも笑顔で応え、彼らはステージを去った。

次にギターを手に姿を現したのは斉藤和義。観客のペンライトが真っ赤に染まり、ギターが「やさしくなりたい」のイントロを弾くと、国立はいっきにロックなムードに包まれる。
「すごい人ですね。その持ってる棒は、どうして同じ色になるの?」と歌ってる姿からは想像できない彼のふにゃりとしたしゃべり口調に客席から笑いが起こる。そんな彼がアコギをエレキに持ち替え、「歩いて帰ろう」を歌い出すと再び豹変。間奏ではバンドのギタリスト2人と熱いギターバトルを展開し、この日もっともパッション溢れるロックなパフォーマンスを繰り広げた。

「ペンライトはサッカー日本代表の青でお願いします」というGAKU-MCのオーダーに従い、場内がサムライブルーに染まると、桜井和寿の声がアカペラで国立に響き渡り、日本サッカー協会公認の日本代表応援ソング「勝利の微笑みを 君と」でウカスカジーが登場。アリーナ席には8つのサッカーボール風バルーンが登場。曲を歌い終えると、2人は勢いよくサッカーボールをアリーナ席に向けてキック。「新人ユニット、ウカスカジーです」とGAKU-MC。「まだ発表されてない曲をやります」といって桜井が、観客に歌ってほしいコーラスパートをレクチャーした後、今後発売されるアルバムの収録曲「mi-chi」を一足先に披露。観客がくれた大きな歌声に応えて、最後、2人は全速力でランウェイを駆け抜けていった。

そして、この日のトリを飾ったのは、いきものがかり。「みなさんこんばんは」。真っ赤なワンピースを着た吉岡聖恵が丁寧な挨拶をした後、歌い出したのは大ヒット曲「ありがとう」。山下穂尊がアコギでリズムを刻むなか、心が浄化されていくようなピュアさを持った吉岡の澄んだ声が夜空いっぱいに広がる。水野良樹がエレキで奏でるフレーズが、吉岡の歌に彩りを与えていく。「もう1曲歌わせて下さい」と伝えた吉岡のアカペラから始まったのは「風が吹いている」。この日はまるでいまと未来の国立をつなぐ歌になり、エンディングにはこの日の出演者が「ラララ〜」の大合唱でひとつにつながっていった。曲が終わると、ステージ後方に華やかな花火が打ち上げられ、1日目のライヴは幕を閉じた。

文/東條祥恵

RECOMMEND
CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense