• エンタメ
  • 【インタビュー】多和田任益 「「最高だな!」ってお互いに思わず言っています」 楽しい仲間たちと創る『天才てれびくん』の世界!
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2020.01.22

【インタビュー】多和田任益 「「最高だな!」ってお互いに思わず言っています」 楽しい仲間たちと創る『天才てれびくん』の世界!

梅棒 EXTRAシリーズ『ウチの親父が最強』での好演も光った多和田任益。1月に東京で、2月に大阪で上演される舞台『天才てれびくん the STAGE ~てれび戦士REBORN~』に、てれび戦士たちを追い詰める悪役刑事役で出演する。一面的な“悪”ではなく、人間味も感じさせるキャラクターを表現していくこと、ほぼ初対面にして本読み段階からの和気あいあいとした現場の雰囲気などを語る彼は、演じる楽しさをますます見出しているようだ。

文/杉江優花

【前田公輝&多和田任益 読者プレゼント企画開催】
1月21日〜24日に掲載されるインタビュー&ランキング記事にキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、24日掲載のプレゼント企画記事をチェック!

テンポ感が心地良い!ほぼ初対面の共演者の中で初めて得た感覚とは?

――『天才てれびくん the STAGE ~てれび戦士REBORN~』への出演が決定して、Twitterにも喜びの声を上げていましたが、『天才てれびくん』(NHK Eテレ)は多和田さんも子どもの頃に観ていた番組なのでしょうか。
多和田 そうなんですよ、小学生の頃、学校から帰ってくると当たり前のように観ていた番組で。舞台化に際して声を掛けていただいたというのは、本当に嬉しかったです。“てれび戦士”ではなかった自分でいいのかな、間違いじゃないかなって思うくらいびっくりもしたし、共演する(長江)崚行にも、最初に「なんでいるの!?」って驚かれましたけど(笑)。スーパー戦隊シリーズ然り、自分が観ていた作品、記憶に残る作品に役者として関われるというのは、夢があるなとも思います。
――本当ですね。なお、多和田さんが演じるのは、“楽しいこと”を奪おうとするテレビゾンビ党の幹部のひとりである悪役刑事。憎めない面もあり、実は哀しい過去を持っていたりもするキャラクターですが、演じる上で大事にしていることは?
多和田 おっしゃったように、僕や(高野)洸くん、松村(優)くんが演じるテレビゾンビ党の幹部は、根っからの悪ではなくて。悪役刑事の切なくて悔しい過去には役者としてすごく気持ちが重なったりもするし、ちゃんと人間味を出せるように演じようということは心掛けています。てれび戦士の前田公輝くん、崚行、鎮西寿々歌ちゃん、ド・ランクザン望くんと対峙するときには、悪役らしい“圧”をしっかり感じさせつつ、コメディタッチな場面では、お互い笑いそうになってしまったりする(笑)っていう振り幅も大事にしながら、緩急ある舞台にしていけそうです。
――稽古をしながら、得るものも多いですか。
多和田 いつものことながら、得るものはたくさんありますね。それに、どう役作りをするかをひとりで考えていたときは迷いみたいなものがあったものの、最初に顔合わせをして本読みをしたときに、自分の立ち位置が自然と定まったんですよ。そういう感覚になれたのは自分にとって初めてのことだったし、すごく楽しくて。てれび戦士だった4人、公輝くん、崚行、寿々歌ちゃん、望くんだからこそ生み出せるテンポ感も、心地良いんですよ。僕からすると、崚行以外は初めましての方たちなんですけど、稽古中、「なんじゃそりゃ!(笑)」とか「最高だな!」ってお互いに思わず言ってしまったりしますから(笑)。

台本を読んで笑っちゃう!?親友・長江崚行との稽古中のエピソードに迫る!

――なんて楽しげな雰囲気(笑)。
多和田 たくさんの子供たちに愛されてきた『天才てれびくん』ならではの空気感でもあるんだろうなと思います。悪役刑事と一緒に行動するシーンもある(横山)だいすけお兄さんも、印象通りすごく明るくてコミカルな方で。世の中のお母さんやちびっ子たちと同じく、僕もすっかり心を掴まれちゃいました(笑)。洸くんと松村くんとは現時点(12月末)でまだあまり一緒に稽古ができていないんですけど、ふたりが加わったときに、“これくらいやるんだぞ!”っていう悪役としての気概を僕がちゃんと見せられるようになっておきたい(笑)。てれび戦士たちをかき乱しつつ3人それぞれの色味をどう出していけるか、めちゃめちゃワクワクしています。
――それから、仲良しの長江さんとの対決シーンもありますね。
多和田 台本を読んでふたりのやりとりに笑っちゃいましたけどね(笑)。舞台『文豪ストレイドッグス』で共演しているということもあって、最初の立ち稽古からテンポ感が出せている気がします。ふたりであくまで真面目に取り組んで、お客さんに笑っていただけたら幸いです。
――ちなみに、悪役刑事にまつわる印象的なセリフ“演じることの楽しさ”、ご自身が感じるのはどんなときなのでしょうか。
多和田 多くの方に観ていただける映像作品はもちろん、舞台稽古をしていて演じる楽しさを感じることもあるんですけど……一番実感できるのは、やっぱり実際にお客さんを前に舞台でお芝居をしているときですかね。舞台はお客さんがいないと成立しないものだし、同じ作品、同じシーンでもその日によって全然違う空気になったりするんですよ。そういう“生もの感”はすごくいい緊張感を生むし、客席から届くみなさんの想いや熱量をダイレクトに感じられるのが舞台の醍醐味。この作品でも、このために役者をやっているんだっていう気持ちになる瞬間がきっとあると思います。

【読者プレゼント企画のキーワードはこちら!】
2文字目→「身」



【作品情報】
舞台『天才てれびくん the STAGE ~てれび戦士REBORN~』
■東京公演
場所:ヒューリックホール東京
公演期間:2020年1月23日(木)〜26日(日)
■大阪公演
場所:COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール
公演期間:2020年2月1日(土)〜2月2日(日)

出演:前田公輝 長江崚行 鎮西寿々歌 ド・ランクザン望 飯田里穂(声の出演)
高野 洸 多和田任益 松村 優
麿 赤兒(特別出演)
横山だいすけ
篠ヶ谷美穂 山崎 鈴 大岩剣也 白崎誠也 寒川祥吾 久田悠貴
脚本:小林雄次
演出:井上テテ

<STORY>
てれび戦士――それは「楽しいこと」を届ける選ばれし子どもたち。彼らの歌声は全宇宙の人々を魅了していた。しかし、「楽しいこと」を奪おうとするテレゾンビ党が地球に襲来し、てれび戦士たちは敗北。全宇宙が「つまらないこと」に支配されてしまった!てれび戦士たちはテレゾンビ党に記憶を奪われ、やがて大人になった。すべてを失って……。だが、希望は失われてはいなかった。彼らが謎のリモコンを手にしたとき、てれび戦士としての記憶が蘇る!『天才てれびくん』を復活させ、楽しいテレビを取り戻せ!大人になったてれび戦士たち!

オフィシャルサイト:https://www.tvkun-stage.com



あなたへオススメの記事


RECOMMEND

【インタビュー】前田公輝 「もう一度『天才てれびくん』の景色を見たかった」 自身のルーツとなった作品に関われる喜び!

梅棒 EXTRAシリーズ『ウチの親父が最強』での好演も光った多和田任益。1月に東京で、2月に大阪で上演される舞台『天才てれびくん the STAGE ~てれび戦士REBORN~』に、てれび戦士たちを追い詰める悪役刑事役で出演する。一面的な“悪”ではなく、人間味 . . . 続きを読む

エグい異能にギャップ萌え♡多和田任益の『文豪ストレイドッグス』で好きなキャラクターBEST3

梅棒 EXTRAシリーズ『ウチの親父が最強』での好演も光った多和田任益。1月に東京で、2月に大阪で上演される舞台『天才てれびくん the STAGE ~てれび戦士REBORN~』に、てれび戦士たちを追い詰める悪役刑事役で出演する。一面的な“悪”ではなく、人間味 . . . 続きを読む

君沢ユウキにそっくり!?植田圭輔の『文豪ストレイドッグス』で好きなキャラクターBEST3

梅棒 EXTRAシリーズ『ウチの親父が最強』での好演も光った多和田任益。1月に東京で、2月に大阪で上演される舞台『天才てれびくん the STAGE ~てれび戦士REBORN~』に、てれび戦士たちを追い詰める悪役刑事役で出演する。一面的な“悪”ではなく、人間味 . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense