• ミュージック
  • 【インタビュー】Natural Lag「いつの日か、逃げたことさえも正解になる」 花村想太が裸の言葉と歌で投げかけるバンドプロジェクト!
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2020.01.22

【インタビュー】Natural Lag「いつの日か、逃げたことさえも正解になる」 花村想太が裸の言葉と歌で投げかけるバンドプロジェクト!

5人組ダンス&ボーカルグループ・Da-iCEのボーカルである花村想太が、バンドプロジェクト・Natural Lagを始動。1月22日にリリースした1stミニアルバム『ナチュラルストーリー』は、全曲の作詞&作曲を花村が担当する意欲作で、コンポーザーとしての才能開花も存分に感じさせる仕上がりだ。構想約2年、満を持してスタートさせたバンド活動の醍醐味、曲それぞれに込めた想いを語る彼の言葉にも、心動かす熱量が宿っている。

文/杉江優花

【Natural Lag 読者プレゼント企画開催】
1月22日〜24日に掲載されるインタビュー&ランキング記事にキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、24日掲載のプレゼント企画記事をチェック!

自分で泣きそうになった!「愛と恋」制作時のエピソードを振り返る

――バンドを立ち上げ、1stミニアルバム『ナチュラルストーリー』全曲の作詞・作曲も手掛けるという新たな挑戦の中で、どんな手応え、楽しみを感じているのでしょうか。
花村 グループ活動ではトラックがありきでそこにメロディを付けてきたわけですけど、Natural Lagでは自分でキーボードを弾きながら、本当にゼロから組み立てていって。自分で作った時点で最強やな!って思う曲が、編曲家さんに渡したあと、よりドラマティックに変わっていくっていうその過程がとてもワクワクするし、嬉しいんですよ。
――ライヴでオーディエンスのクラップが巻き起こりそうな「ファイティング・ソング」なんかは、編曲の名義が“Natural Lag”になっていますが……。
花村 そうなんです、スタジオに入ってバンドメンバーと一緒にディスカッションしながらアレンジしていって。メンバーはスタッフさんが各方面から探してきてくださったスゴ腕の方たちなんですけど、これがバンドなんだよなって肌で感じられる時間はすごく楽しかったです。ここから、バンドとしての一体感もどんどん出てくるだろうなっていう期待感もあります。
――にしても、『ナチュラルストーリー』に収録されている5曲、曲調も歌詞もそれぞれの色や伝わるものがあって、歌う人としてだけではなく、コンポーザーとしてもこんなにも引き出しがあったのか!と驚かされております。
花村 うわ、その言葉は嬉しい、ありがとうございます!これまで吸収してきたものも活かせているだろうし……ダンス&ボーカルグループの想太ではなく、バンドの想太として歌詞を書くことで、自然といろいろな引き出しを開けることができたんじゃないかなという気はします。
――リード曲の「蜃気楼」では、相手の“理想外”だとしても一途に想う、揺るがない恋心が描かれている一方、頑張る君と僕のための応援歌である「ファイティング・ソング」にはリアル友だちなのかな?と思う人名が出てきたりとか。
花村 そう、純平と永井(笑)。遊び心を交えてちょっと脚色していたりはするんですけど、めちゃめちゃ身近なことを自分の言葉で書いてみました。
――かと思うと、美しいバラード「愛と恋」は女性目線で歌詞が書かれていて、<愛さないで>というラストのフレーズは衝撃的です。
花村 女性目線で歌詞を書くという挑戦をしたくて。地方のホテルにいたとき、メロディと歌詞が一緒に降りてきたんですよ。2番の歌詞なんかは、自分で書きながら泣きそうになったし、歌いながら傷つきました。実際にこんなに苦しんだり、寂しい想いをしたことはないんですけどね(笑)。
――そういう歌詞を書いたことで、自身の考えや感じ方に何かしらの変化もあったりするのでしょうか。
花村 愛と恋って近く感じるものだけど、「愛してほしい」と「恋してほしい」ではやっぱり重みが違うんだよなぁっていうことを改めて考えちゃいますよね。あと、<使い古したセリフも あなたなら輝きを増してく>も、やっぱりそうだよなって。「この炭酸水好き」と「ランキングBOX好き」では、後者のほうが熱がこもりますから(笑)。

すごくポジティブになれる!花村が一番落ち込んだときの解消法とは?

――お気遣いありがとうございます(笑)。それから、「無愛想なベル」には想太さんが夢へ向かって歩もうと決意したときのことが描かれ、「Trust Me」には失敗を恐れずに歩んでいくという強い決意が満ちているなと。
花村 まさにですね。「無愛想なベル」の主人公は、無一文からスタートした自分に限りなく近いですから。その初心を忘れたくないし、これから上京する人、夢に向かって新しい土地で頑張る人の背中を押せたらいいなと思いながら歌詞を書きました。あまりにも自分に寄りすぎているだけに、Natural Lagの想太にしか表現できないものなのかなという想いもあります。そして、「Trust Me」の歌詞は、もう自分のことでしかない。
――<挫折は現実の付属品で 失敗なんて栄光への過程><理由なんて作ればいいのさ僕と><世界は君を中心で回ってるんだ だから「今」を生きろ><忘れないで過去を変える事が出来ないのなら たった1秒死ぬ気で変えた過去で埋めろ>など、目の覚めるような言葉がたくさんで、想太さんの人生哲学を感じます。
花村 ですね、うん。ゼロから頑張ろうぜ!みたいな歌詞を最初は書こうとしていたんですけど。1時間半くらい無心で書いて、気付いたらこの歌詞になっていました。一番悩んで一番落ち込んだときは、自分を中心に世界は回っている!と思うようにしていて。そうすると、すごくポジティブになれるんですよ。それに、一度失敗したって、何度も挑んで成功すれば、それは失敗ではないわけで。いつの日か、逃げたことさえも正解になるかもしれないですからね。とにかく生きてほしい、そういう泥臭いメッセージを込めたかったんです。
――バンドならではの疾走感あるロックサウンド、熱量高い想太さんの歌声も相まって、グっときてしまいます。
花村 レッスン生時代、「お前の声はロック向きだよ」と言われていたものの、「俺はR&Bや!」って全然認めていなかったんですけどね(笑)。ロックな歌、自分を解き放って歌えました。ライヴでも熱く届けたいなって思います。
――ちなみに、Da-iCEのメンバーはNatural Lagの音源、もう聴いたのですか?
花村 いや、みんなに「送ってよ」とは言ってもらっているんですけど、まだなんですよ。全曲揃って、ちゃんとミックスダウンが終わったら聴いてもらおうと思います。Da-iCEでは歌えない歌詞、言葉も多いから、メンバーにも僕の新しい一面を知ってもらえるんじゃないかな。
――どんな反応をもらえるか、楽しみですね。今後は、Natural Lagとしてどんな活動をしていきたいと考えているのでしょうか。
花村 場数を踏んでどんどんロック感を出していきたいし、とにかくライヴをたくさんやってみたいですね。ゼロから作品を生み出せたわけだし、MCにしてももっともっと裸の言葉を投げかけて、それがみんなの生きる糧になったらいいなと思っています!

【読者プレゼント企画のキーワードはこちら!】
1文字目→「愛」




あなたへオススメの記事


RECOMMEND

【ライヴレポ】Da-iCE、初の代々木第一体育館公演開催!「渋谷の小さな会場から一番大きな会場まで、みなさんと一緒に歩んでこれて本当に幸せ」

5人組ダンス&ボーカルグループ・Da-iCEのボーカルである花村想太が、バンドプロジェクト・Natural Lagを始動。1月22日にリリースした1stミニアルバム『ナチュラルストーリー』は、全曲の作詞&作曲を花村が担当する意欲作で、コンポーザーとしての才能開 . . . 続きを読む

いつかクリスマスイベントを開催したい!Da-iCE・花村想太が歌いたいクリスマスソングBEST3

5人組ダンス&ボーカルグループ・Da-iCEのボーカルである花村想太が、バンドプロジェクト・Natural Lagを始動。1月22日にリリースした1stミニアルバム『ナチュラルストーリー』は、全曲の作詞&作曲を花村が担当する意欲作で、コンポーザーとしての才能開 . . . 続きを読む

なんでも言い合える人がいい♡Da-iCE・和田颯が恋人にしたいアニメキャラクターBEST3

5人組ダンス&ボーカルグループ・Da-iCEのボーカルである花村想太が、バンドプロジェクト・Natural Lagを始動。1月22日にリリースした1stミニアルバム『ナチュラルストーリー』は、全曲の作詞&作曲を花村が担当する意欲作で、コンポーザーとしての才能開 . . . 続きを読む

甘味のある最高の逸品をゲット! Da-iCE・大野雄大が最近釣った魚のおいしい食べ方BEST3

5人組ダンス&ボーカルグループ・Da-iCEのボーカルである花村想太が、バンドプロジェクト・Natural Lagを始動。1月22日にリリースした1stミニアルバム『ナチュラルストーリー』は、全曲の作詞&作曲を花村が担当する意欲作で、コンポーザーとしての才能開 . . . 続きを読む

かわいさとカッコよさのギャップが絶妙!Da-iCE・工藤大輝が最近気になるアイドルBEST3

5人組ダンス&ボーカルグループ・Da-iCEのボーカルである花村想太が、バンドプロジェクト・Natural Lagを始動。1月22日にリリースした1stミニアルバム『ナチュラルストーリー』は、全曲の作詞&作曲を花村が担当する意欲作で、コンポーザーとしての才能開 . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense