• ミュージック
  • 【インタビュー】Lenny code fiction「『炎炎ノ消防隊』と「脳内」がいい形で交わった」 イメージを覆す新曲でバンドの新たな幕が開く!
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2019.12.11

【インタビュー】Lenny code fiction「『炎炎ノ消防隊』と「脳内」がいい形で交わった」 イメージを覆す新曲でバンドの新たな幕が開く!

12月11日にリリースとなるLenny code fictionのニューシングル「脳内」、まずもってタイトルのインパクトが尋常じゃないが、ひとたび聴けばロックに振り切ったダークなバンドアンサンブルにたちまち耳を奪われてしまう。そしてバンドの意志をさらけ出した歌の一語一句にも。果たしてこの突き抜けた強さの理由、彼らの辿り着いた境地とは?間違いなくバンドの第二章開幕を予感させる今作について4人の言葉を届けよう。

文/本間夕子

Lenny code fiction 読者プレゼント企画開催】
12月11日〜15日に掲載されるインタビュー&ランキング記事にキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、15日掲載のプレゼント企画記事をチェック!

みんなを誘導していた!?リリースに向け1年を通して行ったこととは?

——約1年ぶりのリリース、この1年間はどのように過ごされていたんですか。
 実は「脳内」のリリースは、今年の序盤にもう決まっていたんですよ。なので、この曲が出るときにどんなバンドになっていたいか、バンドとしていかに「脳内」とリンクするイメージを作っていくかという作業を1年間ずっとしていました。ライヴをやりながら、写真や動画、SNSといったところまで、全てが「脳内」で答え合わせできるように道筋を作っていたというか。
——具体的にはどんなバンドになりたいと?
 昨年末に1stアルバム『Montage』を出したんですけど、その中でも攻めたダーク系の曲が思った以上にツアーで受け入れてもらえて、そういうダークさや妖しさみたいな部分が垣間見えるのもバンドに合うんじゃないかと思って。だったらその部分をもっと洗練させて出していこうと。煌びやかで明るくて壮大というより、しっかり芯の通ったロックの中に俺らならではのダークさがあるものをってチーム内でちゃんと言葉で共有しながら、写真やフライヤーのデザインにも落とし込みつつ、どんどん伏線を張って、「脳内」のリリースで答え合わせをしようっていう。
——SNSのこの写真はこういうことだったんだ、みたいな。
 そう。これまでのイメージのまま行くと、聴いてくれる人たちが「脳内」を受け入れるのに心構えが必要になると思ったんですよ。きっと“変わったな”とかも言われるだろうし。でも、僕らが提示したいのはそうじゃない。“こういう面もある”って徐々に気付いていってもらうことで、いざ「脳内」がリリースされたときに超しっくりきてほしいんです。サウンドや展開に結構クセがある曲だけど「めっちゃレニーっぽい」と言ってもらえるようにいかに上手くみんなを誘導できるか考えながら、1年を通して……。
——ちょっとずつ毒を盛って慣らしていったわけですね(笑)。
一同 ははははは!
——ちなみに「脳内」は、アニメ『炎炎ノ消防隊』(MBS・TBS系)のエンディングテーマのために書き下ろされた曲ですか。
 いや、去年『Montage』を制作していたタイミングから作っていた曲で。リリースとタイアップが決まってから、じっくりと時間をかけてアレンジを進めていったんです。
ソラ この曲を作っていたときは、もうレニーが目指すロックの形しか考えていなかったんですよ。そこにダークファンタジーである『炎炎ノ消防隊』のお話をいただいたんですけど、すごくリンクするものを感じて。だから特にアニメの世界観を意識しなくても今の自分たちをそのまま出せば合うだろうなと。本当にアニメと「脳内」がいい形で交わったというか、そもそも「脳内」がシングル表題曲になる奇跡というか(笑)。
——奇跡?
ソラ だってフルで聴いたら、これがアニメのエンディングテーマとは思えないような展開をしていますからね(笑)。
——確かに1曲の中でのこの展開の多さは、ちょっとニヤニヤしちゃいますよね。純粋に楽しそうですし、みなさん、いろんな技を繰り出していて。
ソラ とにかく曲にアイデンティティを持たせたかったんですよ。最近は印象に残るフレーズをいくつ付けられるかっていうことを特に意識していて、この曲でも大まかに分けて4つくらいは詰め込めたんじゃないかな。
KANDAI ドラムは静と動を意識していました。静かでシンプルなところと、激しく手数が多いところのメリハリをつけて。基本kazuとソラが暴れてくれているので、僕は要所要所でフックを効かせられればって。
kazu 僕、シングルの表題曲で初めて5弦ベースを使ったんですよ。4弦でも完結できるんですけど、今回はシンセもできるだけなくして、ほぼほぼ生の4人のサウンドだけで攻めたいという想いがあったので、ベースとしては普段よりも重い低音でこの曲を支えたいなって。僕の中で5弦は攻めなんです(笑)。

全国で見せつけたい!ツアータイトルに込めた想いをソラが語る

——攻めといえば、歌詞からも誰にも邪魔させない、何があっても自分を貫くんだというバンドの強い意志を感じます。
 レニーに対して世間的にはまだまだロックバンドであるとか、熱いライヴをやっているイメージがないっていう意見も耳にするんですよ。そういうものを払拭する曲、この1曲で世間のイメージを覆せるようなものにしたいと思って、歌詞を書き始めたので。
——すごく細かい話ですが、1番では<悪魔>、2番では<AKUMA>と表記を替えているのはなぜ?
 1番は、押し付けられる外部の意見が自分にとっての“悪魔”で、2番は、自分が自分に勝つために味方にする“AKUMA”。自分を貫くために人を傷つけたりすることもあるけど、それでも貫き通したいっていう意志を応援するのがときに“AKUMA”であるっていう。外部からと自分の内にいる悪魔を分ける意味で替えました。
——漢字2文字っていうのも新しいし、カップリングにしても「ヴィランズ」ではラップのパートもあったり、「Time goes by」はバラードでもポップソングでもない、とてもエモーショナルなミディアムチューンに仕上がっていたり、いろんな部分でLenny code fictionの新章を感じさせるシングルだと思いました。
 レニーの第二弾がここから始まっていく感じですね。それはアートワークにも言えることで、1stアルバムまでをひと区切りにして、今回からまた新しくシリーズ化していけたらなって。
——来年1月には、リリースツアーもスタート。“ロックの復権”というタイトルにもみなぎる気概を感じますね。
ソラ 僕がつけたんですよ。こんなにどストレートで、かつレニーらしさが備わった曲が表題曲になったので、このチャンスは絶対に無駄にしたくないっていう気持ちがあって。こんな武器ができた、だからロックはカッコいいんだぜっていうのを改めて全国に見せつけられたらって思っています!

【読者プレゼント企画のキーワードはこちら!】
1文字目→「A」




あなたへオススメの記事


RECOMMEND

1年我慢したら味覚が変わった!?Lenny code fiction・片桐 航が最近“欲望”にかられたことBEST3

12月11日にリリースとなるLenny code fictionのニューシングル「脳内」、まずもってタイトルのインパクトが尋常じゃないが、ひとたび聴けばロックに振り切ったダークなバンドアンサンブルにたちまち耳を奪われてしまう。そしてバンドの意志をさらけ出した歌 . . . 続きを読む

キャラメルソースがたまらない!Lenny code fiction・ソラがお気に入りのスターバックスメニューBEST3

12月11日にリリースとなるLenny code fictionのニューシングル「脳内」、まずもってタイトルのインパクトが尋常じゃないが、ひとたび聴けばロックに振り切ったダークなバンドアンサンブルにたちまち耳を奪われてしまう。そしてバンドの意志をさらけ出した歌 . . . 続きを読む

あのチキンを大人買い!?Lenny code fiction・kazuが最近“欲望”にかられたことBEST3

12月11日にリリースとなるLenny code fictionのニューシングル「脳内」、まずもってタイトルのインパクトが尋常じゃないが、ひとたび聴けばロックに振り切ったダークなバンドアンサンブルにたちまち耳を奪われてしまう。そしてバンドの意志をさらけ出した歌 . . . 続きを読む

チーズガーデンの味にメロメロ!Lenny code fiction・KANDAIがお気に入りのサービスエリアBEST3

12月11日にリリースとなるLenny code fictionのニューシングル「脳内」、まずもってタイトルのインパクトが尋常じゃないが、ひとたび聴けばロックに振り切ったダークなバンドアンサンブルにたちまち耳を奪われてしまう。そしてバンドの意志をさらけ出した歌 . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense