• エンタメ
  • 【インタビュー】小林直己「演じているときが一番、素になる」生きる上で必要不可欠な“芝居”に懸ける想い
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2019.11.08

【インタビュー】小林直己「演じているときが一番、素になる」生きる上で必要不可欠な“芝居”に懸ける想い

ショートフィルム5作品を集めた『その瞬間、僕は泣きたくなった―CINEMA FIGHTERS project―』。その中の『海風』(行定勲監督)で、無口なヤクザを繊細かつドラマティックに演じた小林直己。三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEのパフォーマーとして盤石なキャリアを築く一方、俳優としても活動の場を広げている彼に役に懸けた深い想いをインタビュー。「芝居は生きていく上で不可欠なもの」と言い切る役者魂に迫る!

文/若松正子

【小林直己 サイン入りチェキ プレゼント企画開催】
11月8日〜9日に掲載されるインタビュー&ランキングの記事下に2つのキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、9日に掲載されるプレゼント企画記事をチェック!

「息子にとって母親は特別」役を通じて重なった母への想い

――小林さんが演じたのは孤独なヤクザ・蓮。役作りはどのように?
小林 まず行定(勲)監督は、これをアンチドラマにしたいとおっしゃっていたんですね。物語を描きたいのではなく、“感情”を描きたかったと。だから、なんでもないシーンの積み重ねが多いんですけど、その中で蓮は何を乗り越え、何が変わっていくのか。そこを探るところから役を作っていきました。
――生まれてすぐ捨てられた蓮は会ったことのない“母”の存在を街の娼婦・蘭(秋山菜津子)に重ね合わせますが、自身とシンクロする部分はありましたか?
小林 感じるものはいろいろとありました。もちろん状況は違うし、男とか女とか性別であまり分けたくないけど、息子にとって母親ってやっぱりどこか特別だと思うんですよ。監督も“思慕”を描きたいと言っていて、その言葉はすごく印象的だったし、蓮と蘭のお互いを思いやる距離感は絶妙だと思いました。家族のように安心できる間柄じゃないけど心は限りなく近い。お互い複雑な過去があるせいで空いてしまった心の隙間を埋め合う方法が、ああいう関係値だったのかなと思います。
――蘭とひと晩過ごした朝、ふたりで朝食を食べるときの蓮の変化にも驚きました。目からすっかり“険”が消えて、あの無防備な表情にふたりの関係値のすべてが表現されているなと。
小林 それ、今言われて初めて“そうだったんだ”と思いました。2回出てくる食卓のシーンは役作りにおいてすごくヒントにはなりましたけど、こういう表情でこういう目つきをしてとか、細かい部分まではあまり考えていなかったです。
――自然に生まれた変化であり表情だったんですね。ちなみに、蘭が作った卵焼きはめちゃめちゃおいしそうでしたけど、小林さんの“おふくろの味”といえば?
小林 煮込みうどんと、やっぱり卵焼き。僕自身、母親が作った卵焼きには思い出が多くて。

アーティスト活動にも変化!人生を賭けて挑む芝居の醍醐味とは?

――あのシーンのセリフからは彼の深い孤独感が透けて見えてきます。
小林 元々、僕がダンスをやるきっかけになったのはうまく言葉にできない想いを体で表現できるからだったんですね。で、その延長戦上に芝居があったんですけど、役を通して誰かの人生を生きるたび、自分自身を見返している気がして。今回も蓮の中にある孤独感を自分の中に探すというか。蓮を生きることで小林直己の中にある孤独を昇華させている感じがすごくあったんです。それはとてもタフな作業だったけど、芝居をやっていて一番楽しいのはそうやって日常でさらけ出せない感情を出せることなんですよ。普段、社会にいる限りできるだけ感情って閉じているものじゃないですか。その方が安心だし、安全だから。でも、芝居はそれをオープンにしていいという許可をもらえる。だからある意味、僕はこうして話しているときより、演じているときが一番、素になっていることもあります。
――役を通して本当の自分になれる。
小林 役があることで自分の社会的な役割や縛りを取っ払える気がします。そのおかげで救われた部分もあるし、アーティスト活動への取り組み方もまったく変わりました。芝居をすることで自分の肉体をどう使うか、そこを優先させるためにはどうするかを考えるようになった結果、クオリティ・オブ・ライフに繋がっている。不思議なもので前より自分を大切にするようになったし、時間をかけようって思うようになったんですよ。
――芝居もダンスも表現するものですけど、両方が跳ね返って改めて自分に戻ってきているんですね。
小林 まさしく。だから僕にとって芝居はキャリアというより生きていく上で不可欠なもの。あと僕は小さい頃から人に忘れられるのが怖くて、例えネガティブな印象でも人の心に残った方がいいと思っていたんですね。でも、そのためには世界一にならないと覚えてもらえない。なので今後は日本に限らずいろいろな作品に参加したいと思っています。
――楽しみにしています。では最後、今回のプロジェクトのタイトル“僕は泣きたくなった”にちなみ、最近泣きそうになったエピソードを教えてもらえますか。
小林 この間、あるアーティストのライヴをバーのパブリックビューイングで観ているファンの姿を撮った動画を観まして。そのアーティストが目標に掲げていたツアーが決定した告知が流れた瞬間、みんながわーっと盛り上がって、その姿を観ていたら泣きそうになりました。誰かの夢が叶う瞬間をそれほどまでに喜ぶ姿って美しいし、その衝動に無条件で心を動かされたんですよね。
――そのアーティストは誰だったんですか?
小林 それが覚えていなくて(笑)。それくらいファンの人たちの反応の方に感動しちゃったんですよね。

【読者プレゼント企画のキーワードはこちら】
1つ目→「思


【作品情報】
映画『その瞬間、僕は泣きたくなった―CINEMA FIGHTERS project―
2019年11月8日(金)公開

『海風』
出演:小林直己 秋山菜津子
監督:行定勲
主題歌:「海風」Leola
エグゼクティブプロデューサー:EXILE HIRO
企画・プロデュース:別所哲也
コンセプトプロデューサー:小竹正人
製作:LDH JAPAN
配給:LDH PICTURES
©2019 CINEMA FIGHTERS project

<STORY>
横浜のとある風俗街。この街を取り仕切るヤクザの蓮(小林直己)は、客からひどい扱いばかり受けていた中年の娼婦・蘭(秋山菜津子)を気にかけ、一夜を共にする。幼い頃、親に捨てられた蓮は、蘭に母のようなぬくもりを覚えた。若い頃から娼婦として生きてきた蘭もまた、蓮に離れ離れになった実の息子を重ねた。孤独で傷つきながら生きてきたふたりが、互いの喪失感を補うかのように親密になっていったその矢先、ある事件が起きる。



あなたへオススメの記事


RECOMMEND

【“テレ朝ドリフェス”・2日目】back number、西野カナ、三代目JSBらが競演!ライヴ初披露曲で1万人が酔いしれた一夜

ショートフィルム5作品を集めた『その瞬間、僕は泣きたくなった―CINEMA FIGHTERS project―』。その中の『海風』(行定勲監督)で、無口なヤクザを繊細かつドラマティックに演じた小林直己。三代目 J SOUL BROTHERS from EXIL . . . 続きを読む

【インタビュー】BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE 「挑戦して成長していく姿を見てもらえたら嬉しい」 オン・オフ問わずに魅せる7人の新たなポテンシャル!

ショートフィルム5作品を集めた『その瞬間、僕は泣きたくなった―CINEMA FIGHTERS project―』。その中の『海風』(行定勲監督)で、無口なヤクザを繊細かつドラマティックに演じた小林直己。三代目 J SOUL BROTHERS from EXIL . . . 続きを読む

【ライヴレポ】Jr.EXILE世代4組が魅せたプロジェクト『BATTLE OF TOKYO』白熱の最終日!数原龍友「新世代らしいLDHのエンターテインメントを届けていきたい」

ショートフィルム5作品を集めた『その瞬間、僕は泣きたくなった―CINEMA FIGHTERS project―』。その中の『海風』(行定勲監督)で、無口なヤクザを繊細かつドラマティックに演じた小林直己。三代目 J SOUL BROTHERS from EXIL . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense