• エンタメ
  • 三谷マジックにハマりっぱなし!!佐藤大樹の心が軽くなる映画BEST3
CONTENTS
Home
  • ランキング
  • 2019.11.07

三谷マジックにハマりっぱなし!!佐藤大樹の心が軽くなる映画BEST3

ショートフィルム5作品を集めた『その瞬間、僕は泣きたくなった―CINEMA FIGHTERS project―』が118日に公開。その中の1作品『魔女に焦がれて』で主演を務めている佐藤大樹(EXILEFANTASTICS from EXILE TRIBE)に、同プロジェクトテーマにちなんだ心が軽くなる映画BEST3を直撃!無条件に心が持っていかれる作品を好むそうで、この3作品はとにかく気持ちが良くなるとのこと。気分を一新したいときに、ぜひ観てみてください♪

【佐藤大樹 サイン入りチェキ プレゼント企画開催】
11月6日〜7日に掲載されるインタビュー&ランキングの記事下に2つのキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、7日に掲載されるプレゼント企画記事をチェック!

『ザ・マジックアワー』


これはもうホントに心が弾む!キャストが豪華だし、テンポもいいし、「こんな行き違いある?」というアンジャッシュさんのコントみたいな話も最高(笑)。しかも、とっ散らかったつじつまをうまく合わせて、最後はすべて回収していく脚本は完璧。まさに三谷マジックで、それが痛快だし本当に笑えます。僕は三谷幸喜さんの作品は全部好きでチェックしていますが、映画の中で言うと『ザ・マジックアワー』が一番好きです。究極のエンターテインメント映画だと思います。ちなみに、古畑任三郎シリーズは全編3回以上観ている程のマニアです!

『ゴールデンスランバー』


僕はあらゆるインタビューで好きな映画というと『ゴールデンスランバー』を挙げていまして。休みの日、時間はあるけど外に行く気にはならないというときに身構えずに観られるのがいい。観出すとのめり込むんだけど、終わると力が抜けてラフな気持ちにさせてくれるんですよね。特に好きなキャラクターは香川照之さん演じる刑事だけど、濱田岳さん演じるキルオも切なくて心を打たれます。でも、ラストシーンはホッと安心できるっていう、あの感じは何度観てもたまらないですね。

『ピンクとグレー』

これは今の仕事をしているからこそ、よりわかる作品。この世界の“表”の話で最初はすごくムズムズする感じがあるんですね。でも、物語の後半ですべての世界が入れ替わって“実はこういうことでした”と、回収がどんどん始まっていくときのスカッとする爽快感がいい。同時に、よくここまで計算したな、すごいなって感化されるというか。こういうスタンスでお芝居をやっている人ってカッコいいなって、自分に火が点くんです。だから、心が軽くなるというよりは、刺激を受けてインスパイアされる映画ですね。

【読者プレゼント企画のキーワードはこちら!】
2つ目→「春」

応募の詳細>>【プレゼント企画】佐藤大樹 サイン入りチェキ プレゼント


【作品情報】
映画『その瞬間、僕は泣きたくなった―CINEMA FIGHTERS project―
2019年11月8日(金)公開

『魔女に焦がれて』
出演:佐藤大樹 久保田紗友 松田るか
監督:井上博貴
主題歌:「ライラック」琉衣
エグゼクティブプロデューサー:EXILE HIRO
企画・プロデュース:別所哲也
コンセプトプロデューサー:小竹正人
製作:LDH JAPAN
配給:LDH PICTURES
©2019 CINEMA FIGHTERS project

<STORY>
高校三年の雅人(佐藤大樹)は、中学卒業前に真莉愛(久保田紗友)に告白をして以来、彼女と気まずい関係のまま。だがある日、真莉愛に話しかけられ、進路の悩みを言い当てられる。雅人の悩みが“見えた”真莉愛は、その不思議な力で解決方法を探る。真莉愛の能力はすぐに知れ渡り、彼女は女子生徒たちに恋や進路の相談を頼まれるようになる。だが、ある日突然、真莉愛の力に異変が起こる。真莉愛の助言は外れるという噂が次第に広がり、彼女はクラスで孤立していく。雅人はそんな真莉愛を見ていられず…。



あなたへオススメの記事


RECOMMEND
CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense