• エンタメ
  • 【インタビュー】佐藤大樹 「自分から告白とかが絶対にできないタイプ」モテ期が到来した高校時代を振り返る!
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2019.11.06

【インタビュー】佐藤大樹 「自分から告白とかが絶対にできないタイプ」モテ期が到来した高校時代を振り返る!

もし好きな女の子に霊感があったら…。今回で第3弾となるショートフィルムプロジェクト『その瞬間、僕は泣きたくなった―CINEMA FIGHTERS project―』で佐藤大樹が出演したのはそんな、ちょっと異色の青春ラブストーリー『魔女に焦がれて』。その撮影秘話のほか「モテ期が到来した(笑)」という佐藤自身の高校時代の話をたっぷりと紹介。また、「普段はまったく泣かない」という彼だが、プロジェクトタイトル“その瞬間、僕は泣きたくなった”にちなみ、最近の超貴重な“涙エピソード”を語ってもらった。

文/若松正子

【佐藤大樹 サイン入りチェキ プレゼント企画開催】
11月6日〜7日に掲載されるインタビュー&ランキングの記事下に2つのキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、7日に掲載されるプレゼント企画記事をチェック!

フラれたらショックは想像以上!?佐藤大樹の恋愛観に迫る!

――主人公・雅人(佐藤大樹)は、どこにでもいそうな普通の男子高生ですが、どのように人物像を捉えましたか?
佐藤 この作品の主題歌でモチーフになっている琉衣さんの「ライラック」に“羊”というキーワードが出てくるんですけど、もしかしたら羊は雅人のことなのかなと思いました。群れながら周りが右に行けば右、左に向いたら左と、自分の意志というものがない。でも、初恋の相手である真莉愛(久保田紗友)との出会いをきっかけにどんどん自我が芽生えて、羊に角が生えるという、そういうイメージで雅人を捉えたんです。だから前半はなるべくナヨナヨしく、でも自我が芽生えた後半からは自分で発言し、行動していく強さを意識して、23分という短い中でも雅人の成長を感じられるように演じました。よく見るとまばたきの回数とかも違うんですよ。
――まばたきも?
佐藤 僕、普段は芝居でまばたきをあまりしないんです。でも雅人になった瞬間、気付いたらすごくまばたきをしていて。そのシーンをあとで観たらすごく気持ちが悪くて“どうして監督は言ってくれなかったんだろう”と思ったくらい(笑)。でも、後半になると自然にまばたきが減っていくから、これを成長の証しと捉えてもらえたら僕の勝ちかなと。
――でも、まだ内気な“羊”だったときも、雅人は真莉愛にちゃんと告白はしているんですよね。見事にフラれていますが。
佐藤 ですよね。僕は自分から告白とかが絶対にできないタイプだから、その状況は想像もできない。フラれたらショックで不登校とかになるかも。家にこもって暴飲暴食するんじゃないかな(笑)。
――みんな凹みますよ。しかも、同じクラスの子に告白するってかなりハードルが高い。ただ、雅人はその後、何年も真莉愛への気持ちを引きずっていますよね。それは理解できます?
佐藤 あまり理解できないかなぁ。フラれてすぐは立ち直れないけど、気持ちを切り替えて、何年も引きずったりはしないと思います。それに僕の場合、高校一年生からダンスを始めて、ダンスが彼女みたいな感じだったんですよね。ダンススクールの月謝を稼ぐためにバイトも3つくらいやっていたから、高校生らしい高校時代を送っていなくて。ただ、その頃はお芝居の仕事もしていて、FUNKY MONKEY BABYSさんのMUSIC VIDEOの主役をやったときはモテました(笑)。芸能活動をしていることを学校には黙っていたんですけど、ある日、朝のワイドショーで取り上げられて。そしたらその日からいきなりみんながざわつき出したっていう。
――モテ期到来ですね(笑)。高校生くらいのときってモテると調子に乗っちゃいません?
佐藤 調子に乗っていた…かな?(笑)。ダンサーってみんなそうですよ。モテたくてやっている部分もあるから、騒がれたらやっぱり嬉しいですもん。ただ、あの頃の自分にもし会えたら「将来、もっとダンスの上手いヤツに出会うぞ、天狗になるなよ」って釘を刺しますね(笑)。

“裏の裏の顔”も覗いてみたい!心を読みたいFANTASTICSメンバーとは?

――ちなみに、真莉愛は「人の心が読める」という特殊能力の持ち主ですが、もし佐藤さんにその能力があってFANTASTICS from EXILE TRIBEのメンバーの心を読めるとしたら、誰の心を覗きたい?
佐藤 ボーカルの八木勇征。彼は最初すごく内気で物静かだったけど、一緒に活動するようになってから心を開いてくれて、今はグループのムードメーカーみたいな存在なんです。だから、その変化も含めて内面を見てみたい。誰にも見せない裏の裏の顔とかもある気がするんですよね。
――「裏」を見るって怖くないですか?
佐藤 全然。むしろ裏があって欲しい。知れば知るほどおもしろい子だから、もっといろんな面を見たいって思っちゃう。そうやって人に興味を持つ性格は昔からで、とにかく僕、人が好きなんです。だから夜とかひとりでご飯を食べることはまずない。必ず誰かと行くし、お互い無言でもいいので一緒に食べていたい。めちゃくちゃ寂しがり屋だから、ひとりぼっちになるとウサギのように死んじゃうんですよ(笑)。
――じゃあ、今回のプロジェクトタイトル“僕は泣きたくなった”のように、ひとりだと泣いちゃうことも?
佐藤 いや、それはないです。むしろ普段からまったく泣かない。特にお芝居を始めてからは映画とかを観ても“こういう演技をするんだ”という仕事モードになって入り込めないから、涙スイッチがオフになっちゃうんですよ。ただ、この間(佐野)玲於くんと朗読劇をやって、その打ち上げのときはすっごく久しぶりに泣きそうになりました。この舞台はスケジュールもタイトで正直、大変だったんですね。だから無事に終えられて、そのために頑張ったみんなが揃った空間を見たとき、いろいろな想いが込み上げてきて泣きそうになった…というか普通に泣いていました(笑)。

【読者プレゼント企画のキーワードはこちら】
1つ目→「青


【作品情報】
映画『その瞬間、僕は泣きたくなった―CINEMA FIGHTERS project―
2019年11月8日(金)公開

『魔女に焦がれて』
出演:佐藤大樹 久保田紗友 松田るか
監督:井上博貴
主題歌:「ライラック」琉衣
エグゼクティブプロデューサー:EXILE HIRO
企画・プロデュース:別所哲也
コンセプトプロデューサー:小竹正人
製作:LDH JAPAN
配給:LDH PICTURES
©2019 CINEMA FIGHTERS project

<STORY>
高校三年の雅人(佐藤大樹)は、中学卒業前に真莉愛(久保田紗友)に告白をして以来、彼女と気まずい関係のまま。だがある日、真莉愛に話しかけられ、進路の悩みを言い当てられる。雅人の悩みが“見えた”真莉愛は、その不思議な力で解決方法を探る。真莉愛の能力はすぐに知れ渡り、彼女は女子生徒たちに恋や進路の相談を頼まれるようになる。だが、ある日突然、真莉愛の力に異変が起こる。真莉愛の助言は外れるという噂が次第に広がり、彼女はクラスで孤立していく。雅人はそんな真莉愛を見ていられず…。



あなたへオススメの記事


RECOMMEND

【インタビュー】川村壱馬×吉野北人 “夢”が叶う瞬間を最高のバディと共に!「全力でぶつかってくれた北人の熱さに男を感じる」

もし好きな女の子に霊感があったら…。今回で第3弾となるショートフィルムプロジェクト『その瞬間、僕は泣きたくなった―CINEMA FIGHTERS project―』で佐藤大樹が出演したのはそんな、ちょっと異色の青春ラブストーリー『魔女に焦がれて』。その撮影秘話 . . . 続きを読む

【インタビュー】吉野北人(THE RAMPAGE)天然炸裂の“ネクスト”王子に熱視線♡「今の僕の私服は、(片寄)涼太さん色に染まっています(笑)」

もし好きな女の子に霊感があったら…。今回で第3弾となるショートフィルムプロジェクト『その瞬間、僕は泣きたくなった―CINEMA FIGHTERS project―』で佐藤大樹が出演したのはそんな、ちょっと異色の青春ラブストーリー『魔女に焦がれて』。その撮影秘話 . . . 続きを読む

【インタビュー】片寄涼太×鈴木伸之 セレブ王子&ヤンキー王子の秘密がついに明かされる!13人のプリンスを虜にしたメロメロ事件勃発!!

もし好きな女の子に霊感があったら…。今回で第3弾となるショートフィルムプロジェクト『その瞬間、僕は泣きたくなった―CINEMA FIGHTERS project―』で佐藤大樹が出演したのはそんな、ちょっと異色の青春ラブストーリー『魔女に焦がれて』。その撮影秘話 . . . 続きを読む

【インタビュー】藤原樹×長谷川慎「北人さんの天然には敵わないです!」Teamネクストの仲の良さも“大渋滞”!?

もし好きな女の子に霊感があったら…。今回で第3弾となるショートフィルムプロジェクト『その瞬間、僕は泣きたくなった―CINEMA FIGHTERS project―』で佐藤大樹が出演したのはそんな、ちょっと異色の青春ラブストーリー『魔女に焦がれて』。その撮影秘話 . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense