• エンタメ
  • 「B-PASS」編集部の“マイ♡フェイバリット”BEST3! 第17回・今、オススメの音楽マンガ編
CONTENTS
Home
  • ランキング
  • 2014.11.17

「B-PASS」編集部の“マイ♡フェイバリット”BEST3! 第17回・今、オススメの音楽マンガ編

1985年の創刊以来、長く音楽シーンを見つめ、ピュアにアーティストのリアルなメッセージを伝える音楽専門誌「B-PASS」(シンコーミュージック刊)。編集者たちが、ハマっているアルバム、シングル、感動したライヴ、曲、歌詞などは、一体どんなものなのか…興味津々!ということで、独自のツボにハマった“マイ♡フェイバリットBEST3”を書くコラムの登場です。音楽シーンと共に歩むエディターのBEST3、とにかく要チェックですっ!

第17回 ・編集長Yの今、オススメの音楽マンガ BEST3

「覆面系ノイズ」(白泉社)福山リョウコ

とにかくバンドの演奏シーンがオススメ! 連載マンガ誌「花とゆめ」掲載の最新話、夏フェス出演エピソードはマジで震えるカッコよさでした!(ギターやベースやアンプやシールドなど、楽器や機材の細部まで描かれてるのも嬉しい)
歌うことが大好きで、感情が暴走すると叫び出してしまうマイペースな高校1年生の主人公ニノ、幼い頃に離ればなれになったニノの幼なじみ&初恋の少年モモ、モモと会えなくなったニノの悲しさを音楽で癒してくれた少年ユズ……3人の恋と音楽活動を中心に描かれる“片想い×バンド”ストーリー。というわけで、“メインの3人含めて登場人物がほぼ全員、一方通行な片想いをしている”という切なすぎる恋愛モノなもので、少女マンガ王道の胸キュン恋愛シーンも満載なんですが、私としてはニノがボーカル・アリスを務める覆面バンド、イノハリことin NO hurry to shoutの演っている音楽が気になってしかたない! 演奏シーンのスピード感あふれる絵や緩急のテンポ感が見事なコマ割り、音が聴こえてくるような効果にワクワクしっぱなしですよ!イノハリのジャンルはオルタナティブ・ロックということなので、「オルタナ・ギターサウンドに、迫力とクセのある女の子ボーカルが乗ってるってことか……ということはあんな感じか!?」と、妄想たくましく楽しんでいます。現実世界にイノハリがいたらB-PASSでインタビューやりたいなぁ、撮り下ろしも楽しそうだなぁ……と、しょうもないことを夢想してるダメなオトナなのでした。

「四月は君の嘘」(講談社)新川直司

神童と呼ばれていた天才ピアニスト有馬公生は、指導者でもあった母の死をきっかけに、自身が演奏するピアノの音が聴こえなくなり、弾くことを辞めてしまう。だが14歳のある日、幼なじみの椿と渡を通じて、同学年のバイオリニスト宮園かをりと出会った公生は、彼女自身と彼女が奏でる音楽に魅了されていき……というストーリー。絵柄も丁寧で読みやすく、詩的な台詞回しやモノローグも特徴があって素敵ですが、とにかく“音楽”とそこに込められた“想い”の表現が素晴らしい! どのエピソードも捨て難いけど、個人的には、公生が急遽ひとりっきりでバイオリンのガラコンサート(※何かを記念して企画され、特別な催しとして行われる演奏会)のステージに立つことになった7巻に震えました。「愛の悲しみ」の演奏を通して、彼を苦しめていた“母の死への罪悪感”から解放され、母から与えられた溢れんばかりの愛情が、自分の音楽や仕草の中に息づいていることに気付く公生。<母さん 僕は幸せだよ ありがとう ありがとう さよなら>……。哀切感漂う旋律と想いの深さを感じさせるスケールの大きな和音使いがラフマニノフらしい「愛の悲しみ」。実際に曲を聴きながら読んで欲しくなるシーンです。
基本的に物語に出てくる音楽はクラシック曲ばかりですが、有名な楽曲が多いのでとっつきやすいのではないでしょうか。……と、音楽メインに書いてますが、もちろん登場人物の恋愛模様も甘酸っぱくて切なくて目が離せません! そろそろ原作も終盤に差し掛かっている様子。悲しい結末にだけはならないようにしてください…!!と心底願っている今日この頃です。

「フジキュー!!!~Fuji Cue’s Music~」(講談社)田口囁一

最後は、以前このコラムで紹介したことのあるロックバンド・感傷ベクトルの田口囁一さんによる音楽マンガ。「別冊少年マガジン」で連載中のこの作品は、先日1巻が出たばかりです。
音楽産業の行く末を憂慮した大手レコード会社と国が、共同で設立した国内最高峰の音楽教育高等学校:国立音楽アカデミー(通称J.A.M.)を、首席で卒業するために奮闘する音楽素人の主人公フジキューこと不死原求の成長を描いた音楽マンガ……なのですが、まずJ.A.M.という学校の設定がすごいです。通常授業に加えて自主的な音楽活動が必須、しかも大原則として利益を出さなければ退学という厳しいルール。うぅ……仕事にするからには売れなければ音楽を続けていけない、ということですよね。業界の端くれにいる身としては痛い部分をかわいい絵柄でエグってくる作品でもあります。とにかくフジキューが応援したくなるキャラで。ギターも弦切ってばっかだし(笑)、ヘタくそなんでしょうけどなんというか憎めない。才能あるピアニストでありながら、人前で演奏できないという大きな欠点を持つ女の子・星河うたと出会ったフジキューが、これからどんな活躍を見せるのか!? そして、現在メジャーレーベルで活動している田口さん自身が描く、音楽の自由とエンターテインメント、そして音楽ビジネスとは!? いろんな意味でこの物語の行く末が気になります!

(感傷ベクトル‐マンガ家・田口囁一(ボーカル、ギター、ピアノ)と小説家・春川三咲(ベース)によるロックバンド。自身のスタイルを音楽とマンガの2面性で世界観を作りことから“ハイブリッドロックサークル”と銘打ち、独自の活動を続ける。メジャー2ndアルバム『君の嘘とタイトロール』発売中)

<編集Yプロフィール>

好きなものは、音楽、小説、マンガ/アニメ、カレー、ブラックコーヒー。校了期はレッドブルで生きています。今回は、今連載中+マンガに限定して、この3本をチョイス。いつか学生時代に出会った忘れられない音楽マンガも紹介したいなぁ。

関連リンク

公式サイト
B-PASSTwitter
RECOMMEND

「B-PASS」編集部の“マイ♡フェイバリット”BEST3! 第16回・心動いた2014年 東京・日本武道館ライヴ編

1985年の創刊以来、長く音楽シーンを見つめ、ピュアにアーティストのリアルなメッセージを伝える音楽専門誌「B-PASS」(シンコーミュージック刊)。編集者たちが、ハマっているアルバム、シングル、感動したライヴ、曲、歌詞などは、一体どんなものなのか…興味津々!と . . . 続きを読む

「B-PASS」編集部の“マイ♡フェイバリット”BEST3! 第15回・取材現場のひとコマが頭に浮かぶ曲編

1985年の創刊以来、長く音楽シーンを見つめ、ピュアにアーティストのリアルなメッセージを伝える音楽専門誌「B-PASS」(シンコーミュージック刊)。編集者たちが、ハマっているアルバム、シングル、感動したライヴ、曲、歌詞などは、一体どんなものなのか…興味津々!と . . . 続きを読む

「B-PASS」編集部の“マイ♡フェイバリット”BEST3! 第14回 ・「NHK みんなのうた」思い出の曲編

1985年の創刊以来、長く音楽シーンを見つめ、ピュアにアーティストのリアルなメッセージを伝える音楽専門誌「B-PASS」(シンコーミュージック刊)。編集者たちが、ハマっているアルバム、シングル、感動したライヴ、曲、歌詞などは、一体どんなものなのか…興味津々!と . . . 続きを読む

「B-PASS」編集部の“マイ♡フェイバリット”BEST3! 第13回・オススメのブルーレイ・ミュージック編

1985年の創刊以来、長く音楽シーンを見つめ、ピュアにアーティストのリアルなメッセージを伝える音楽専門誌「B-PASS」(シンコーミュージック刊)。編集者たちが、ハマっているアルバム、シングル、感動したライヴ、曲、歌詞などは、一体どんなものなのか…興味津々!と . . . 続きを読む

aikoの最近読んだオススメのマンガBEST3

1985年の創刊以来、長く音楽シーンを見つめ、ピュアにアーティストのリアルなメッセージを伝える音楽専門誌「B-PASS」(シンコーミュージック刊)。編集者たちが、ハマっているアルバム、シングル、感動したライヴ、曲、歌詞などは、一体どんなものなのか…興味津々!と . . . 続きを読む

Da-iCE・工藤大輝が何度も読みたくなるマンガBEST3

1985年の創刊以来、長く音楽シーンを見つめ、ピュアにアーティストのリアルなメッセージを伝える音楽専門誌「B-PASS」(シンコーミュージック刊)。編集者たちが、ハマっているアルバム、シングル、感動したライヴ、曲、歌詞などは、一体どんなものなのか…興味津々!と . . . 続きを読む

KEYTALK・小野武正が大好きな作者自身が主人公になっているエッセイマンガBEST3

1985年の創刊以来、長く音楽シーンを見つめ、ピュアにアーティストのリアルなメッセージを伝える音楽専門誌「B-PASS」(シンコーミュージック刊)。編集者たちが、ハマっているアルバム、シングル、感動したライヴ、曲、歌詞などは、一体どんなものなのか…興味津々!と . . . 続きを読む

SuG・武瑠に聞いた2013年に読んだオススメマンガBEST3

1985年の創刊以来、長く音楽シーンを見つめ、ピュアにアーティストのリアルなメッセージを伝える音楽専門誌「B-PASS」(シンコーミュージック刊)。編集者たちが、ハマっているアルバム、シングル、感動したライヴ、曲、歌詞などは、一体どんなものなのか…興味津々!と . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense