• ミュージック
  • 【インタビュー】ONE N’ ONLY 型にハマらず新たなシーンを切り拓け!唯一無二の存在を示す魂の叫び
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2019.10.16

【インタビュー】ONE N’ ONLY 型にハマらず新たなシーンを切り拓け!唯一無二の存在を示す魂の叫び

ONE N’ ONLYが、1016日に初の両A面シングル「CategoryMy Love」をリリース。アグレッシブな「Category」、ポップでメロウなラヴソング「My Love」というガラっと異なる2面からは、底知れない可能性を感じ取ることができる。今回のインタビューでは「Category」に的を絞り、彼ら自身がどんな手応えを感じているのか、歌詞と同じくイメージと実像のギャップに葛藤することはあるのかなどを探った。それぞれを“カテゴライズ”するわちゃわちゃトークにも注目!

文/杉江優花

ONE N’ ONLY サイン入りチェキ プレゼント企画開催】
10月13日〜20日に掲載されるランキング&インタビューの記事下に8つのキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、20日に掲載されるプレゼント企画記事をチェック!

振り付けを担当したHAYATOは天才!メンバーが絶賛するほど感じた手応えとは?

――「Category」はすでにライヴでも披露していて、HAYATOさんとKENSHINさんのラップと、EIKUさん、TETTAさん、REIさんの美声のコントラスト、ダイナミックでトガったパフォーマンスが際立っていますが、SWAG(ONE N’ ONLYファンの呼称)の反応をどう感じていますか? 
NAOYA 「Dark Knight」(前シングル表題曲)のときよりさらに大きな反響があって。こういう曲をみんな待っていたんだっていう感じだよね。
KENSHIN うん、いろんなイベントで披露してすごく反応がいいし、狙い通りだなって。
TETTA この間の『EBiDAN THE LIVE 2019 ~Summer Party~』では、僕らを初めて観る人たちにも、「Category」という曲でONE N’ ONLYを強く印象付けられたんじゃないかなと思います。
――という「Category」は「Black Hole」と同じくHAYATOさんがApeaceのヨンウクさんと振付をした曲で、以前、「キャッチーさと流行りを取り入れるということを意識して、メンバーそれぞれが輝くようなフォーメーションを組んでいます」とHAYATOさんが発言していましたが、ライヴでやっていくうちに、それぞれ見つけるものがあったり、グループに何かしらの変化が起きていたりもするのでしょうか。
HAYATO ライヴを重ねる中で、曲に対してメンバーみんなが同じ認識を持てるようになってきたというか。部分部分でどういう世界観でパフォーマンスをしようとか、どんな表情をしようとか、そういうすり合わせができてきたことで、僕が振付をした当時の想像を超えたダイナミックなパフォーマンスができていると思います。
TETTA 振付師が言うんだから間違いない!
KENSHIN そうだね。さっき言ってもらったように、ONE N’ ONLYは唯一無二な存在なんだという強いメッセージを僕とHAYATOのラップにのせて、EIKU、TETTA、REIはきれいに歌って、サビの<new wave>では期待感を高めて。それぞれの世界観は聴く人や観る人を飽きさせないと思うし、自分たち自身、1曲の中のドラマを楽しめています。
NAOYA これまでの曲よりもストーリー性があるから、踊っているときもその世界観を崩さないようにということは気をつけていて。サビのハジけた感じ、爆発力は、どんどん圧倒感を増しているような気もします。
KOHKI サビでがっつりフォーメーションが動くっていうのは初めてだったから、覚えるのは大変だったんですけど(苦笑)……『EBiDAN THE LIVE 2019 ~Summer Party~』を経て、大きなステージでも曲や自分たちの良さを発揮できるぞという自信も持てました。
EIKU  ONE N’ ONLYの曲の中でも、「Category」はメッセージ性が強くて、僕たちの叫びでもあって。特に、<夢はあるかと?><バカにすんなよ!>というフレーズは僕的にすごくインパクトがあるし、ステージに立ってパフォーマンスをしていても感情が昂ります。
TETTA 根っこの部分で伝えたいことは同じでも、HAYATOとKENSHINのラップ部分が強くて攻撃的なのに対して、僕やEIKU、REIが歌うところでは優しくきれいにっていうことは意識していて。ステージで自分のパートを歌っているときには、後ろの一体感も気持ちいいなと感じていたりもします。やっぱり、HAYATOは天才!
REI 僕は、<Number oneじゃなきゃfake,fake,fake>という部分の振りがすごく好きで。歌詞も真っ直ぐ伝わるから、踊りながらすごく気持ちが動くんですよ。<運命なんてない><道は無限大><言葉よりもすぐにDo it!>という自分のパートのフレーズには歌いながら励まされたりもするし、「Category」はこれがワンエンだ!という曲に仕上がったと思います。

メンバーがメンバーをカテゴライズ!仲が良いが故に悪口(!?)合戦が勃発!?

――<知らない間に自分(らしさ)を作られて 瞬く間に誰かに嫌われて>、<閉じこめないで 他と同じにするな><決めつけないで これ以上ガタガタ言うな>といったフレーズには強い反骨心が滲みますが、表舞台に立つみなさん自身、世間のイメージと素の自分のギャップに悩むこともあるのでしょうか。
HAYATO それはやっぱりあります。「○○はこうだよね」っていうイメージは、どうしても持たれているだろうし。「Category」は、まさに普段自分たちが感じていることをズバっとストレートに歌っているから、ライヴでパフォーマンスをしていて気持ち良かったりするんですよ。
REI それに、僕たちアーティストだけでなく、誰でも叩かれやすい時代なだけに、共感もしてもらえるんじゃないかなっていう。
KOHKI 悪く見られるだけじゃなく、変にいい方向に捉えられすぎても疲れちゃったりしますからね。僕は、自分本来の姿を見てもらいたいなっていう気持ちはやっぱりあります。
TETTA 僕は、SNSで言われる分には全然良くて。それくらい自分のことを見てくれているっていう証だし、逆に何も言われなかったらそのほうが寂しいですから。
――素敵なポジティブシンキング。
EIKU 僕も、否定してくれるからこそ自分が強くなれるなって思っていて。逆に応援してくれているんじゃないかって……。
TETTA うん、その前向きさは僕の仲間だな(笑)。
EIKU だから、どう言われていたとしても気にしないし、むしろ背中を押してもらっている気がして頑張れちゃいます。
KENSHIN 僕はですね、わりと勘違いされやすいタイプで。高校生のとき、目つきが悪く見られがちで、そんなつもりもないのに「睨まれている、怒らせたらヤバそう」ってクラスのみんなに怖がられたことがあって(苦笑)。<知らない間に自分(らしさ)を作られて 瞬く間に誰かに嫌われて>というところは、自分にぴったりすぎました(笑)。
――ちなみに、“勝手にカテゴライズするな”という歌詞ではありますが、メンバーそれぞれを何かしらの言葉でカテゴライズするなら?
KOHKI REIは辛さを感じないよね。
TETTA うん、舌バカ(笑)。
EIKU いきなり悪口!?(笑)。
KENSHIN まあでも、味覚音痴?(笑)。
KOHKI 辛いものを食べて「甘い」って言うからね、REIは。
REI いやいや、KOHKIが辛さに弱すぎるだけだって!
NAOYA それもある(笑)。REIはしゃべり上手だよね。滑舌もいいし。告知担当。
KENSHIN NAOYAくんは、ツンデレとか。
HAYATO そうなんだけど、それはもうよく知られているから新しいカテゴリーに入れてあげようよ。
KOHKI  NAOYAは、頭の回転が速い。
REI 漢字は苦手だけどね(笑)。あと、カメラが好きで、インスタもやっているし……。
KOHKI オシャレ担当じゃない?それに、マメ男。
REI 細かいところまで目が行き届くからね。
TETTA じゃあ、細かい男で(笑)。
HAYATO やっぱり悪口っぽくなるっていう(笑)。
REI TETTAは……もう見たまんまだから言わなくてもいいんじゃない?
TETTA いやいや、記事なんだから言葉にしなきゃわかんないでしょ!(笑)。
REI わかったわかった(笑)。TETTAはほがらか担当。
NAOYA ちょっとうるさいけど……(笑)。
KENSHIN ムードメーカーだね。
KOHKI スベるのを恐れない、スベり上手だし(笑)。
TETTA 1回スベるごとに、実はショックを受けているんだけどね(笑)。
KOHKI ごめん、“知らない間にTETTAを作って”たわ(笑)。
EIKU ……「Category」の歌詞だ(笑)。
REI EIKUちゃんは、少年担当。
TETTA 虫も好きだし……。
HAYATO&KENSHIN クソガキ(笑)。
REI 確かに、イタズラ好きだもんな。
KOHKI もう、“猿”ってことにする?
EIKU なんでいきなり猿!?(笑)。
KOHKI だってほら、猿みたいに運動神経いいからさ(笑)。
NAOYA そういうKOHKIは、省エネ。
TETTA いい意味でも悪い意味でも、ナマケモノだよね。
NAOYA いい意味ってどういうこと?(笑)。
KENSHIN でもさ、最近頑張っているよね。
REI いやぁ、ライヴで「Black Hole」をやるとき、最後床に倒れるところでKOHKIがずっと寝ていることはバレているからね!やっぱり、KOHKIは省エネ担当(笑)。
HAYATO KENSHINは……サイコパス(笑)。テンション0か100かだし。
NAOYA 振り幅がすごいよね。
TETTA 演技にめっちゃ向いていると思う。前にドッキリを仕掛けられたとき、KENSHINがキレる演技をしたんですけど、めっちゃビビるくらい上手かったもんね。
EIKU うん、KENSHINは憑依型のサイコパスかも。
TETTA&KOHKI 何それめっちゃ怖い(笑)。
NAOYA HAYATOは、合わせ上手だよね。
REI 確かに。あと、笑顔に愛嬌があるから、大抵のことは許せちゃう。
TETTA そう、いい笑顔なんだよなぁ。しかも、HAYATOは振付の天才!
KOHKI これは……次のライヴからTETTAがセンターになるんじゃない?(笑)。
HAYATO いやいや、TETTAくんはどこにいても目立つから。
TETTA さすが、天才の言うことは違う(笑)。

【読者プレゼント企画のキーワードはこちら】
4つ目→「ン



シングル「Category/My Love」
2019年10月16日(水)発売



あなたへオススメの記事


RECOMMEND

【インタビュー】ONE N’ ONLY「勝負をかけるという強い意志が自然と滲んでいった」結成1年を経て高めた7人の一体感

ONE N’ ONLYが、10月16日に初の両A面シングル「Category/My Love」をリリース。アグレッシブな「Category」、ポップでメロウなラヴソング「My Love」というガラっと異なる2面からは、底知れない可能性を感じ取ることができる。今 . . . 続きを読む

【ライヴレポ】ONE N' ONLYがツアーファイナルで未来に向けた可能性を提示!「僕たちに付いていきたいと思ってもらえるライヴにしたかった」

ONE N’ ONLYが、10月16日に初の両A面シングル「Category/My Love」をリリース。アグレッシブな「Category」、ポップでメロウなラヴソング「My Love」というガラっと異なる2面からは、底知れない可能性を感じ取ることができる。今 . . . 続きを読む

【インタビュー】ONE N' ONLY 海外でも注目される“SWAG”な7人組がいよいよデビュー!2グループが融合することで開く新たな扉

ONE N’ ONLYが、10月16日に初の両A面シングル「Category/My Love」をリリース。アグレッシブな「Category」、ポップでメロウなラヴソング「My Love」というガラっと異なる2面からは、底知れない可能性を感じ取ることができる。今 . . . 続きを読む

【ライヴレポ】恒例の“エビライ”で音楽バトル!意外性たっぷりな一夜限りのシャッフルユニットは大歓声!!

ONE N’ ONLYが、10月16日に初の両A面シングル「Category/My Love」をリリース。アグレッシブな「Category」、ポップでメロウなラヴソング「My Love」というガラっと異なる2面からは、底知れない可能性を感じ取ることができる。今 . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense