• グルメ
  • 【潜入レポ】開催中のヒルトン東京デザートブッフェは不思議な世界に迷い込む!謎解きをしながらお宝ゲットも!?
CONTENTS
Home
  • ニュース
  • 2019.09.24

【潜入レポ】開催中のヒルトン東京デザートブッフェは不思議な世界に迷い込む!謎解きをしながらお宝ゲットも!?

毎回、数多くの人々を魅了するデザートブッフェを手掛け続けているヒルトン東京。9月6日より始まったのは、思わずため息が出てしまいそうな薔薇と鏡で作り込んだ美空間で、アリスの物語から着想を得たスイーツやセイヴォリーが楽しめる「アリスinローズ・ラビリンス」。アリスをテーマにしたフェアは、2016年に始まり、昨年のハロウィンとクリスマスにも開催されている。これまでは、かわいらしいアリスや大人なアリスなどを表現してきたが、今回は薔薇と鏡の迷宮に迷い込んだアリスが遭遇するちょっぴりダークなトラップ(罠)とトリッキーな鏡の世界、そしてその先にある甘美なお茶会をイメージ。30種類以上のスイーツ&セイヴォリーが並ぶ同ブッフェから、ホールケーキにスポットを当て、ご紹介していく。

「ハッターが待つラビリンス・ノワール」
ヴァローナのカカオ64%のビターチョコレート・マンジャリのムースでブラックベリーやラズベリー、カシスなどを包み込み、繊細なチョコレートでラビリンスを表現したケーキ。真っ赤なクッキーベースとフリュール・ド・セルの塩加減がアクセントになっている。チョコレートムースが濃厚な味わいだが、塩気のあるクッキーがベースになっていて、とても食べやすい。

「アリスのハート・ラビリンス」
コクのあるアッサムティとミルクチョコレートのムースの中に、薔薇のエッセンスとバニラでコンポートした洋梨、リンゴを忍ばせた爽やかな甘さのケーキ。口に入れると、薔薇の風味が口いっぱいに広がり、優雅な気分に。真っ赤な薔薇の花びらがデコレーションされていて華やか。

「女王陛下の称号」
ラズベリーとカシスのジャムを塗ったアーモンドタルトに、マロンのババロアを合わせ、薔薇の女王と称されるダマスクローズの香りをまとわせた気品漂うタルト。秋を感じるマロンのババロアと、ラズベリー&カシスジャムの爽やかな甘さのバランスが絶妙。

「割れた鏡とアリスのハート」
ブラックとルビーチョコレート2層のムースの間にグリオットチェリーとマカデミアナッツのローストを配し、まるで鏡が割れたような様をチョコレートで表現している。ビターなブラックチョコレートムースに酸味が特徴のルビーチョコレートムースが滑らかで、マカデミアナッツの香ばしさが効いている。

「狂った季節のパイナップルチーズケーキ」
黒や真っ赤なケーキが並ぶ中、目立つのが白いパイナップル入りチーズケーキ。ほんのりとミントを効かせ、薔薇の花びらをトッピング。滑らかな口当たりで、さっぱりとした後味。チョコレート系のケーキの中に、こういった爽やかなケーキがあると味のバリエーションが増えてGOOD。

「しっぽが隠れない!白うさぎのトラップ失敗」
お皿に盛って写真を撮りやすいスモールポーションで、ジンジャーを効かせたココナッツムースとレモンクリームのタルト。ハートのチョコレートの中に隠れようとしたものの、しっぽが隠れない様を表現している。ココナッツの甘さからレモンの酸味、最後にチョコレートの苦みが順番にやってくる小さいけれど本格的なスイーツ。

「鏡の中のローズゼリー」
こちらもスモールポーション。ストロベリー風味のゼリーにローズウォーターを合わせた、薔薇の形の美しいゼリー。プルプルとした柔らかめのゼリーというより、しっかりとしたゼリーなので、薔薇の形がきれいに出ている。いくつかお皿に並べると、素敵な写真が撮れそう。

これまでと比べて、ケーキを小さめにカット、またムース系のケーキが多いため、よりたくさんの種類のデザートが食べやすくなっている。甘いスイーツの間に食べたくなるセイヴォリーも充実していて、スイーツと対比させた「ローズ・トラップ」や、ふた口サイズのオープンサンド、海老をライムとコリアンダーでマリネしたグレープフルーツのタルト「タルトだけど甘くないよ」などが並ぶ。

前回のフェアから導入した大好評のソフトクリームマシンには、話題の炭を使用した真っ黒な「チャコール・ソフトクリーム」が登場。ブッフェ台からスイーツを取るだけではなく、自分で作るという体験が加わり楽しさが広がった。デザートを食べる際に欠かせないドリンクは、通常のコーヒーやカプチーノなどに加え、ドイツの高級紅茶ブランド『ロンネフェルト』の紅茶10種類が新たに仲間入り。定番の「アールグレイ」や「ダージリン」のほかに、「アイリッシュモルト」や「バニラチャイ」など、デザートとの相性が良い紅茶があり、どれにしようか迷ってしまう程ラインナップが豊富。ここまでドリンクの種類が揃っているデザートブッフェは、ほかではなかなかないだろう。

ヒルトン東京では、毎回テーマに合わせたナプキンを作成しているのだが、今回も国内外で活躍する版画家・西脇光重氏によるオリジナルアートのかわいらしいナプキンが各テーブルに置かれている。それと共に、ニューアイテムの謎解きが楽しめるランチョンマットが敷かれており、まずは、このランチョンマットの謎を解き、次のミッションに進む仕掛けが。2時間半たっぷりと時間があるので、デザートを楽しみながら謎解きにもぜひ挑戦してみて欲しい。また、西脇氏の貴重な原画が、ブッフェ台に飾られているので、芸術の秋も同時に満喫できる。

常に高いクオリティを保ちながら進化しているヒルトン東京のデザートブッフェ。今回も大人気で予約も埋まってきているそうなので、気になる人は今すぐ予約を!

 



【イベント詳細】
「アリスinローズ・ラビリンス」
開催期間:~11月6日(水)
会場:『マーブルラウンジ』(ヒルトン東京1F)
営業時間: (1)14:30~17:00 (2)15:00~17:30
※お席は2時間半制です
料金:平日 おひとり様 3,800円、お子様(4~12歳)2,400円
土・日・祝 おひとり様 3,950円、お子様(4~12歳)2,500円
※消費税、サービス料別途
※コーヒー又は紅茶付


あなたへオススメの記事


RECOMMEND

【潜入レポ】日本最大級の“パンのフェス”が赤レンガ倉庫にて開催中!行列必至の限定パンなどのオススメをご紹介♪

毎回、数多くの人々を魅了するデザートブッフェを手掛け続けているヒルトン東京。9月6日より始まったのは、思わずため息が出てしまいそうな薔薇と鏡で作り込んだ美空間で、アリスの物語から着想を得たスイーツやセイヴォリーが楽しめる「アリスinローズ・ラビリンス」。アリス . . . 続きを読む

【潜入レポ】おいしいパンで秋の食卓にワクワク感を!コクーンシティで開催中の『パンタスティック!!』でりんごがたっぷり入った1kgのパンなどがお目見え!!

毎回、数多くの人々を魅了するデザートブッフェを手掛け続けているヒルトン東京。9月6日より始まったのは、思わずため息が出てしまいそうな薔薇と鏡で作り込んだ美空間で、アリスの物語から着想を得たスイーツやセイヴォリーが楽しめる「アリスinローズ・ラビリンス」。アリス . . . 続きを読む

【潜入レポ】ヒルトン東京が贈る最高にロマンティックなアリスワールド!白銀の世界で起こるクリスマス・マジックを体感

毎回、数多くの人々を魅了するデザートブッフェを手掛け続けているヒルトン東京。9月6日より始まったのは、思わずため息が出てしまいそうな薔薇と鏡で作り込んだ美空間で、アリスの物語から着想を得たスイーツやセイヴォリーが楽しめる「アリスinローズ・ラビリンス」。アリス . . . 続きを読む

【潜入レポ】不思議の国のアリスが2年ぶり復活!ヒルトン東京が不思議なトリックの世界に変身!!

毎回、数多くの人々を魅了するデザートブッフェを手掛け続けているヒルトン東京。9月6日より始まったのは、思わずため息が出てしまいそうな薔薇と鏡で作り込んだ美空間で、アリスの物語から着想を得たスイーツやセイヴォリーが楽しめる「アリスinローズ・ラビリンス」。アリス . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense