• ミュージック
  • 【インタビュー】aiko あたしの新たな“選択” 新曲はトキメキがいっぱい
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2014.11.12

【インタビュー】aiko あたしの新たな“選択” 新曲はトキメキがいっぱい

new_aiko_banner1

現在開催中のツアーでも披露されている新曲「あたしの向こう」を11月12日に発売したaiko。同作は、放送中のドラマ『素敵な選TAXI』(関西テレビ・フジテレビ系)の主題歌で、「aikoさんの歌は、立ち止まりそうな時にいつも自分の背中を押してくれる。ドラマを観ている方が そんな気持ちになるような歌がかかってほしい」というプロデューサーのラブコールを受け曲にしたという。新たなアレンジャーを迎え制作されたこともあり、彼女らしさの中に新しい魅力が加わった1作に仕上がっている。そんな同作について、aikoが新曲に込めた想いを聞いてみた。

文/もりひでゆき

過去と現実の狭間で揺れ動く心情 aikoがやり直したい過去とは?

――ニューシングル「あたしの向こう」は、現在放送中のドラマ『素敵な選TAXI』(関西テレビ・フジテレビ系)の主題歌になっています。

aiko はい。日々、曲を作っている中で書いていた歌詞が元々あって。そこにドラマのあらすじを聞いて感じたことを少し書き足して、それを曲にしていった感じでしたね。時間を遡る内容のドラマなので、“もし自分が過去に戻れるんやったらどうするかな?”って考えつつ、でも“そんなことはできないよなぁ”ってちょっと現実的になったりしながら。
――大切な人との別れの瞬間を迎えているこの曲の主人公は、まさにそういう感覚の狭間にいますよね。
aiko そうですね。うまくいっていた過去に戻りたくて初めはあがいたりもしてるんやけど、でももうダメなんだなってわかり始めているっていう。で、最後には覚悟をしてちゃんと前を向いていますね。
――お互いの気持ちがすれ違ってしまっている状況を、タイトルにもなっている“あたしの向こう”というフレーズを織り交ぜた1ラインで表現しているところがすごく胸に染みました。
aiko 今までは、お互いがお互いのことをちゃんと見ていたのに、気持ちがズレ始めると周りのものが気になったりすることがあって。そういうときに、あたしはあなたの、あなたはあたしの向こうに何を見ているのかなってすごく思うんです。この曲ではそういう気持ちを書きましたね。
――そんな切ない感情が、今回は疾走感のあるロックサウンドにのせられていて。
aiko この曲、元々はすごくテンポが遅くてバラードにもなるような曲だったんですよ。それを今回は初めてお願いするOSTER projectさんにピアノロックアレンジにしていただきました。
――初めてのアレンジャーさんとの作業はいかがでしたか?
aiko ボカロの曲も作ったりしている方なので、アレンジを打ち込みで作ってくださったんですよ。だから、それを生演奏にするのにバンドメンバーの方々はかなり苦労されていましたね。ただ、その素晴らしいアレンジにはOSTER projectさんの想いが強く込められているように感じたし、それを超えるいいものにしたいっていう私たちの想いもすごく強かったので、現場がいつも以上にピリッとしていたのがすごく嬉しかったです。歌に関しても、ライヴの画を想像しながらすごく楽しくレコーディングすることができましたし。
――aikoさんらしさの中にしっかりと新たな風が吹き込んだ仕上がりだと思います。
aiko そう感じてもらえたらすごく嬉しいです。私も、自分の曲を新しい方にアレンジしていただいたことですごくテンションが上がりましたからね。
――ちなみにaikoさんは実際に過去へ戻れるとしたらいつ頃に戻って何をしたいですか?
aiko  6時間前に戻って、家の中にそのままにしてきてしまったゴミを捨てたい……って最近実際に思いました。ゴミを置いたままツアー先の名古屋に行ってしまったので(笑)。

新しいアレンジャーとのタッグでワクワクが止まらない!?

――シングルには2編のカップリング曲も収録されています。まずは、すごく斬新なアレンジが印象的に響く「ドライヤー」というナンバーが。
aiko この曲も初めてのアレンジャーさんにお願いしたんですよ。川嶋可能さんという方なんですけど、初めて聴いたとき、「おもしろい!凄い!」とときめきました。自分で作った曲やけど、川嶋さんがさらに色をつけてくれたお陰で私が一番ワクワクする曲になりました。
――日常にある“ドライヤー”というものを通して、離れていってしまった大切な人への想いを胸に宿す歌詞はaikoさんにしか書き得ないものだと思います。
aiko 家のドライヤーの取っ手のところがバカになってしまっていて、髪の毛を乾かす度に取っ手がパコッと折れてしまうんです。その取っ手を気にしながら髪の毛を乾かすんですが、髪の毛が長いので乾くのが遅いぶん、そのときにいろんなことを考えるんですよね。実際、そんなときに浮かんだ曲です。
――この曲は先日開催されたアリーナツアー『Love Like Pop vol.17.5』でも披露されていましたよね。
aiko すごく緊張しました!でも、ライヴで歌ってとても気持ち良かったです。リリース前に歌った会場もあったので、初めて聴くお客さんにより伝わるように歌詞をはっきり歌おうと思いました。
――そしてもう1曲は、ゆったりとしたグルーヴが心地良い「ハレーション」。この曲のアレンジャーは吉俣良さんです。
aiko 今回は3曲ともアレンジャーさんが違っているんですよ。それぞれの方の色が出るのですごく楽しかったです。この曲はブラスアレンジも素敵だし、3連の曲ならではのアレンジだと思いますね。
――ギターと絡む間奏のフェイクがすごく大人っぽかったです。さらにロングトーンからラストのフェイクへと繋がる流れもシビれる感じで。
aiko ありがとうございます。最近はレコーディングであまりフェイクをしていなかったので楽しかったです。スタッフのみなさんと「懐かしいね~」って言いながら作りました。
――では最後に。この曲の歌詞の中には“魔法が欲しい”というフレーズが出てきますが、実際そう思うことってあります?
aiko うん。使いたい!使いまくりたい!まずはリフトアップしたいです(笑)。

RECOMMEND
0_ll.jpg

【インタビュー】aiko 15年経ってもみんなに依存中♡ファンとあたしの不思議な関係

現在開催中のツアーでも披露されている新曲「あたしの向こう」を11月12日に発売したaiko。同作は、放送中のドラマ『素敵な選TAXI』(関西テレビ・フジテレビ系)の主題歌で、「aikoさんの歌は、立ち止まりそうな時にいつも自分の背中を押してくれる。ドラマを観て . . . 続きを読む

aiko_artmain_s140927

恋愛ソングの女王・aikoの新曲がドラマ主題歌に決定!竹野内豊×バカリズムの話題作の背中を押す!!

現在開催中のツアーでも披露されている新曲「あたしの向こう」を11月12日に発売したaiko。同作は、放送中のドラマ『素敵な選TAXI』(関西テレビ・フジテレビ系)の主題歌で、「aikoさんの歌は、立ち止まりそうな時にいつも自分の背中を押してくれる。ドラマを観て . . . 続きを読む

0_ll.jpg

aikoのホールツアー日程が発表!5か月にわたるロングツアーは全19都市30公演!!

現在開催中のツアーでも披露されている新曲「あたしの向こう」を11月12日に発売したaiko。同作は、放送中のドラマ『素敵な選TAXI』(関西テレビ・フジテレビ系)の主題歌で、「aikoさんの歌は、立ち止まりそうな時にいつも自分の背中を押してくれる。ドラマを観て . . . 続きを読む

0_ll.jpg

aiko最新アルバム『泡のような愛だった』の魅力を全曲レビュー付きで徹底解剖!

現在開催中のツアーでも披露されている新曲「あたしの向こう」を11月12日に発売したaiko。同作は、放送中のドラマ『素敵な選TAXI』(関西テレビ・フジテレビ系)の主題歌で、「aikoさんの歌は、立ち止まりそうな時にいつも自分の背中を押してくれる。ドラマを観て . . . 続きを読む

0_ll.jpg

aikoの最近読んだオススメのマンガBEST3

現在開催中のツアーでも披露されている新曲「あたしの向こう」を11月12日に発売したaiko。同作は、放送中のドラマ『素敵な選TAXI』(関西テレビ・フジテレビ系)の主題歌で、「aikoさんの歌は、立ち止まりそうな時にいつも自分の背中を押してくれる。ドラマを観て . . . 続きを読む

0_ll.jpg

aikoの夜更かしマストアイテムBEST3

現在開催中のツアーでも披露されている新曲「あたしの向こう」を11月12日に発売したaiko。同作は、放送中のドラマ『素敵な選TAXI』(関西テレビ・フジテレビ系)の主題歌で、「aikoさんの歌は、立ち止まりそうな時にいつも自分の背中を押してくれる。ドラマを観て . . . 続きを読む

CONTENTS

HEAD BANNER

注目記事

あなたへオススメの記事

アクセスランキング

LIKE BOX

AdSense