• ミュージック
  • 【インタビュー】田村心 「いつ聴いても原点回帰ができる曲になった」 音楽への特別な想いを胸に挑んだ歌手への道!
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2019.07.31

【インタビュー】田村心 「いつ聴いても原点回帰ができる曲になった」 音楽への特別な想いを胸に挑んだ歌手への道!

ミュージカル『刀剣乱舞』~結びの響、始まりの音~や、舞台『僕のヒーローアカデミア The “Ultra” Stage』などに出演し、俳優として活躍している田村心が、7月31日にシングル「君がいて欲しい」でついに歌手デビューを果たす。“音楽を大切に想っているからこそ、自分が歌手として活動していいものなのか”という葛藤や、“歌うのであれば自分の意思をしっかりと反映させたい”という想いがあったからこそこだわり抜いた歌詞、さらに大好きなUVERworldのことについてなど、たっぷりと話してもらった。

文/吉田可奈

【田村心 読者プレゼント企画開催】
7月31日〜8月2日に掲載されるインタビュー&ランキング記事にキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、8月2日掲載のプレゼント企画記事をチェック!

ENOUGH-1」に触発された!?俳優へと背中を押してくれたUVERworldの存在

――歌手デビューが決まった時の心境を教えてください。
田村 まず、驚きと不安と葛藤が同時に訪れました。音楽に対して特別な想いがあるからこそ、“俳優をしている自分が音楽をするのはどうなんだろう”って思いました。でも、待っていてくれるファンの方や、「楽しみ」と言ってくださる方がいるので、そういう方たちに向けて、今できる精一杯を歌に乗せて届けられたらいいなと思っています。
――その“音楽に対する特別な想い”は、様々なところで語られているUVERworldの存在が大きいのでしょうか?
田村 そうですね。もともと俳優という職業に興味と憧れがあったのですが、そんな自分に素直になれず、言葉にすることができなくて。そんなときにUVERworldさんのライヴで、TAKUYA∞さんの熱いMCと、「ENOUGH-1」という曲に触発されて、“自分が好きなことをやろう”と思い、この業界のドアを叩いたんです。そういう意味では、UVERworldさんが僕の背中を押してくれたといっても過言ではないんですよ。
――そんな熱い想いがあるとなると、音楽への想いもより強くなりますよね。
田村 はい。なので、今回デビューシングルに収録させていただく曲については、たくさんディスカッションをさせていただきました。
――どのように曲選びをされたんですか?
田村
 最初に5曲ほど聴かせていただいた中に、カップリング曲である「Next step」があったんです。その時はまだ1番しか仕上がっていなかったのですが、すでに自分とリンクしているかのような歌詞に共感して、一瞬で好きになりました。そこで作詞家さんに会わせていただき、より“田村心らしい曲”にするために、今までのお仕事で刺激を受けてきたことや、役者に対する自分の考え、今の不安など、ネガティブな面もすべて話させてもらったんです。その時の話を踏まえた上で2番を書いていただいたので、ある意味、今の自分の意思表明のような曲になりました。
――今後、新しい挑戦をするときに励みになりそうな曲ですね。
田村 そうですね。いつ聴いても原点回帰ができる曲になったと思います。キーが高くて、歌うのは少し大変なのですが、心から歌える言葉が並んでいるのですごく気に入っています。
――表題曲の「君がいて欲しい」は、どのように作られたのでしょうか?
田村 この曲の原曲は、今とは全く違う歌詞とタイトルのラブソングだったんです。でも、僕はデビュー曲のタイミングでラブソングを歌うのではなく、ファンのみなさんに向けた曲にしたくて、メッセージソングとして作ってもらいました。自分が作詞をしていないにも関わらず、しっかりと僕の意見を取り入れてやりやすい環境を作ってくれたので、とてもありがたく思っています。

5年前のリベンジ希望!?この夏にチャレンジしてみたいこととは!?

――MUSIC VIDEOはどんなものになりそうですか?
田村 まだ撮影していないのですが、旅に出て、自分と向き合う姿をコンセプトに撮影をする予定で。静かな海岸でロケをするので、リラックスしながら素顔に近い自分が出せたらいいなと思っています。
――楽しみにしていますね。ちなみに、もともと歌うことは好きだったんですか?
田村 実は人前で歌うことに抵抗があって、カラオケも全く歌わないタイプだったんです。でも、ひとりでカラオケに行くことは大好きで、よくミュージカル『刀剣乱舞』の歌や、自分の好きな歌を歌っていました。2.5次元の舞台に携わるようになってから、より歌と密接になったので、この歌手デビューを機に歌の技術を高めて、お芝居に還元できたらいいなと思っています。
――ボイストレーニングには行かれたんですか?
田村 歌手デビューが決まってから行くようになりました。ボイトレの先生は、音楽をどう思っているのか、どんな過去があるのかなどをしっかりと聞いてくれたんですよ。
――カウンセリングのようですね。
田村 それに近いと思います。向上するためのアドバイスをもらうことができたのですごくいい機会でした。
――さて、このデビューシングルは夏に発売になりますが、田村さんが夏にしたいことはありますか?
田村 登山です!5年ほど前に富士山に登ったのですが、その日は曇っていて朝陽が見られなかったので、リベンジをしに行きたいですね。役者としては、今はただ、技術を高めたいと思っています。というのも、『僕のヒーローアカデミア』や、『ハッピーマーケット!!』で、瞬発力や順応力の大切さを身に染みて感じたんです。すごい俳優さんって、何かを言われたらすぐにその演技ができるんですよね。それを目の当たりにしたからこそ、僕もお芝居の技術を高めて、もっと成長し、いい役者といわれるようになりたいと思っています。

【読者プレゼント企画のキーワードはこちら!】
1文字目→「心」




あなたへオススメの記事


RECOMMEND

薬研藤四郎を演じたあの人が理想的!定本楓馬が一緒に住んでみたい俳優BEST3

ミュージカル『刀剣乱舞』~結びの響、始まりの音~や、舞台『僕のヒーローアカデミア The “Ultra” Stage』などに出演し、俳優として活躍している田村心が、7月31日にシングル「君がいて欲しい」でついに歌手デビューを果たす。“音楽を大切に想っているから . . . 続きを読む

【『映画刀剣乱舞』インタビュー vol.01】鈴木拡樹「映画ではこれまでで一番感情をあらわにした」 耶雲監督と話し合い演じた三日月宗近の新たな表現!

ミュージカル『刀剣乱舞』~結びの響、始まりの音~や、舞台『僕のヒーローアカデミア The “Ultra” Stage』などに出演し、俳優として活躍している田村心が、7月31日にシングル「君がいて欲しい」でついに歌手デビューを果たす。“音楽を大切に想っているから . . . 続きを読む

【『映画刀剣乱舞』インタビュー vol.02】荒牧慶彦「山姥切国広は僕にとってとても大切な礎」 『映画刀剣乱舞』で得る事ができた学びと刺激

ミュージカル『刀剣乱舞』~結びの響、始まりの音~や、舞台『僕のヒーローアカデミア The “Ultra” Stage』などに出演し、俳優として活躍している田村心が、7月31日にシングル「君がいて欲しい」でついに歌手デビューを果たす。“音楽を大切に想っているから . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense