• エンタメ
  • 【インタビュー】磯村勇斗「“ととのいブーム”が到来したら嬉しい」ドハマリ中のサウナ愛を語り尽くす!!
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2019.07.18

【インタビュー】磯村勇斗「“ととのいブーム”が到来したら嬉しい」ドハマリ中のサウナ愛を語り尽くす!!

サウナ好きによるサウナ好きのためのドラマ『サ道』(テレビ東京ほか)が、719日より放送スタート。原田泰造、三宅弘城、宅麻伸と並び芸能界きってのサウナ好き俳優である磯村勇斗が演じるのは、コンサルタント会社を経営する若手の博識サウナー“イケメン蒸し男”だ。キャストがほぼ裸のままで臨んだという異例の撮影現場での楽しみ、“ととのう”ことで得られる多幸感など、話を聞けば聞くほど彼のサウナ愛が溢れ出てきて止まらない!

文/杉江優花

【磯村勇斗 サイン入りチェキ プレゼント企画開催】
7月18日〜19日に掲載されるインタビュー&ランキングの記事下に2つのキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、19日に掲載されるプレゼント企画記事をチェック!

股間が見えたら即NG!?サウナーにとっての幸せな撮影現場とは?

――サウナ伝道ドラマ『サ道』への出演が決まって、どう思われましたか?
磯村 全国のサウナーにとってのバイブルである『マンガ サ道』(講談社モーニングKC刊)をドラマ化してしまうっていうのは斬新だな、攻め続けるテレビ東京さんはすごいなとまず思ったのと(笑)……そういう作品に出演させていただけるっていうのはすごく嬉しいし、即決で“やりたい!”という気持ちになりました。
――主人公であるナカタアツロウを演じる原田泰造さん、サウナ仲間の偶然さんを演じる三宅弘城さんと共に、レギュラーメンバーであるイケメン蒸し男を演じる磯村さん。出演シーンはほぼ裸での登場となりますが……。
磯村 そうですね。サウナ室から水風呂、外気浴という流れがメインで、休憩処のシーン以外では服を着ることがないっていう(笑)。
――撮影前には何か特別な準備をされたのでしょうか。
磯村 やっぱり人様に見せられる身体にはしておこうと思いまして、できる限りのトレーニングはしました。エキストラさんもスタッフさんも男性ばかりですから、恥ずかしさはなかったですけどね。芝居的に問題がなくても股間が見えちゃうとNGになってしまうので、そこだけはいつもヒヤヒヤしながら撮影していました(笑)。
――ナカタ、偶然さん、イケメン蒸し男の3人の絶妙な掛け合いも楽しい作品ですが、撮影現場は和気藹々としていて?
磯村 裸の付き合いをする中で、実際にサウナにめちゃめちゃ詳しい原田さんや三宅さんに、サウナのあれこれをたくさん教えていただいたりもして。毎日、撮影現場に向かうのが楽しみでしょうがなかったし、原田さんと三宅さんと共に“ととのう”時間は僕にとって至高でした。
――サウナ室から水風呂、外気浴へという流れを繰り返して、やがて“ととのう”瞬間が訪れるということですが、“ととのう”とどういった状態になるのでしょうか。
磯村 “ととのう”っていうのは、自らを解放できる瞬間。その“ととのう”を味わうには水風呂入浴が欠かせないと原作マンガに描いてあったので、それまで入れなかった水風呂に『サ道』の撮影開始前に意を決して入ってみたら、“ととのう”を知ることができて。サウナ室から水風呂、外気浴へという流れを繰り返すことで血流が良くなるからか、シンプルに気持ち良い波が訪れるんです。それ以上に“ととのう”ことってないなと僕は思うし、一度味わってしまったら最後、抜け出せないですよ。

サウナで仙人に遭遇!?絶対に見せたくない一面を告白!

――プライベートでも、サウナによく行かれるのですか。
磯村 『サ道』をきっかけに、頻繁に足を運ぶようになりました。2、3日に1度は行かないと身体がダメになるくらい、最近はどっぷりハマっています。
――サウナに通う中で、印象的な出会いや出来事があったりもするのでしょうか。
磯村 ありますね。僕は1セットでサウナに入るのは6~8分なんですけど、20分近く連続して100℃超えのサウナに入り続けているおじさんに出会ったときは、この方はサ道を究めた仙人だと思いました(笑)。あと、ついこの間はロウリュ(熱したサウナストーンに水をかけて水蒸気を発生させるフィンランド発祥のサウナ風呂の入浴法)で、新人の熱波師(大型タオルで高温の蒸気を扇ぐ人)さんが奮闘する姿を見て、サウナ室にいた30人くらいがだんだん応援モードになって。僕も一緒になって「頑張れー!!」って声を上げたし、あの一体感はだいぶ高まりました。
――そんな感動体験もできるとは。サウナに行ったとき、必ずすることはありますか?
磯村 まずはシャワーを浴びて体を洗って、水気を拭いてからサウナ室に入って、汗を流したら水風呂に入って、ベンチで“ととのう”っていうことを3セット繰り返すのが僕のルーティーン。そして、サウナから上がったら“オロポ”を飲むんですよ。
――オロポとは??
磯村 オロナミンCとポカリスエットを混ぜた、サウナーにはお馴染みのドリンクです。それも『サ道』で知ったんですけど、サウナのあとのオロポ、最高ですよ。
――ドラマのことにしろ、磯村さんのサウナ愛にしろ、触れれば触れるほどサウナへの興味が湧きます。
磯村 サウナって年齢の高い男性が集う場所というイメージが強いかもしれないですけど、最近は若い男性も増えてきているし、“心の整体”とも呼ばれるサウナは、女性も楽しめて癒やされる場所でもあると思うんですよ。ちなみに、僕はサウナに通い始めてから肌がツルツルになってきたなとも感じていて。最近、僕に影響されてサウナに行くようになった兄も、「勇斗、肌めっちゃツルツルになっている!」って感動していたし(笑)、美容効果も高いと思います。ドラマ『サ道』をきっかけに、たくさんの方にサウナの魅力を知っていただいて、“ととのいブーム”が到来したら僕は嬉しい限りです。
――なお、イケメン蒸し男は股間をどうにかと隠そうとしますが、磯村さん的にあまり人に見せたくない面はあったりしますか?
磯村 台本を覚えている姿かな。普通に台本を読むだけだったらいいんでしょうけどね。僕の場合は変な動きをつけちゃったりするし(笑)、努力をしているところを人に見られるのが嫌なタイプなので。
――じゃあ、台本を覚えている姿をもし誰かに覗かれてしまったら……。
磯村 「ご飯を奢るからお願い!」って頼み込んで、絶対に黙っておいてもらいます!(笑)。

【読者プレゼント企画のキーワードはこちら】
1つ目→「幸


【作品情報】
ドラマ25『サ道』(テレビ東京ほか)
毎週金曜日深夜0:52〜

©「サ道」製作委員会



あなたへオススメの記事


RECOMMEND

【インタビュー】磯村勇斗×杉野遥亮 “イノハリ”幼馴染みコンビが語る音楽の魅力「不安なんてどうでもよくなるくらいのめり込んでいた」

サウナ好きによるサウナ好きのためのドラマ『サ道』(テレビ東京ほか)が、7月19日より放送スタート。原田泰造、三宅弘城、宅麻伸と並び芸能界きってのサウナ好き俳優である磯村勇斗が演じるのは、コンサルタント会社を経営する若手の博識サウナー“イケメン蒸し男”だ。キャス . . . 続きを読む

【インタビュー】山田孝之「ひとりでは無理だけど仲間と協力すればなんとか乗り切れる」人生の岐路に立ち挑戦し続ける男の生き様

サウナ好きによるサウナ好きのためのドラマ『サ道』(テレビ東京ほか)が、7月19日より放送スタート。原田泰造、三宅弘城、宅麻伸と並び芸能界きってのサウナ好き俳優である磯村勇斗が演じるのは、コンサルタント会社を経営する若手の博識サウナー“イケメン蒸し男”だ。キャス . . . 続きを読む

【インタビュー】坂口健太郎「「反抗期がなさそう」って言われるけど、めちゃくちゃありました!(笑)」“あの頃”を振り返り自身の親子関係を紐解く!

サウナ好きによるサウナ好きのためのドラマ『サ道』(テレビ東京ほか)が、7月19日より放送スタート。原田泰造、三宅弘城、宅麻伸と並び芸能界きってのサウナ好き俳優である磯村勇斗が演じるのは、コンサルタント会社を経営する若手の博識サウナー“イケメン蒸し男”だ。キャス . . . 続きを読む

【インタビュー】中川大志「あそこまでの“ゾーン”に入ることはなかなかない」ドラマ版『賭ケグルイ』のラスボスがついに降臨!

サウナ好きによるサウナ好きのためのドラマ『サ道』(テレビ東京ほか)が、7月19日より放送スタート。原田泰造、三宅弘城、宅麻伸と並び芸能界きってのサウナ好き俳優である磯村勇斗が演じるのは、コンサルタント会社を経営する若手の博識サウナー“イケメン蒸し男”だ。キャス . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense