• ミュージック
  • 【ライヴレポ】chayが“テラハ”卒業後初のワンマンライヴで涙!「CanCam」の専属モデル起用を発表
CONTENTS
Home
  • ニュース
  • 2014.05.09

【ライヴレポ】chayが“テラハ”卒業後初のワンマンライヴで涙!「CanCam」の専属モデル起用を発表

8日、飛躍のきっかけとなったレギュラー番組『テラスハウス』を卒業後、初のワンマンライヴ『chay Special Live “Twinkle Days” 』を開催した“まいまい”ことchay。ライヴ中には、「CanCam」(小学館)の専属モデルになったことがサプライズで発表され、ファンからの祝福にchayスマイルを見せていた。

会場となった東京・渋谷duo MUSIC ECXHANGEには、彼女と同世代の女性を中心としたファンが集まり、スタート前からchayコールが沸き起こる。そんな中、白いワンピースにキラキラのアクセを付けたchayが登場すると、「かわいい!」と、割れんばかりの黄色い声援が飛び交った。

「chayスペシャルライヴ!“Twinkle Days”へようこそー!盛り上がっていきましょう!」と、大きな声で呼びかけ、「恋はとなりから」からスタート。chayの一挙一動に歓声が上がる中、2ndシングル「I am」をはじめ、緩急つけた選曲でファンを盛り上げる。この日は多くのファンが会場に詰めかけたため、chayは何度も「大丈夫?熱くない?きつかったら言ってね」とファンを気遣う場面も。

自身のルーツともなっている洋楽コーナーでは、白いロングワンピースに花冠を付けたchayがベンチに座り、THE ALFEEの坂崎幸之助から借りたというギターを手にビートルズの名曲「Let It Be」を弾き語りで披露。その歌声に観客は息をのんで聴き入っていた。さらに、『テラスハウス』のテーマソングとしても知られるテイラー・スウィフトの「We Are Never Ever Getting Back Together」では、イントロが流れた瞬間、歓声があがり、観客と一緒に歌い盛り上がる。コーナー最後は「みんなが知っている曲、何がいいかなぁって考えた」という彼女がギターを置き、ピアノの伴奏のみで大ヒット映画『アナと雪の女王』の劇中歌「Let It Go」を力強く歌い上げた。

レースがあしらわれた白いミニワンピースに着替え再登場したchay。「Don’t be afraid」では拳を突き上げ、「Go Go!」では、<Go Go Go Go!>とのコール&レスポンスで会場が一体感に包まれた。と、ここで「発表があります!」と、女性ファッション誌「CanCam」(小学館)の専属モデルになったことを発表。「目で見て楽しめるようなアーティストになりたいっていうのが目標で、好きなファッション、メイクという面で、CanCamさんに出させていただけるっていう事はすごくうれしいし、前向きにとらえてがんばっていきたいと思っています。歌はもちろん、ファッション、メイクも同時に発信していけたらなと思いますので、ぜひチェックしてみてください!」と、専属モデルになった想いを語り、観客からは「おめでとう!」との祝福の声があがった。

本編最後はライヴのタイトルにもなっている「Twinkle Days」。サビでは、観客が一斉に白い布を頭の上で回すというサプライズがあり、「何〜?」と驚いていたchayだったが、その光景に感極まり涙を浮かべるひと幕も。「泣き虫なんだから!」と言いながら、とてもうれしそうな表情を浮かべステージを後にした。

会場からはすぐさま「chayコール」。このアンコールをうけて、白と黒のワンピースにポニーテール姿のchayがステージへ。その姿に、またもや観客からは「かわいい!」との声が上がり、彼女がファッションアイコンとしても注目され始めていることが感じられた。アンコールでは「You tell me」と、「together」の2曲を披露。ラストは「またみんなと会えますよーに!!」と叫び、このスペシャルイベントは幕を閉じた。

RECOMMEND

chayの最近作って好評だった手作り料理BEST3

8日、飛躍のきっかけとなったレギュラー番組『テラスハウス』を卒業後、初のワンマンライヴ『chay Special Live "Twinkle Days" 』を開催した“まいまい”ことchay。ライヴ中には、「CanCam」(小学館)の専属モデルになったことがサ . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense