• ミュージック
  • 【インタビュー】山崎育三郎 「城田優と寄り添いながら気持ち良く歌えた」 ヒャダインとのタッグで魅せるエンターテインメント
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2019.07.03

【インタビュー】山崎育三郎 「城田優と寄り添いながら気持ち良く歌えた」 ヒャダインとのタッグで魅せるエンターテインメント

山崎育三郎が歌手として1年ぶりにリリースするのは、ミュージカルや舞台、ドラマなどで磨いてきた豊かな表現で色鮮やかに描くカバーアルバム『MIRROR BALL’19』。ヒャダインをプロデューサーに迎えて躊躇なく大胆なチャレンジを重ね、表現者としての矜持に彩られた作品は、とても楽しくて刺激的だ。また、様々な時代のブームを盛り込んだ「お祭りマンボ」のMUSIC VIDEOにちなんで聞いた、彼が体験してみたいブームとは?

文/杉江優花

【山崎育三郎 読者プレゼント企画開催】
7月3日〜5日に掲載されるインタビュー&ランキング記事にキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、5日掲載のプレゼント企画記事をチェック!

あるジャンルに初チャレンジしたヒャダインとの制作エピソードに迫る!

――ヒャダインさんらしい自由な発想でダンスアレンジされた、時代もジャンルも超えた名曲たち。山崎さんの変幻自在な歌声によって、実に色鮮やかに、刺激的に響きます。
山崎 “ミラーボール”というテーマだけを決めて、初めてタッグを組ませていただいたヒャダインさんが、「これまでになかった山崎育三郎を引き出したい」って言ってくださいまして。ふたりでいろいろと話しながら、1950年代以降現代までのダンスミュージックを蘇らせていったんですけど、歌う僕としても発見がたくさんあったし、刺激もたくさん受けたし、本当に素敵な機会をいただけたなと思います。
――美空ひばりさんの「お祭りマンボ」にはインド音楽的なアプローチにラップやタップまで加わっていたり、舟木一夫さんの「高校三年生」は現役高校生ラッパーとのコラボですっかりHIP-HOPに振り切っていたり、その斬新な手法には驚かされたりもして。
山崎 ですよね(笑)。でも、僕は「何これ!?」と言われることにもどんどん挑んでいきたいと思っていたし、ヒャダインさん自身そういう考えの方なので。ふたりでおもしろがりながら作っていきました。ラップは、初めてやったんですけどね。
――とは思えないような仕上がりなのが、さらに驚きです。
山崎 「お祭りマンボ」だけでなく、「フレンド・ライク・ミー」にしてもそうだったんですけど、ヒャダインさんがキャラクターを挙げてディレクションしてくださって、僕はそのキャラクターとして演じて歌うというか。
――実写映画も話題の『アラジン』でジーニーが歌う「フレンド・ライク・ミー」なんかは、加工なしで目まぐるしく声色を変えたそうで、エンターテイナーとしての本領を発揮しているなと。
山崎 例えば、以前ドラマ『昭和元禄落語心中』(NHK)で落語家を演じたことから、「ここは落語っぽく」っていうヒャダインさんの提案があったりとかもしたんですよ。僕は子どもの頃から『アラジン』が大好きで、ジーニーといえば山寺宏一さんしか考えられないとずっと思っていたわけですけど、1曲の中でいろいろなキャラクターを演じることによって、新たな「フレンド・ライク・ミー」を生み出すことができたんじゃないかなとは思います。
――小さな頃から純粋な心で作品を愛して、ミュージカル、舞台、ドラマ、映画、アニメなどで様々なお芝居を重ねてきた山崎さんだからこそ、できることですよね。かと思えば、ご自身の声を加工して男女2役に挑戦された「雨に唄えば(Singin’ in the Rain)」は、まさかの“KAWAII”仕上がりで。
山崎 ミュージカルの名曲なわけですけど、原曲とはガラっと違う、ディズニーランドのエレクトリカルパレードみたいな雰囲気になって。出来上がったものを聴いて、僕もびっくりしました(笑)。

この目で確かめたい!彼が体験してみたい過去のブームを直撃!!

――また、「かけめぐる青春with 城田優」は、城田優さんとのデュエットナンバー。なんて素敵な相乗効果なのだろうという感動があります。
山崎 このカバー企画の初期から、ヒャダインさんが「ビューティーペアの「かけめぐる青春」を山崎育三郎と城田優に歌ってほしい!」と言っていて。優とはミュージカルでも共演していますからね、寄り添いながら気持ち良く歌えました。ただ、ヒャダインさんが入れたセリフを言うとき、なぜか優と僕のマイクが向き合ってセッティングされていたので、そのときばかりはどうしても笑ってしまったりはしましたけど(笑)。
――想像すると確かにおもしろい(笑)。そして、ボーナストラックに収録されているのは、世界的な名曲「マイ・ウェイ」。ピアノを奏でる宗本康兵さんと隣り合って一発録りをされたという山崎さんの歌声に、どうしたって胸を打たれます。
山崎 そう感じていただけたのなら、すごく嬉しいです。「マイ・ウェイ」の歌詞に、今の自分自身をすごく重ねられるというか。ミュージカル、舞台、ドラマ、映画、アニメ、バラエティ、そして歌といろいろな表現をさせていただいていますけど、すべてひっくるめて自分のエンターテインメントだし、ジャンルを超えてもっともっとチャレンジをしていく中で、サプライズもお届けしたいので。“信じたこの道を私は行くだけ”というフレーズは、そのまま僕の想いでもあるんです。
――本当に、何度でも聴きたいし、長く人生に寄り添ってくれるだろうなと感じられる作品です。なお、「お祭りマンボ」のMUSIC VIDEOにはエルヴィス・プレスリーに始まり、バブル時代のジュリアナダンス、クラブ全盛期のヒップホッパー、ヤマンバギャルとパラパラ、学生服でTikTokダンスに壁ドンなど、新旧の様々なブームがてんこ盛りですね。
山崎 そうなんです。このMVでは、“令和のエンターテイナー”と称して、いろいろな時代にタイムスリップして七変化するっていう。実はギャル男に扮しているヒャダインさんの姿もお楽しみいただきたいなと思います(笑)。
――ものすごいインパクトです(笑)。ちなみに、山崎さんが今だからこそ体験してみたいブーム、行ってみたい時代は?
山崎 バブルかな。スタッフにバブル時代を謳歌した方がいて、いつも話には聞くんですけど、どれだけ華やかな時代だったのかをこの目で確かめてみたいなと。もしバブル時代に行けるなら、がっつり肩パッドの入ったスーツを着てディスコで踊りたいです(笑)。

【読者プレゼント企画のキーワードはこちら!】
1文字目→「バ」




あなたへオススメの記事


RECOMMEND

【インタビュー】山崎育三郎「“I LAND=育三郎ランド”にいざないたい」 彼にしか表現できない“ミュージカルポップス”!

山崎育三郎が歌手として1年ぶりにリリースするのは、ミュージカルや舞台、ドラマなどで磨いてきた豊かな表現で色鮮やかに描くカバーアルバム『MIRROR BALL’19』。ヒャダインをプロデューサーに迎えて躊躇なく大胆なチャレンジを重ね、表現者としての矜持に彩られた . . . 続きを読む

懸命な生き様がとにかく泣けた!山崎育三郎が好きな野球マンガBEST3

山崎育三郎が歌手として1年ぶりにリリースするのは、ミュージカルや舞台、ドラマなどで磨いてきた豊かな表現で色鮮やかに描くカバーアルバム『MIRROR BALL’19』。ヒャダインをプロデューサーに迎えて躊躇なく大胆なチャレンジを重ね、表現者としての矜持に彩られた . . . 続きを読む

横山だいすけとコラボしたい!山崎育三郎が役者以外でなりたい職業BEST3

山崎育三郎が歌手として1年ぶりにリリースするのは、ミュージカルや舞台、ドラマなどで磨いてきた豊かな表現で色鮮やかに描くカバーアルバム『MIRROR BALL’19』。ヒャダインをプロデューサーに迎えて躊躇なく大胆なチャレンジを重ね、表現者としての矜持に彩られた . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense