• エンタメ
  • 【インタビュー】香取慎吾「逃げたくなったときでも、光を目指してきた」第一線を走り続けてきた男の“光”と“闇”
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2019.06.28

【インタビュー】香取慎吾「逃げたくなったときでも、光を目指してきた」第一線を走り続けてきた男の“光”と“闇”

芝居で見せる繊細さも含めて、香取慎吾は“物語の真ん中でエネルギーを放つ存在”といった印象が強かった。映画『凪待ち』では、その光の要素を封印し、ギャンブル依存、暴力といった“負”の連鎖を背負った役に挑戦。映画『凶悪』『孤狼の血』を世に放った白石和彌監督が引き出した、香取の中にある闇とは――。作品や役柄、当時の心境や白石監督との幸福な出会いについて、役の衣を脱いだ彼が、ユーモアを交えた穏やかな口調で語ってくれた。

文/根岸聖子

白石監督との初タッグで生まれた新たな一面!“走らない男”は以外と楽!?

――演じられた木野本郁男という人物は、これまで香取さんが演じてこなかったタイプの役柄ということですが。
香取 確かに、観てくださった方からは“今まで観てこなかった香取慎吾だ”と言われます。でも僕の中では、そういう感触はあまりなくて。自分が主演するにしても、作品は監督のものだという想いが強いので、新鮮な印象を与えたのだとすれば、白石和彌監督が引き出してくれたものなのだと思います。
――役を演じていく上で、自分の中で新たな発見というのはありましたか?
香取 今まで僕が演じてきたのは、全体的に正義を語る役が多かったんだなと。シンプルな言い方をすると、前向きで、光を目指すというより、その人物自身が光そのもので周りを照らすような。そこに気付けたのは、今回演じた郁男が、あまりにもこれまで演じた役とかけ離れていたからなんでしょうね。撮影を振り返ると、楽な面もありました。正義を語る役って、台本でページをめくったら、必ず走り出すんです。でも郁男は走らない。次のシーンにはもういないので、撮影時間や体力的には楽でした(笑)。
――殴り殴られといったシーンも大変そうですが。
香取 いやいや、それほどじゃないです。すべてのシーンに参加しようとする、正義感の強い男のほうがいろいろと大変ですよ(笑)。
――物事が上手く運ばないとき、どん底に陥ったとき、自分ならどうするだろう!?と考えさせられる部分もありましたが、香取さんはいかがでしたか?
香取 この手の映画だと、エンターテインメント作品としては、もっと光が差すものだと思うんです。フィクションなんだけどノンフィクションのような、この作品の絶妙な光の見え具合が、僕はすごく好きなんですね。僕も自分の人生と照らし合わせてみて、今は人生のどの辺なんだろう?と考えさせられました。そして僕はこの作品で白石監督と出会えて、監督の作品に参加できて、幸せだと感じたんです。
――香取さんが抱えている心の闇というのは?
香取 それはここでは言わないです(笑)。僕は闇とはかけ離れたアイドルとして生きてきているから、みなさんには見せない闇の部分というのは、自分としては好きな部分かもしれないな。そんな闇的なところを、監督が引き出してくれているんだと思います。お芝居ではあるけれど、俳優さんが生きてきた人生というのも、役には影響すると思うので。

若者のSNS事情調査にほっこり!?不安やプレッシャーがなくなった瞬間とは?

――新しい地図を始めて、初めての単独主演映画でプレッシャーもあったと語っていましたが、その当時の心境についても教えてください。
香取 稲垣吾郎と草彅剛と3人でやらせてもらった『クソ野郎と美しき世界』という映画があったのですが、あれはどこか、お祭り感覚なところがあったんです。よし、何かやってやろうぜ!っていうね。それが終わって、いざ自分がひとりで映画をやらせてもらうとなったときに、“ヤバイな”“大丈夫かな…?”といろんな想いが生まれた。白石監督と仕事をするかもしれない…という段階で『凶悪』を観て、“僕は、どんな作品に参加することになるんだろう!?”と。さらに監督が撮った『孤狼の血』も観て、怖そうな人なのかな?と思ったんです。でも会った瞬間に、監督が「香取さんと仕事がしたかった」と、延々と話してくれた。そこで不安やプレッシャーがなくなったんです。怖そうだと思っていたけれど、全然そんなことはなかった。自分の抱いていたイメージとの不一致が、いい化学反応を起こしてくれるんじゃないかなと感じられたんです。
――共演者とのエピソードで印象に残っていることはありますか?
香取 ハードな作品でしたが、恒松祐里さんと彼女の年代のSNS事情や、どんなアプリで遊んでいるのかを聞いているときは、ほっこりできましたね。「へぇ〜!今はそういうのがあるんだ!?」なんて、楽しく会話をしていました。ただ、作品自体に重いシーンが多いので、シリアスなシーンの前に「SNSってさ〜」なんて軽い話はあまりできなくて(笑)。映画の前半、恒松さんと僕とふたりでのシーンの合間で“今日は話せる雰囲気かな?”というときくらいでした。
――演じられた郁男のように、香取さんにも“この状況から逃げ出したい”と思うことはあるのでしょうか?
香取 僕は逃げないかなぁ。逃げそうになる瞬間もたくさん経験してきましたけど、逃げなかったから今ここにいる。結果、逃げなかったということなんですよね。逃げて後悔したくないんだと思います。逃げたくなったときでも、少しでも隙間があったらそこをこじ開けて、光を目指してきたから。……うわ、なんかカッコいいぞ(笑)。


【作品情報】
映画『凪待ち
2019年6月28日(金)公開

出演:香取慎吾 恒松祐里 西田尚美 吉澤健 音尾琢真 リリー・フランキー
監督:白石和彌
脚本:加藤正人
音楽:安川午朗
配給:キノフィルムズ
©2018「凪待ち」FILM PARTNERS

<STORY>
毎日をふらふらと無為に過ごしていた郁男(香取慎吾)は、恋人の亜弓(西田尚美)とその娘・美波(恒松祐里)と共に、彼女の故郷・石巻で再出発しようとする。少しずつ平穏を取り戻しつつあるかのように見えた暮らしだったが、小さな綻びが積み重なり、やがて取り返しのつかないことが起きてしまう――。ある夜、亜弓から激しく罵られた郁男は、亜弓を車から下ろしてしまう。その後、亜弓は何者かに殺害された。恋人を殺された挙げ句、同僚からも疑われる郁男。次々と襲いかかる絶望的な状況から、郁男は次第に自暴自棄になっていく――。



あなたへオススメの記事


RECOMMEND

【インタビュー】稲垣吾郎「グループを解散して新しい地図を立ち上げたことも、特別なことではない」 “半世界”を精一杯生きたからこそ見えてくるもの

芝居で見せる繊細さも含めて、香取慎吾は“物語の真ん中でエネルギーを放つ存在”といった印象が強かった。映画『凪待ち』では、その光の要素を封印し、ギャンブル依存、暴力といった“負”の連鎖を背負った役に挑戦。映画『凶悪』『孤狼の血』を世に放った白石和彌監督が引き出し . . . 続きを読む

稲垣吾郎が2006年以来となる長編アニメーション映画に出演!追加声優キャストも続々と解禁!!

芝居で見せる繊細さも含めて、香取慎吾は“物語の真ん中でエネルギーを放つ存在”といった印象が強かった。映画『凪待ち』では、その光の要素を封印し、ギャンブル依存、暴力といった“負”の連鎖を背負った役に挑戦。映画『凶悪』『孤狼の血』を世に放った白石和彌監督が引き出し . . . 続きを読む

稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾、『パラ駅伝in TOKYO2018』で「新しい地図」としてパラスポーツ応援チャリティーソング「雨あがりのステップ」を初披露!

芝居で見せる繊細さも含めて、香取慎吾は“物語の真ん中でエネルギーを放つ存在”といった印象が強かった。映画『凪待ち』では、その光の要素を封印し、ギャンブル依存、暴力といった“負”の連鎖を背負った役に挑戦。映画『凶悪』『孤狼の血』を世に放った白石和彌監督が引き出し . . . 続きを読む

【インタビュー】坂口健太郎「「反抗期がなさそう」って言われるけど、めちゃくちゃありました!(笑)」“あの頃”を振り返り自身の親子関係を紐解く!

芝居で見せる繊細さも含めて、香取慎吾は“物語の真ん中でエネルギーを放つ存在”といった印象が強かった。映画『凪待ち』では、その光の要素を封印し、ギャンブル依存、暴力といった“負”の連鎖を背負った役に挑戦。映画『凶悪』『孤狼の血』を世に放った白石和彌監督が引き出し . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense