• エンタメ
  • パルマ博士を心から尊敬!前島亜美が舞台『囚われのパルマ ―失われた記憶―』で好きなキャラクターBEST3
CONTENTS
Home
  • ランキング
  • 2019.06.23

パルマ博士を心から尊敬!前島亜美が舞台『囚われのパルマ ―失われた記憶―』で好きなキャラクターBEST3

絶賛上演中の舞台『囚われのパルマ ―失われた記憶―』で、主人公・ハルト役(太田基裕)の同僚研究員・篠木文乃役を演じる前島亜美に、本作の好きなキャラクターBEST3を直撃!1位には、キャスト陣の中で一番原作ゲームに詳しいというあの方が演じるキャラがランクイン。意外なエピソードに微笑ましくなります。そして、今回舞台オリジナルキャラクターを演じるということで、役を表現するためにどう稽古に取り組んでいるのかなど意気込みに迫りました。篠木のように彼女にも意外な一面があるみたいですよ!!

【太田基裕×前島亜美  読者プレゼント企画開催】
6月22日〜6月25日に掲載されるランキング記事にキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、6月25日掲載のプレゼント企画記事をチェック!

政木

大手製薬メーカー「シーハイブ製薬」開発研究所所長である政木は、葛藤や想いの深さを託した独白シーンも多く、物語において重要なキャラクター。そんな政木所長を演じる石橋徹郎さんがまた、ものすごく素敵な方なんですよ。お芝居をとても深く捉えて考えられているし、私のような若手にも気さくに優しく話しかけてくださって。原作スマホゲームのことにも誰よりも詳しくて、現場では“パルマ博士”と呼ばれている勉強熱心な石橋さんのこと、心から尊敬しています。

狩谷

シーハイブ医療センターの看守である狩谷は男性キャラクターなのですが、元宝塚歌劇団宙組男役スターである悠未ひろさんが演じられると聞いたときからワクワクしていまして…!本読みの段階から完璧に狩谷としてそこにいらっしゃって、本当にカッコいいんですよ。稽古をしていても、悠未さんのすらっとした立ち姿、男っぽさの中に色気が漂うお芝居に、同性ながらドキっとしてしまいます。

小林祥子

舞台『囚われのパルマ―失われた記憶―』は重厚感ある作品なんですけど、大手製薬メーカー「シーハイブ製薬」開発研究所職員が集まるカフェの店員である小林祥子が出てくるシーンになると、空気がパっと明るく、柔らかくなるんですね。演じる頼経明子さんも場を和やかにしてくださる素敵な方で、懇親会のときに人見知りの私に話しかけてくださったり、お芝居で悩んだときには相談に乗っていただいたりもして、感謝してもしきれません。

舞台『囚われのパルマ―失われた記憶―』への意気込み!

今作で私が演じるのは、ある目的のために大手製薬メーカー「シーハイブ製薬」開発研究所に派遣された、主人公・ハルトの同僚研究員である篠木文乃。彼女は原作のガラス越しの体感恋愛アドベンチャーゲーム『囚われのパルマ』には登場しないオリジナルキャラクターなんですけど、原作の持つ繊細で独特な世界観に違和感なく馴染めるようにということは大事にしつつ……相手によって態度がガラっと変えたりするキャラクターなので、そういう多面的な表現ができないといけないなということも思っています。声優の仕事もさせていただく中で、声色で演じ分けるということを学んできたりもしたものの、かえって声で浮かないようにということには気を付けないといけなくて。声や表情、体全体で変化を付けていけるように、稽古をしながら探っているところです。

主人公・ハルトを演じる太田さんとは、約3年前にミュージカルでご一緒させていただいて以来2度目の共演になるんですけど、すごく落ち着いていて、人間的な器の大きさを感じさせる方だなと。そういう座長に座組み全体が信頼を寄せて、素晴らしい舞台にできるんじゃないかなと思っています。

ちなみに、篠木のような意外な一面は……自分にもありますね。現場で「しっかりしているね」と言っていただけたりするんですけど、全然そんなことはなくて。家に帰ると、やらなきゃいけない最低限のことだけをこなした後は、“人をダメにする”というYogiboに座ったきり、動かないですから。オフの時間はだいぶ省エネモードです(笑)。

文/杉江優花

【読者プレゼント企画のキーワードはこちら!】
2文字目→「理」


【作品情報】
舞台『囚われのパルマ―失われた記憶―』
■大阪公演
2019年6月22日(土)〜23日(日)サンケイホールブリーゼ
■東京公演
2019年6月27日(木)〜30日(日)シアター1010

<ストーリー>
閑静な場所にある大手製薬メーカー「シーハイブ製薬」の開発研究所。そこで日々研究に勤しむ研究員、ハルト(太田基裕)。研究所には先輩の久保田(村上幸平)や郷田(山岸拓生)、同僚の山辺(清水一希)、後輩の島本(瑛)など数名の研究員が働いているが、ある日海外の製薬会社から女性研究員、篠木(前島亜美)が派遣されてくる。新たなメンバーが加わった数日後、研究所所長である政木から新薬プロジェクトを立ち上げることが発表されたが……。

ハルトの周辺に突然現れる謎の男をはじめ、新薬プロジェクトをきっかけに、ハルトを待ち受ける運命の歯車が、少しずつ動き始める……。ハルトが「あなた」に出会うまでを描いたビハインドストーリー。

©CAPCOM CO., LTD. 2019 ALL RIGHTS RESERVED.

オフィシャルサイト:http://palm-stage.com/



あなたへオススメの記事


RECOMMEND

悠未ひろがカッコ良すぎ!太田基裕が舞台『囚われのパルマ ―失われた記憶―』で好きなキャラクターBEST3

絶賛上演中の舞台『囚われのパルマ ―失われた記憶―』で、主人公・ハルト役(太田基裕)の同僚研究員・篠木文乃役を演じる前島亜美に、本作の好きなキャラクターBEST3を直撃!1位には、キャスト陣の中で一番原作ゲームに詳しいというあの方が演じるキャラがランクイン。意 . . . 続きを読む

星野真里の手料理に感激!前島亜美の舞台『あいあい傘』キャストとの思い出BEST3

絶賛上演中の舞台『囚われのパルマ ―失われた記憶―』で、主人公・ハルト役(太田基裕)の同僚研究員・篠木文乃役を演じる前島亜美に、本作の好きなキャラクターBEST3を直撃!1位には、キャスト陣の中で一番原作ゲームに詳しいというあの方が演じるキャラがランクイン。意 . . . 続きを読む

長編が苦手な人にもオススメ!前島亜美が読書の秋にオススメの本BEST3

絶賛上演中の舞台『囚われのパルマ ―失われた記憶―』で、主人公・ハルト役(太田基裕)の同僚研究員・篠木文乃役を演じる前島亜美に、本作の好きなキャラクターBEST3を直撃!1位には、キャスト陣の中で一番原作ゲームに詳しいというあの方が演じるキャラがランクイン。意 . . . 続きを読む

【インタビュー】坂口健太郎「「反抗期がなさそう」って言われるけど、めちゃくちゃありました!(笑)」“あの頃”を振り返り自身の親子関係を紐解く!

絶賛上演中の舞台『囚われのパルマ ―失われた記憶―』で、主人公・ハルト役(太田基裕)の同僚研究員・篠木文乃役を演じる前島亜美に、本作の好きなキャラクターBEST3を直撃!1位には、キャスト陣の中で一番原作ゲームに詳しいというあの方が演じるキャラがランクイン。意 . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense