• エンタメ
  • 【インタビュー】水野勝「ヒロトなりの正義、家族を守る想いを大事にした」柴犬たちに癒されながら演じたメリハリある二面性!
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2019.06.15

【インタビュー】水野勝「ヒロトなりの正義、家族を守る想いを大事にした」柴犬たちに癒されながら演じたメリハリある二面性!

BOYS AND MENのリーダーであり、俳優としても着実にキャリアを積み重ねている水野勝。最新作は、“おっさん×柴犬×会話劇”として、ドラマでも話題となった『柴公園』の劇場版。彼の役は謎のイケメン。物語のカギを握る役をどんな想いで演じたのか。柴犬たちともふもふな日々で生まれた異色作の魅力をたっぷりと語ってもらいました!

文/田部井徹

【水野勝 読者プレゼント企画開催】
6月14日〜16日に掲載されるインタビュー&ランキング記事にキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、6月16日掲載のプレゼント企画記事をチェック!

水野の役柄に疑惑が浮上!?監督直伝のある歩き方は必見!

――綾部真弥監督とご一緒されるのは…。
水野 『人狼ゲームインフェルノ』以来です。3作目になりますね。
――公式サイトによると、役名のところに謎のイケメンとありました。
水野 そうなんですよね。役名はヒロトなんですけど、謎の存在なんです。
――『人狼~』の時も謎の男だったな、と。
水野 綾部監督の中では僕は謎担当なんですかね(笑)。
――その謎のイケメン・ヒロトを演じる上で監督とはどんなお話を?
水野 物語の序盤である疑惑が出るんですけど、監督に「お尻をプリプリして歩いてください」って言われて。「どうやって歩いたらいいですか?」って聞いたら、実際監督が見せてくれて(笑)、その通りにやりました。内面の部分では、ヒロトはすごく姉(ポチママ)を大事にしているので、そこを大事にしようという想いで演じました。
――あの、あたるパパ(渋川清彦)と対峙するシーンは印象的でした。
水野 ヒロトなりの正義というか、家族を守る想いが溢れたシーンですね。この渋川さんと向かい合う場面は、すごく貴重な経験でした。元々、渋川さんは大好きな役者さんで、どちらかというとコワモテの役が多い印象だったので、ちょっと怖い方なのかなって勝手に思っていたんですけど、すごく気さくな方で一緒に演技させていただいて楽しかったです。
――あのシーンは、言い方、ニュアンスなど、いろいろ考えられたんですか?
水野 「二面性を出してほしい」と監督から言われていたので、普段のニコニコしているちょっと弱そうな感じの男の子が、こういう場面では突如として過激なこと言うというメリハリはしっかり出せるように意識しました。
――ちなみに水野さん自身、実際に姉妹は?
水野 妹がいます。妹が彼氏を連れてきたことはまだなくて、女兄妹に恋人ができるというのは、どういう感情になるのか想像でしかないんですけど、突然「婚約します」って言われて現れたおっさんがフラフラしているって聞いたら心配になるし、腹立ちますよね(笑)。ヒロトの反応はわかるよなと思いました。
――柴犬と、直接絡むシーンはなかったかと思いますが、現場には柴犬たちがいて雰囲気はいかがでした?
水野 めちゃくちゃ和気藹々としていましたね。いっちゃん(赤柴の子犬、役名は一郎)とよく一緒にいたんですよ。ずっともふもふしていました(笑)。犬がいるだけで、現場全体の空気が和むんですよね。僕らだけじゃなくて、スタッフさんも癒されていましたし、いるだけで現場が明るくなるアイドル的存在でした。
――ただ、逆に、目線が来なくて大変、みたいなことはなかったですか?
水野 僕も最初そう思っていたんですけど、みんなお利口で、犬のために撮影が止まるということは僕がいた現場ではなかったですね。名優揃いです。

プライベートなのに仕事絡みばかり?水野が今課題にしていること

――仕上がりご覧になって、感じられたことは?
水野 熱い人間と犬の絆のメッセージが込められています!とかじゃなくて(笑)、ちょっと肩の力を抜いて、おっさんたちのダベりを観るという感じの気軽に観られる作品になっていると思います。そんな中で、最後には、ちょっと成長した姿が見られて、ホロっときたり。素敵なお釣りがくる映画だと思います。
――ストーリーはもちろん、全体に流れる空気感が癒されますね。
水野 この作品を観て、損したってことはないと自信を持って言えますね。夕陽をバックにあたるパパが走っているシーンとかめっちゃ綺麗なんですよ。癒されてほしいですね。
――もし続編があるとしたら、こんな風に参加してみたいというのはありますか?
水野 今回、ヒロトは犬を飼っていなかったですけど、次があれば犬を飼っていたいですね。やっぱり現場でちょっと寂しかったですし(笑)。「僕も犬飼ったんです」って言って登場するのもいいかなと勝手に思っています(笑)。
――水野さんご自身のお話も。プライベートの時間、こう過ごしている、あるいはこう過ごしたいというのは?
水野 それ、僕の課題なんです。メンバーの辻本(達規)は、最近、草野球チームに入って、朝5時から野球をやっているらしいんですけど(笑)、僕はそういう発散するものがなくて、何か趣味を作らなきゃいけないなって思っています。
――スポーツは好きなイメージが。
水野 好きなんですけどね。この間もバッティングセンターに行ったんですよ。でもそれは野球選手のキャッチャーの役が決まっていたので、バッティングセンターに行ってキャッチングの練習(笑)。みんながカーンって打っている中でバフッと捕っていました。
――役のために、というのがあると。
水野 そうなんです。アクションの勉強のために格闘技をしたり、役のためにバッティングセンターに行ったりはするんですけど、全部仕事絡みなんですよね。だから、まずはプライベートの時間は、仕事と関係ないオフの過ごし方を見つけますっていうのが今の答えですね(笑)。

【読者プレゼント企画のキーワードはこちら!】
2文字目→「担」



【作品情報】
映画『柴公園』
2019年6月14日(金)より全国のイオンシネマ・シネマート新宿ほか公開

<ストーリー>
犬、ダベリ、そして恋!?おっさんの憩いの場に異変が巻き起こる!?ある街の公園。柴犬を連れてやって来る3人のおっさん、あたるパパ(渋川清彦)、じっちゃんパパ(大西信満)、さちこパパ(ドロンズ石本)は、日々壮大な無駄話を繰り広げていた。ある日、唯一独身のあたるパパに恋の予感が。相手は真っ白な柴犬・ポチを連れたポチママ(桜井ユキ)。もどかしいふたりを応援するじっちゃんパパとさちこパパだったが、あたるパパが謎のイケメン(水野勝)と密会しているのを目撃。イケメンの正体を探るべく、聞き込み調査をするふたりだが、さっぱり要領を得ない。一方、豆柴の一郎をあたるパパに預けていた中年ニートの芝二郎(佐藤二朗)が、そろそろ一郎を返して欲しいとあたるパパに連絡をしてくる…。

オフィシャルサイト:https://shiba-park.com



あなたへオススメの記事


RECOMMEND

声のトーンを変えるだけで伝わる!動物トレーナーが教える言うことを聞かないワガママ犬に出来ることBEST3

BOYS AND MENのリーダーであり、俳優としても着実にキャリアを積み重ねている水野勝。最新作は、“おっさん×柴犬×会話劇”として、ドラマでも話題となった『柴公園』の劇場版。彼の役は謎のイケメン。物語のカギを握る役をどんな想いで演じたのか。柴犬たちともふも . . . 続きを読む

体の隅々まで触れる関係がベスト!動物トレーナーが教える犬ともっと仲良くなるために出来ることBEST3

BOYS AND MENのリーダーであり、俳優としても着実にキャリアを積み重ねている水野勝。最新作は、“おっさん×柴犬×会話劇”として、ドラマでも話題となった『柴公園』の劇場版。彼の役は謎のイケメン。物語のカギを握る役をどんな想いで演じたのか。柴犬たちともふも . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense