• ミュージック
  • 【インタビュー】片平里菜 女子高生のカリスマ的存在 等身大の歌詞が生まれる瞬間
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2014.05.02

【インタビュー】片平里菜 女子高生のカリスマ的存在 等身大の歌詞が生まれる瞬間

2ndシングル「女の子は泣かない」が、10代〜20代前半の女性を中心に大きな共感を集めるなど、新世代シンガー・ソングライターの旗手としての存在感を高めている片平里菜。3rdシングル「Oh JANE/あなた」でも、女性のリアルな感情を反映した歌詞、そして、エモーショナルなボーカルを真っ直ぐに表現している。様々な視点から“女性のキモチ”を捉え、これほどにも共感される歌詞が書けるのはなぜなのか?楽曲の制作秘話から、本作に込めた想い、またデビュー以降の心境の変化などを語ってもらった。

文/森朋之

憧れの亀田誠治とタッグ!女性の強さをリアルに表現

——昨年8月に「夏の夜」でメジャーデビュー。自分の楽曲が浸透している実感はありますか?

片平 そうですね。数字だけではなかなか実感がないんですけど、ライヴやリリースイベント、サイン会などでお客さんと会話したときは“聴いてもらえているんだな”って思います。特に前作の「女の子は泣かない」で、10代の女の子に受け入れてもらえたような感覚があって。嬉しいですね。

——曲を書くとき、リスナーのことは想像してますか?たとえば“女子高生に聴いてほしいな”とか。

片平 “誰かに向けて”ということではなく、最初は自分のために書くことが多いですね。自分の内面に抱えているものを出したり、友達の話を自分なりに膨らませたり…。でも最近は、もっといろいろな作り方を試しているんですよ。今回の「Oh JANE」は、自分の感情を吐き出しつつ、どこか俯瞰で見ながら書いてるようなところがあって。

——非常に生々しい言葉が並んでいますよね。<夢なんて見てさんな 幻想だって言ってんだろ ちゃんと愛して>というフレーズなんて、男性が聴けばドキッとするんじゃないかなと…。

片平 すみません(笑)。男性を攻撃するために作ったわけではなくて、“おもいっきり女性目線で書いてみた”ということなんですけどね。まあ、私も“女の人は怖いな”と思うことはありますけど…。怒った女の人がいちばん怖くないですか?

——確かに(笑)。

片平 「Oh JANE」に関しては、“女性って本当は強いんだよ”ということを歌ってるんですよね。女性は社会的弱者というか、“脆くて弱い”という印象もあるけど、じつはしっかりと強い部分も持っていると思うので。同時に“普段は鎧をまとっていても、繊細なところもある”という二面性を表現してみたくて。

——その女性像は片平さん自身にも重なる?

片平 基本的に私は、“強くありたい”というタイプだと思います。でも、それが何かのきっかけでプツッと切れると、いきなりボロボロ泣き始めたり。人前で泣くことは出来ないですけど、弱さとか繊細な部分もちゃんと持っていないと、人の気持ちに寄り添えないとも思うし。

——強さと弱さ、両方を持っていないとリスナーの感情に訴える曲は書けないのかも。「Oh JANE」のアレンジは亀田誠治さん。言うまでもなく日本を代表するプロデューサーですが、一緒に制作をしてみて、いかがでした?

片平 最初は実感が沸かなかったですね。私はもともと女性シンガーが好きで、(亀田が楽曲アレンジを手がけていた)椎名林檎さんの楽曲も聴いていたので、不思議な感じでした。亀田さんはとても気さくな方で、いろいろと相談にも乗ってくれたんですよね。“シンプルで派手にしてほしい”という、私のよくわからないお願いもちゃんと受け止めてくれて。

——シンプルと派手って、逆のことを言ってる感じもしますよね(笑)。

片平 ふつうは“え?”ってなると思います(笑)。でも亀田さんは“最小限の楽器の数で、個々の演奏を派手にする”って解釈してくれて。出来上がったアレンジもすごくカッコ良かったし、さすがだなって思いました。

10代の頃に作った曲を10代の人に届けたい!

——もう一方の「あなた」は切ないメロディを持つミディアムバラード。<なぜ人は忘れてしまうんだろう 身近なものばかり…>というフレーズが強く心に残りました。

片平 震災のちょっと後くらいに書いた曲なんです。あの時期は、たくさんの人が“人が亡くなることの儚さ”を感じていたと思うんですよね。私も“自分にとって、大切な存在って何だろう?”と考えたし、その答えを探しながらこの曲を書いていた感じもありました。

——明確な答えは存在しないのかもしれないですね、もしかしたら。

片平 そうですね。それでも何かの形にして伝えたいという気持ちがあったというか…。具体的なことは歌えなかったので、かなり抽象的なイメージの曲になってるんですけど、その分、誰にでもあてはまるんじゃないかなって。

——ラブソングとしても成立していますからね。さらに「小石は蹴飛ばして」「あの場所で偶然」も収録。

片平 「小石は蹴飛ばして」は、大きいステージでライヴをやって、お客さんがノリノリで飛び跳ねているところを妄想して作りました。バンドも好きなので、ライヴで盛り上がれる曲があったらいいなって。「あの場所で偶然」は渋谷で初めて路上をライヴをやったとき、最初に立ち止まってくれたお客さんに向けて歌ってるんですよ。今みたいに自分の歌を聴いてもらえる環境がなかったし、立ち止まってくれたことがすごく嬉しくて。

——1stシングル「夏の夜」、2ndシングル「女の子は泣かない」も4曲入り。もしかして多作タイプですか?

片平 ストックは100曲くらいあると思います。シングルに関しては“4曲”というフォーマットを続けたいんですよね。その方が聴いてくれる方も嬉しいと思うし。1stアルバムまでは、自分の初期衝動というか、10代の頃に作った曲をどんどんリリースしたいんですよ。それを10代の人たちに聴いてほしいなって…。だから、惜しみなく出していきます(笑)。

RECOMMEND

片平里菜、新曲「女の子は泣かない」発売直前に、初の海外進出が決定!

2ndシングル「女の子は泣かない」が、10代〜20代前半の女性を中心に大きな共感を集めるなど、新世代シンガー・ソングライターの旗手としての存在感を高めている片平里菜。3rdシングル「Oh JANE/あなた」でも、女性のリアルな感情を反映した歌詞、そして、エモー . . . 続きを読む

【インタビュー】chay 試練を超えた先に見たもの―― 崖っぷちシンガーの快進撃が今、始まる

2ndシングル「女の子は泣かない」が、10代〜20代前半の女性を中心に大きな共感を集めるなど、新世代シンガー・ソングライターの旗手としての存在感を高めている片平里菜。3rdシングル「Oh JANE/あなた」でも、女性のリアルな感情を反映した歌詞、そして、エモー . . . 続きを読む

【インタビュー】aiko 15年経ってもみんなに依存中♡ファンとあたしの不思議な関係

2ndシングル「女の子は泣かない」が、10代〜20代前半の女性を中心に大きな共感を集めるなど、新世代シンガー・ソングライターの旗手としての存在感を高めている片平里菜。3rdシングル「Oh JANE/あなた」でも、女性のリアルな感情を反映した歌詞、そして、エモー . . . 続きを読む

【インタビュー】住岡梨奈 『テラスハウス』卒業ソングが完成!伝えたい“言葉”を歌に込めて――

2ndシングル「女の子は泣かない」が、10代〜20代前半の女性を中心に大きな共感を集めるなど、新世代シンガー・ソングライターの旗手としての存在感を高めている片平里菜。3rdシングル「Oh JANE/あなた」でも、女性のリアルな感情を反映した歌詞、そして、エモー . . . 続きを読む

【インタビュー】Rihwa 輝く新星が歌に込めたピュアな想い “愛は永遠のキーワード”

2ndシングル「女の子は泣かない」が、10代〜20代前半の女性を中心に大きな共感を集めるなど、新世代シンガー・ソングライターの旗手としての存在感を高めている片平里菜。3rdシングル「Oh JANE/あなた」でも、女性のリアルな感情を反映した歌詞、そして、エモー . . . 続きを読む

【インタビュー】chay “まいまい”から“chay”に本格シフト ここが私のスタートライン

2ndシングル「女の子は泣かない」が、10代〜20代前半の女性を中心に大きな共感を集めるなど、新世代シンガー・ソングライターの旗手としての存在感を高めている片平里菜。3rdシングル「Oh JANE/あなた」でも、女性のリアルな感情を反映した歌詞、そして、エモー . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense