• エンタメ
  • 好きすぎて推しメンが決められない!EMPiRE・MiDORiKO EMPiREの最近おもしろかったマンガBEST3
CONTENTS
Home
  • ランキング
  • 2019.04.24

好きすぎて推しメンが決められない!EMPiRE・MiDORiKO EMPiREの最近おもしろかったマンガBEST3

『NEW EMPiRE TOUR』がスタートし、全国各地を飛び回っている6人組アイドルグループ・EMPiRE。マンガやアニメが大好きだというMiDORiKO EMPiREが最近おもしろかったマンガBEST3を挙げてくれました!サバゲー、サイコサスペンス、官能サスペンスとツウ好みのジャンル作品が登場。気になった作品があったら、GWなどを活かして一気読みしてみるのもいいかも。

【EMPiRE  読者プレゼント企画開催】
4月21日〜25日に掲載されるランキング記事にキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、25日掲載のプレゼント企画記事をチェック!

『青春×機関銃』(NAOE/スクウェア・エニックス)

サバゲーのお話です。登場人物全員めちゃくちゃ顔が良い…そして中身のクセクセクセ!全員クセが強い!男の子にみえるJK、エロマンガ家、ホスト…マジで常人はいないです。私はアニメ、マンガを見るといわゆる推しメンがひとりできるのですが、この作品はいろいろなキャラクターに好きが溢れまくって絞れていないです…みんな好き…。サバゲーシーンは、NAOE先生が実際にサバゲーをやっているためものすごいリアル。臨場感と緊迫感をバシバシ感じます!

『血の轍』(押見修造/小学館)

息子を溺愛し過ぎている毒親のお話。ヤバイという言葉がぴったりな作品です。おいおい…マジかよ…なシーンがありすぎる…。押見先生の作品はどれも登場人物の表情がめちゃくちゃリアルで、本当に生きている人間を見ている感じがします。母親の息子への狂気的な愛がこれからどう動いていくのか…何をしでかすのか…。新刊が待ち遠しい〜!

『ワンダーラビットガール』(廣瀬ゆい/集英社)

とてもえっちな作品です!心が崩壊して入院してしまった超エリートな兄。精神的ショックで会話も不能で、取り乱しながら口にしたワンダーラビットガールというキーワード。それを手掛かりに原因を探すべく童貞コミュ障アイドルオタク(顔は良い)の弟が、兄(顔も良い)に成りすまし学園生活を送るのですが、超かわいい特殊性癖を持った女の子にめちゃくちゃ会います!ワンダーラビットガールとは何なのか誰なのか?そんなエロサスペンスです。

【読者プレゼント企画のキーワードはこちら!】
4文字目→「活」


【ツアー情報】
『NEW EMPiRE TOUR』
2019年4月27日(土)広島 HIROSHIMA BACK BEAT
2019年5月3日(金・祝)大阪 OSAKA MUSE
2019年5月5日(日)宮城・仙台 enn2nd
2019年5月12日(日)愛知・名古屋 RAD HALL
2019年5月18日(土)北海道・札幌KLUB COUNTER ACTION
2019年5月19日(日)北海道・札幌KLUB COUNTER ACTION
2019年6月9日(日)東京・SHINJUKU BLAZE

オフィシャルサイト:https://empire-official.com



あなたへオススメの記事


RECOMMEND
CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense