• ミュージック
  • 【ライヴレポ】UVERworld、“ Warm-UP GiG”熱くスタート さらなる飛躍を感じさせた夜
CONTENTS
Home
  • ニュース
  • 2014.05.02

【ライヴレポ】UVERworld、“ Warm-UP GiG”熱くスタート さらなる飛躍を感じさせた夜

UVERworldがツアー『UVERworld LIVE TOUR 2014 Warm-UP GiG』の初日を1日、東京・SHIBUYA-AXで敢行。唯一無二のロックバンドが持つむき出しの本能と、 稀有なるライヴバンドとしてのほとばしる情熱は、オーディエンスを鼓舞し続けた。

「UVERworld史上、最後のAXだよ。過去6回、AXでやってきたんだけど、もちろん今日が一番いいAXになるよな?6人でやる初めてのAX。今月末にここは取り壊されちゃうんだよ。最後だけど、最高の爪痕、ガッチリ残していくんでよろしくお願いします!…2006年に初めてAXをやったときは1200人しか入らなくて、売り切れなかったんだ。今日は1400人ギリギリまで入ってる。3万人を超える応募があったんだよ、おい!最高の1日にしようぜ!真太郎、今までのAXを超える、最高のグルーヴを見せてやれ!」

TAKUYA∞の熱い言葉に続いて繰り出された真太郎のドラムソロが胸に響く。彼の親しみのある和やかなMCとは180度変わる、スリリングで刺激的なドラミングはとにかくカッコいい!という言葉しか出てこない。確かな実力、テクニックを持つ彼のプレイは、バンドの原動力であり、牽引力であることを改めて感じた。間髪入れずに演奏されたのは「Wizard CLUB」。この流れには鳥肌が立った。彰、克哉、信人、SEIKA、真太郎の楽器陣5人が打楽器を叩きまくるその姿は、いつ観ても壮観で目を見張る。バンド全体が放つプリミティブなグルーヴに、オーディエンスは大声で応えまくり、コール&レスポンスが気持ちよすぎるくらいキマる。前半に披露されたこの「Wizard CLUB」で、UVERworldの最後のSHIBUYA-AXライヴは最高のモノになることが約束された。

「そんな夢叶うはずがない、売れるはずがない。成功した途端に手のひらを裏返す者たちに告ぐ、俺達が“NO.1”」

いつ聞いてもゾクゾクするほどカッコいいTAKUYA∞の言葉から、「NO.1」が放たれた。2010年11月27日に行った東京ドーム公演の1曲目に演奏するために作ったこの曲は、いかなる時に聴いても胸を熱くする。“NO.1”を目指す“ONLY.1”のバンド、そのための努力を惜しまないのがUVERworldだ。この曲の逞しさから彼らの心意気を感じた。

そして久々に届けてくれたのが「志-kokorozashi-」だ。TAKUYA∞を筆頭にUVERworld全員が愛してやまないバンドtickの曲。TAKUYA∞がインディーズ時代に観たtickのライヴのことを話し、ボーカルのREIGO5 の魅力を伝えてくれる。 音楽で受けた感動を自分たちの糧にし、自分たちの音楽で与えていくというその志、姿勢は、本当に特筆すべきことだと思う。良い音楽が良いアーティストに受け継がれて行き、みんなに伝わっていく…その循環はいつまでもなくなってほしくない。UVERworldが心を込めて演奏した「志-kokorozashi-」はAX全体を優しく包み込んだ。

ライヴはさらに加速する。インストチューン「Massive」でさらにバンド力を見せつけ、 「Born Slippy」(Underworldのカバー)では単なるロックバンドではないことを知らしめた。エレクトロミュージックをロックバンドで再現する感覚の鋭さが光る。また、バンドを後押しするライティングも幻想的でムーディーな雰囲気を作り上げていた。異空間の中で演奏するバンド、手を挙げ、踊るオーディエンス、ライヴならではの特別な空気に酔いしれた。

終盤は「ナノ・セカンド」で会場全体がものの見事にひとつになり、この日のラストナンバーは未発表曲「7日目の決意」。バンドの心からの想いを詰め込んだこの曲は、 心に真っ直ぐ刺さる。歌詞が持つメッセージを深くかみしめたいと思い続けた。

UVERworldはこの“Warm-UP GiG”を行いつつ、『UVERworld LIVE TOUR 2014』へと向かう。その中でも目玉はやはり、7月5日の京セラドーム大阪公演だろう。2010年に行った東京ドーム公演となる大舞台。6人組となった彼らがどんなライヴを見せてくれるのか、今から楽しみでしょうがない。この日のライヴはもちろんのこと、今年に入ってからのライヴを体感したことから言えるのは、京セラドーム大阪公演は、想像をはるかに超えるモノになるのは間違いないということ。ライヴバンドとしての勇姿と誇りが、京セラドームを圧倒するはず。伝説の目撃者になるのは君たちだ。

写真/dRⅡ

関連リンク

公式サイト
ソニーミュージック公式サイト
UVERworldの楽曲をMusic Unlimitedでチェック!
RECOMMEND
CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense