• エンタメ
  • 【インタビュー】北山宏光「僕もあんな風に奥さんに甘えたい(笑)」猫になって気付けた大切な人への想い
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2019.02.15

【インタビュー】北山宏光「僕もあんな風に奥さんに甘えたい(笑)」猫になって気付けた大切な人への想い

突然、事故で死んでしまった主人公が“猫”になってこの世に戻り人生を挽回する…。映画『トラさん〜僕が猫になったワケ〜』はそんなファンタジックな設定だが、主役・北山宏光のチャーミングでコミカルな持ち味が猫になった寿々男=トラさんに生身の魅力を与え、リアルな感動を呼ぶ作品に。取材中も自然体のラフな語り口で場を盛り上げてくれた北山。自分のことを「犬っぽいけど気分屋なところは猫っぽい」と分析していたが、愛されキャラという点では両方混ざった“ハイブリットタイプ”かも(笑)。

文/若松正子

猫愛が再燃中!Kis-My-Ft2・宮田俊哉とは“ある話題”で持ちきり!?

――今作は映画初主演となりますが、寿々男のキャラクターも猫スーツも、北山さんにどハマりしていたのが印象的でした(笑)。
北山 僕も原作のマンガを読んだときからビジュアルもそうだし、甘えたい願望がある性格も自分に似ているなと思った。僕もあんな風に奥さんに甘えたいですもん(笑)。ただ、寿々男のように抱きついて「愛してるにゃ〜」とかは言えない。僕は家族やメンバーにも言葉で気持ちを伝えないタイプだから、もっと言わないとダメだなって思いましたね。
――愛情表現も含め、寿々男はついつい周りが許しちゃう、チャーミングで憎めないキャラですよね。
北山 そういう部分もマンガをヒントにしていて、ちょっとした表情や豪快に笑うところとか、1個1個の要素を積み重ねて結果的に“こいつ、憎めないなぁ”ってキャラタクーに近づいていくようにしたんですよ。
――トラさん=猫を演じる上でこだわったことは?
北山 トラさんは外見は猫だけど中身は人間じゃないですか。そのバランスがすごく難しくて、監督とも形態模写にならないようにしようって話はしていたんです。だから、例えば人間のように二足歩行で走り回っているけど、ちょっと猫背にするとか、ふとしたところに猫っぽさを入れるようにして、監督が笑ってくれたらOKみたいな。そうやっていろいろ試しながら“トラさん”を作り上げていった感じです。
――ちなみに北山さんは猫派と犬派、どっちですか?
北山 小さいときに猫を飼っていて、そのあと一回、犬にいって“浮気”したけど、最近はまた猫愛が再燃しています。猫って自己中っちゃ自己中だけど、つかず離れずの距離をとってくれるところがすごくいい。僕自身、かまってほしいわりに気分屋だったりもするので、その距離感が合うんですよね。で、僕がそう言ったら宮田(俊哉)も「オレも猫が気になる」って言い出して。飼うか飼わないかって話になっていますよ。

親からの助言が身に染みる!?自身がこれから挽回したいこととは?

――完成したものを実際に観てどう思いました?
北山 自分だけど自分じゃない感じ。“オレ、こんな顔するんだ”って新しい表情や発見があって、これまでに出演した作品とも違っていました。でも、それは妻役の多部(未華子)ちゃんや娘役の(平澤)宏々路ちゃんと一緒にやれたからで、スクリーンの中でもしっかり家族になれた気がします。
――多部さんはどんな印象の方でした?
北山 多部ちゃんは本当に噓のない真っすぐな人。最初は人見知りっぽくて、僕と宏々路ちゃんと3人でいるときに、小説を読み始めたんです。だから「一緒にメシ食おうよ」って誘って、そこからどんどん打ち解けていった感じ。仲良くなってからは僕の私服を見て「何、その服?」とか、こっちが笑けるくらいストレートで、それを宏々路ちゃんが「そんなことないよ」ってフォローしてくれるっていう、そんな家族関係でした(笑)。
――微笑ましいです(笑)。
北山 撮影中は3人のほんわかした空気感が自然と出てくるよう常にコミュニケーションをとっていたので、映像にもそれが表れていると思いますよ。
――そんな愛する家族のため寿々男はトラさんの姿のまま、これまでの行いを挽回しようとします。北山さんは挽回したいことってありますか?
北山 小中高の勉強をやり直したい。昔、親から「絶対、後悔するから今、勉強しておきなさい」って散々言われてもやらなかったけど、今振り返ると言う通りだったなと……。例えば、海外のニュースとかを観ていても、何でこういう問題になっているのか歴史的な背景を知っていればクリアにわかるじゃないですか。そうなったら人生そのものも、もっとおもしろくなる気がするんですよね。
――では歴史を勉強し直したい?
北山 そうですね。あとは国語と英語もやり直したいし、留学とかもしとけば良かった。今もやろうと思えばできるけど。でも、そもそも死ぬまでにやりたいことのひとつに、地球上すべての国を旅したいって夢がありまして、特に今キューバに行きたいんです。
――なかなか行けないですよね。
北山 ただ、旅も勉強も100%不可能なことじゃないですからね。夢と希望を抱いていつか挽回したいです。



【作品情報】
映画『トラさん〜僕が猫になったワケ〜
2019年2月15日(金)公開

出演:北山宏光 多部未華子 平澤宏々路
飯豊まりえ 富山えり子 要 潤 バカリズム
監督:筧昌也
脚本:大野敏哉
原作:「トラさん」板羽 皆(集英社マーガレットコミックス刊)
音楽:渡邊崇
主題歌:Kis-My-Ft2「君を大好きだ」(avex trax)
配給:ショウゲート
©板羽皆/集英社・2019「トラさん」製作委員会

<STORY>
売れないマンガ家の高畑寿々男(北山宏光)は、妻・奈津子(多部未華子)がパートで稼いだお金をギャンブルに使い、お気楽な生活を送っていたが、ある日突然、交通事故であっけなく死んでしまう。そんな寿々男のダメ夫っぷりに“あの世の関所”が下した判決は、「執行猶予1ヶ月、過去の愚かな人生を挽回せよ。但し、猫の姿で――」。トラ猫の姿で奈津子と実優(平澤宏々路)のもとに戻った寿々男は、「トラさん」と名付けられて高畑家で飼われることに。愛する家族のためになにかしたいと思うトラさん=寿々男だが、猫だから言葉さえ通じない。寿々男は、家族に何ができるのか、どうやって人生を挽回するのか――。



あなたへオススメの記事


RECOMMEND

【インタビュー】知念侑李「この人のおかげで今の僕がいる」人生を変えた運命的な出会い

突然、事故で死んでしまった主人公が“猫”になってこの世に戻り人生を挽回する…。映画『トラさん〜僕が猫になったワケ〜』はそんなファンタジックな設定だが、主役・北山宏光のチャーミングでコミカルな持ち味が猫になった寿々男=トラさんに生身の魅力を与え、リアルな感動を呼 . . . 続きを読む

【インタビュー】平野紫耀×桜井日奈子「お芝居の現場では“本職ではない”という意識があった」演技をする上で心を奮い立たされた瞬間

突然、事故で死んでしまった主人公が“猫”になってこの世に戻り人生を挽回する…。映画『トラさん〜僕が猫になったワケ〜』はそんなファンタジックな設定だが、主役・北山宏光のチャーミングでコミカルな持ち味が猫になった寿々男=トラさんに生身の魅力を与え、リアルな感動を呼 . . . 続きを読む

【インタビュー】中島健人×中条あやみ “脱・王子”“脱・清純”で挑んだニセもののコイ「あんなに湯けむりが邪魔で憎いと思ったことはない(笑)」

突然、事故で死んでしまった主人公が“猫”になってこの世に戻り人生を挽回する…。映画『トラさん〜僕が猫になったワケ〜』はそんなファンタジックな設定だが、主役・北山宏光のチャーミングでコミカルな持ち味が猫になった寿々男=トラさんに生身の魅力を与え、リアルな感動を呼 . . . 続きを読む

関ジャニ∞、大阪での凱旋公演で後輩・関西ジャニーズJr.と共演!

突然、事故で死んでしまった主人公が“猫”になってこの世に戻り人生を挽回する…。映画『トラさん〜僕が猫になったワケ〜』はそんなファンタジックな設定だが、主役・北山宏光のチャーミングでコミカルな持ち味が猫になった寿々男=トラさんに生身の魅力を与え、リアルな感動を呼 . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense