• エンタメ
  • 【インタビュー】中島健人×中条あやみ “脱・王子”“脱・清純”で挑んだニセもののコイ「あんなに湯けむりが邪魔で憎いと思ったことはない(笑)」
CONTENTS
Home
  • ニュース
  • 2018.12.20

【インタビュー】中島健人×中条あやみ “脱・王子”“脱・清純”で挑んだニセもののコイ「あんなに湯けむりが邪魔で憎いと思ったことはない(笑)」

中島健人演じる極道一家のひとり息子・一条楽と、中条あやみ演じるギャング組織のひとり娘・桐崎千棘が、性格真逆、相性最悪にもかかわらず、お互いの抗争を鎮めるために偽物の恋人を演じるというラブコメディ『ニセコイ』。“脱・王子”“脱・清純”をテーマにぶっ飛んだ演技を見せたふたりの対談が実現!お互い「かなり楽しかった」と振り返る撮影秘話や、恋愛観までたっぷり話してもらった。

文/吉田可奈

【中条あやみ サイン入りチェキ プレゼント企画開催】
12月20日~21日に掲載されるインタビュー&ランキングの記事下に2つのキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、21日に掲載されるプレゼント企画記事をチェック!

中島健人が体脂肪8%で溺れそう!?そのとき助けに来た人魚の正体とは?

――原作を読んだ感想を教えてください。
中条 読み始めてすぐに、“楽がズルい”と思いました(笑)。私も楽になって、かわいくてスタイルのいい女の子たちに取り合いされたかった!
中島 楽は常にハーレムだもんね。僕も『週刊少年ジャンプ』(集英社)のラブコメは大好きなのでもちろん読んでいました。映画でも、原作と同じく温泉で女の子3人と鉢合わせるシーンがあるのですが、あんなに湯けむりが邪魔で憎いと思ったことはありませんでした(笑)。
――あはは。共演して、お互い“すごいな”と思ったことはどんなことでしたか?
中島 中条さんは、本当に素直なんですよ。まず、撮影2日目に、僕に「気になることがあったら全部言って」と言ってきたんです。そのおかげですごく演じやすかったですね。さらに、僕はあるとき、「金髪が似合って、スタイルのいい千棘は、中条さんにしかできないよね。でも、楽は誰でもできるじゃん?」って言ったら、「う、うん…そうだね」って言っていて。ちょっと否定してほしい自分もいたので、“なんてこの子は素直なんだ!”って思いました(笑)。
中条 弁解させてください!楽は普通の男の子という設定だから、むしろ中島さんはイケメンすぎると思ったんですよ!普通の男の子の役なら、ほかの人でもできるかなという意味で言ったんです(笑)。
中島 “イケメンすぎる”はありがたいけど、“誰でもできる”という言葉の棘は、間違いなく、千棘から発された棘でしたね。
中条 こういうところがプロですよね(笑)。撮影中も、中島さんは体脂肪を12%から8%にしてきてまったくお肉がなくなっていたんですよ。だからプールのシーンで全然浮かなくて大変だったよね。
中島 そうそう!そこを千棘に助けてもらうというシーンだったのですが、実際に撮影しているときも、もう少しでおぼれそうだったんです。そこで泳いでくる千棘のことを見て、人魚かと思いました。僕は人魚に助けられたのかもしれません。
中条 あはは。確かに、誰にでも楽はできたかもしれないけど、楽になるためにすごい努力をしていたのを見ていると、中島さんの『ニセコイ』への愛の深さは誰も勝てないなって思いました。
――役者としては“脱・王子”“脱・清純”を掲げていましたが、それを実感したところはありましたか?
中島 楽の前髪はM字ですごく特徴的で、セットも大変なんです。それにもかかわらず温泉の撮影中に千棘がいきなり水をかけてきたんですよ。「うぉい!」って叫びましたけど「へへへ」って笑っていて(笑)。これは千棘なのか、中条さんなのかわからないですけど、完全に清純派のすることではなかったですね(笑)。
中条 覚えていない…。
中島 ほら、やった方は覚えていないんですよ!何事も!(笑)。
中条 中島さんが“脱・王子”だと思ったのは、『ロミオとジュリエット』のシーンです。本当に難しい撮影でみんなすごく疲れていたのですが、中島さんは気を遣ってか、最初のうちは周りに疲れを見せることがなかったんです。でも、ラストシーンに近づくにつれて顔がどんどんやつれていって、体脂肪も8%だし、あきらかにボロボロになっていく姿を見て、生まれて初めて“ちゃんとご飯を食べて…”とお母さんのような気持ちになって。と同時に、あの顔は外に出したら大変だろうなと思いました(笑)。
中島 あの当時、『24時間テレビ』(日本テレビ系)のロケも並行してやっていたので、初めて自分の中のネジが取れちゃったんですよ。そんなヘロヘロなシーンで、千棘は白いドレスで登場してきたから、僕には聖母マリアにしか見えませんでしたね。もう、僕の目には中条マリアしか映っていませんでした。
中条 改名しようかな、中条マリア(笑)。
中島 いいと思うよ(笑)。

ふたりは“ニセ”に敏感!?中島健人が撮影中についた“嘘”が発覚!

――おふたりは、“ニセコイ”を見破れると思いますか?
中条 見破れると思います。私、嘘センサーは敏感なんですよ。
中島 え!俺は撮影中、何か嘘をついていた?
中条 ついていた!疲れているのに疲れていないとか、優しい嘘だけどね。
中島 あはは。俺は見破れないかな。
中条 嘘だ!
中島 センサーが働いてしまった…。まぁ、見破らないでおくかな。きっと事情があるから。相手の気持ちを尊重するのが愛だからね。
――今回はコメディに体当たりで勝負しましたが、次にやってみたいジャンルの映画はありますか?
中条 今作でコメディの楽しさを実感したので、河合勇人監督とはもちろん、英勉監督や、三谷幸喜さんともご一緒してコメディを極めたいですね。
中島 今、『ドロ刑-警視庁捜査三課』(日本テレビ系)というドラマで、エンケン(遠藤憲一)さんと一緒にひとつのテーマを与えられて、60秒ほどのエチュード(アドリブ演技)をしているんです。それがすごく楽しくて。だからこそ、アドリブを活かせるコメディ+真剣なラブストーリーのような作品に出てみたいかな。もしご縁があれば、福田雄一監督とご一緒してみたいです。
――では最後に、楽と千棘に恋のアドバイスをしてもらえますか?
中条 「素直になれよ」ですね。これは自分にも言えることなのかもしれないです。
中島 俺は「気付いてやれよ」ですね。楽が鈍感なせいで3人の女性を惑わせていますから。「楽のせいで」という曲が出来そう!
――中島さんは鈍感ですか?
中島 僕は敏感です。だからこそ自分からいきたいですね。恋愛では、「鳴くまで待とう時鳥」は通用しないと思うんです。だから、俺は「鳴かせてみよう」の豊臣秀吉精神で行きたいと思うんです。まぁ、楽が鈍感なせいで2時間の映画ができているんですけどね(笑)。

【読者プレゼント企画のキーワードはこちら】
1つ目→「体」


【作品情報】
映画『ニセコイ
2018年12月21(金)公開

出演:中島健人 中条あやみ
池間夏海 島崎遥香 岸優太(King & Prince)青野楓 河村花 GENKING
丸山智己 加藤諒 団時朗 宅麻伸/DAIGO
監督:河合勇人
脚本:小山正太 杉原憲明
原作:古味直志「ニセコイ」(集英社ジャンプ コミックス刊)
音楽:高見優
©2018映画『ニセコイ』製作委員会 ©古味直志/集英社

<STORY>
勉強一筋の真面目な高校生にして、実は極道・集英組のひとり息子・一条楽(中島健人)は、ある日突然、金髪&ハーフのキョーレツ女子・桐崎千棘(中条あやみ)と宿命の出会いをとげる。実は千棘は、アメリカのギャング組織・ビーハイブのひとり娘。性格真逆で相性最悪のふたりは、抗争寸前な親の組織の仲を取り持つため、強制的に恋人のフリをさせられることに!幼い頃に結婚の約束をしたはずの運命の相手を探している楽にとって、好きでもない奴と恋人のフリなんて地獄!でも、バレても抗争勃発で即・地獄!!ニセから始まるコイは成立するのか…!?




あなたへオススメの記事


RECOMMEND

【インタビュー】平野紫耀×桜井日奈子「お芝居の現場では“本職ではない”という意識があった」演技をする上で心を奮い立たされた瞬間

中島健人演じる極道一家のひとり息子・一条楽と、中条あやみ演じるギャング組織のひとり娘・桐崎千棘が、性格真逆、相性最悪にもかかわらず、お互いの抗争を鎮めるために偽物の恋人を演じるというラブコメディ『ニセコイ』。“脱・王子”“脱・清純”をテーマにぶっ飛んだ演技を見 . . . 続きを読む

【インタビュー】知念侑李「この人のおかげで今の僕がいる」人生を変えた運命的な出会い

中島健人演じる極道一家のひとり息子・一条楽と、中条あやみ演じるギャング組織のひとり娘・桐崎千棘が、性格真逆、相性最悪にもかかわらず、お互いの抗争を鎮めるために偽物の恋人を演じるというラブコメディ『ニセコイ』。“脱・王子”“脱・清純”をテーマにぶっ飛んだ演技を見 . . . 続きを読む

関ジャニ∞、大阪での凱旋公演で後輩・関西ジャニーズJr.と共演!

中島健人演じる極道一家のひとり息子・一条楽と、中条あやみ演じるギャング組織のひとり娘・桐崎千棘が、性格真逆、相性最悪にもかかわらず、お互いの抗争を鎮めるために偽物の恋人を演じるというラブコメディ『ニセコイ』。“脱・王子”“脱・清純”をテーマにぶっ飛んだ演技を見 . . . 続きを読む

関ジャニ∞メンバーもサポートした関西ジャニーズJr.コンサートが千秋楽! “関ジュ”の広い振り幅に3万8000人が恋をした♡

中島健人演じる極道一家のひとり息子・一条楽と、中条あやみ演じるギャング組織のひとり娘・桐崎千棘が、性格真逆、相性最悪にもかかわらず、お互いの抗争を鎮めるために偽物の恋人を演じるというラブコメディ『ニセコイ』。“脱・王子”“脱・清純”をテーマにぶっ飛んだ演技を見 . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense