• 【ライヴレポ】さくらしめじ、“夢の地”で初のクリスマッシュライヴを開催!「嬉しいぞコンニャロー!」と喜びを爆発させたサプライズプレゼントも!!
CONTENTS
Home
  • ニュース
  • 2018.12.16

【ライヴレポ】さくらしめじ、“夢の地”で初のクリスマッシュライヴを開催!「嬉しいぞコンニャロー!」と喜びを爆発させたサプライズプレゼントも!!

現役高校生フォークデュオのさくらしめじが、12月15日に東京・中野サンプラザにて『さくらしめじのHappy X’mash LIVE 2018』を開催。ふたりからのひと足早い歌のクリスマスプレゼントが、2000人の“きのこりあん(ファンの呼称)”の心をほっこりと温めてくれた。

鈴の音が鳴り響いて幕が上がると、スクリーンに映し出されるアニメーション「サンタと魔法の物語」。「1」「2」「3」3つの箱のうち、「2」の箱から田中雅功と高田彪我のふたりが勢いよく飛び出してくるという意表を突く演出からそのまま「123」になだれ込んで、いよいよライヴがスタートだ。顔を見合わせながら軽やかにアコースティックギターを奏で、耳に心地良いハーモニーを響かせるふたり。クラップで彩るきのこりあんが、雅功の「みんなも一緒に!」という声をきっかけに歌声を重ねて、もうすでに幸せいっぱいだ。

疾走感溢れるギターリフをスリリングにかけ合うイントロで昂らせてくれた「スタートダッシュ」では、雅功が「ついにやってきたぞ、中野サンプラザ!」と喜びを叫びに託せば、彪我も満面の笑顔。引き続きダンサーが花を添え、彪我が「大きな声出していきましょう!」と呼びかけた「菌カツ!」では、きのこりあんのコールも大きく響いて、楽しいがどんどん加速していく。

「来たねー、来たよ!」と見つめ合い、クリスマスとマッシュ(きのこ)をかけたライヴタイトルにちなんで「ありがとうございまっしゅ!」と感謝を口にするふたりにとって、中野サンプラザは“夢の場所”。ソールドアウトした満杯の客席を見回しながら「元気ですかー?」と問いかければ大歓声が起こって、「やっぱりサンプラザの“イエーイ”は違う!」と、実に感慨深げだ。

間奏でジャンプする雅功と彪我の姿に、きのこりあんの元気な手拍子もますます熱を帯びた「ひだりむね」。歌声にしろアコースティックギターの彩りにしろ、儚さをたたえたオトナ色でドキっとさせたAAAのカバー「恋音と雨空」。11月にリリースしたキャリア初のEP盤『うたはつづくよどこまでも』でも感じたことだが、貪欲なさくらしめじは表現の幅がどんどん広がっていく。

途中、会場の中の1席だけにクリスマスカード&プレゼントの引換券の入った黒い封筒が貼られていることが明かされた、“クリスマスプレゼントタイム”も。そうしたサプライズ企画には、きのこりあんに対しての愛と感謝が滲む。

ふたりで息を合わせてのカウントから、アコースティック演奏のみで歌を聴かせたのは「きのうのゆめ」と「まよなかぴくにっく」。音の装飾や鮮やかなライティングがない中で、彼らの情感豊かな歌声は本当に美しく響く。

かと思うと、『うたはつづくよどこまでも』のリード曲「My Sunshine」では、どっしりしたビートの上で、向かい合って歌声を重ね、かけ合うふたりのなんとエモーショナルなことか。挫折や葛藤を乗り越えて“明日へ行こう”という力強さを歌と奏でに込めるふたりは、とても頼もしく、凜々しい。

中盤のMCでは突如、「冬の好きなところを“じめじめランキング”!」を発表し始めたふたり。雅功の3位は「ふとん乾燥機が本領を発揮する」、2位は「夜道で聴く音楽がジャンル関係なく心にグッとくる」、1位は「暑くない!」。彪我の3位は「自販機に“あったか~い”が並ぶ」、2位は「冬の夜道の孤独感」、1位「自宅の安心感」。それぞれがスケッチブックに手描きしたイラストの絶妙な(!?)画力といい、ゆるーいトークといい、“ほのぼの感”はさくらしめじならでは。音楽的成長をぐんぐん遂げ、身長が伸びて大人びた顔つきになっても、そこは変わらないのだ。

すっかり和んでいると、「踊る準備はできていますか!?」と、ギターを置いてハンドマイクを握った彪我。この日の「てぃーけーじー」は、雅功がコーラス&ギターを担い、彪我が歌って踊るという斬新なスタイルだ。ダンサーと一緒にTKGの文字を体で表現し、ステージを右に左に大きく躍動する彪我。しかも、「ブン!ブン!BuuuN!」では雅功もギターを置いて、ふたりでステージを駆け回りながらタオルをぐるんぐるん回して歌ったり、お尻合わせで踊ったり!ファンキーなロックチューン「でぃすとーしょん」では、作詞をした雅功がメインボーカルとなって、赤いライトやレーザーが目まぐるしく光る中、巻き舌も織り交ぜたワイルドな歌い方や「もっとこいよ!」という言葉で挑発したり。歌と音楽をこよなく愛する彼らの表現欲は、とどまることを知らない。

初めてのラジオレギュラー番組が1月よりJFN PARKにてスタートするという嬉しい報告をした後は、「なかなか言えない本音ってあるけど、本当に大切なことは伝えていこう、勇気をもって一歩を踏み出そう、という想いを込めました」と前置きし、演出の雪が舞い散る中で新曲「先に言うね」を初披露。またひとつ、人生に長く寄り添ってくれる楽曲をプレゼントしてもらえた。

銀テープが弾け、大きなクリスマスツリーがステージに現れた「えそらごと」でライヴを締め括ったふたりだったが、当然、アンコールは鳴り止まない。再びステージに登場した彼らが「おもいでくれよん」を歌い、2019年2月から3ヶ月連続で行われるツーマンライヴを発表すると……ふたりが知らされていなかった2019年5月3日の東京・日比谷野外大音楽堂ワンマンライヴが、サプライズ発表。思いがけない自分たちへのクリスマスプレゼントに「嬉しいぞコンニャロー!」と歓喜するふたりが最後に届けたのは、「みちくさこうしんきょく」だ。温かな一体感に包まれたそこは、今年のクリスマスで一番素敵な場所となったのではないだろうか。

写真/埼玉泰史、大庭元 文/杉江優花



<セットリスト>
1.123/新曲
2.スタートダッシュ
3.菌カツ!
4.ひだりむね
5.恋音と雨空
6.せきがえのかみさま
7.きのうのゆめ
8.まよなかぴくにっく
9.My Sunshine
10.届けそこねたラブソング
11.はじまるきせつ
12.てぃーけーじー
13.ブン!ブン!BuuuN!/新曲
14.でぃすとーしょん
15.あやまリズム
16.先に言うね/新曲
17.えそらごと
-アンコール-
EN1.おもいでくれよん
EN2.みちくさこうしんきょく

【ライヴ情報】
2019年2月から3ヶ月連続で2マンライヴの開催が決定!
会場:渋谷WWW
2月15日(金)コレサワ
3月8日(金)coming soon!
4月6日(土)coming soon!
※詳細は後日発表となります。

2019年5月3日(金・祝)東京・日比谷野外大音楽堂 ワンマンライヴ決定!
16:30開場/17:30開演


あなたへオススメの記事


RECOMMEND

【インタビュー】さくらしめじ「僕らの歌で少しでも心の中を照らせたらいいな」日々成長しつづけるふたりが抱く気持ちの変化

現役高校生フォークデュオのさくらしめじが、12月15日に東京・中野サンプラザにて『さくらしめじのHappy X'mash LIVE 2018』を開催。ふたりからのひと足早い歌のクリスマスプレゼントが、2000人の“きのこりあん(ファンの呼称)”の心をほっこりと . . . 続きを読む

カラーもワイルドさも自分好み!?さくらしめじ・髙田彪我が好きな「ツムツム」のキャラクターBEST3

現役高校生フォークデュオのさくらしめじが、12月15日に東京・中野サンプラザにて『さくらしめじのHappy X'mash LIVE 2018』を開催。ふたりからのひと足早い歌のクリスマスプレゼントが、2000人の“きのこりあん(ファンの呼称)”の心をほっこりと . . . 続きを読む

【ライヴレポ】さくらしめじ、念願の初野音で雨にも負けないパフォーマンス!サプライズ告知に「新たなさくらしめじが始まった」

現役高校生フォークデュオのさくらしめじが、12月15日に東京・中野サンプラザにて『さくらしめじのHappy X'mash LIVE 2018』を開催。ふたりからのひと足早い歌のクリスマスプレゼントが、2000人の“きのこりあん(ファンの呼称)”の心をほっこりと . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense