• エンタメ
  • 【インタビュー】安井謙太郎×山本涼介×森田美勇人 ニート3人旅、次なる地は海外へ!?仲良しトリオが想像する映画の結末とは?
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2018.11.22

【インタビュー】安井謙太郎×山本涼介×森田美勇人 ニート3人旅、次なる地は海外へ!?仲良しトリオが想像する映画の結末とは?

無鉄砲なニート・レンチを演じる安井謙太郎、コネ入社の会社を辞めてニートになったタカシを演じる山本涼介、そして、過去のトラウマから引きこもりになったニート・キノブーを演じる森田美勇人。このタイプの異なる3人が北海道で繰り広げる冒険と青春が詰まったロードムービー『ニート・ニート・ニート』の撮影秘話を直撃!北海道で1ヶ月にわたる密な撮影で仲良くなった3人の息の合った、本当の同級生のような鼎談をたっぷりとどうぞ。

文/吉田可奈

【映画『ニート・ニート・ニート』オリジナルTシャツ&山本涼介 サイン入りチェキ プレゼント企画開催】
11月22日~23日に掲載されるインタビュー&ランキングの記事下に2つのキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、23日に掲載されるプレゼント企画記事をチェック!

北の大地で1ヶ月共に生活した共演者だからこそわかるお互いの一面を告白!

――映画の脚本を読んだ感想を教えてください。
安井 誰もが一度は“無計画で何の目的もない旅をしてみたい”と思ったことがあると思うんです。そのワクワク感が詰まった作品だと思いました。
森田 ロードムービーなので、登場人物が、話が進んでいくうちにどんどん成長をしていくんです。その変化をどう演じようかと考えながら脚本を読んでいました。
山本 あと、まず最初にタイトルに目がいきましたよね。ひと言で“ニート”と言っても、こんなにもタイプが違うんだなという発見もありつつ、すごく楽しく読めました。
――北海道で丸々1ヶ月間、泊まり込みで撮影をしたからこそわかる、役柄と本人が似ていると思ったところを教えてください。
森田 ヤス(安井)は、演じたレンチとはタイプは違うけど、どちらも明るく引っ張ってくれるところは似ていると思いました。
山本 現場でも、誰よりも先にスタッフさんたちと仲良くなっていましたしね。僕たちが「銭湯に行きたいな」って言っていたら、「じゃぁ、銭湯に行っていいか聞いてくる!」ってすぐ行動に移してくれたんですよ。
安井 銭湯に対してのリーダーシップは誰よりも取っていましたね(笑)。
山本 銭湯リーダーだったよね(笑)。キノブーと(森田)美勇人さんはほぼ、そのままのマジメなキャラクターでしたね。僕や安井くんは、カメラが回っていないところでは遊んでいたんですよ。でも、美勇人さんはずっと台本を読んで勉強していたりして。
安井 あまりに美勇人がマジメに読んでいるから、休憩時間だから遊んでいるのに、ちょっと罪悪感があったもんね(笑)。
山本 そう(笑)。
森田 集中していたの!でも、ほんとふたりの台本は真っ白だった!(笑)。それでもあれだけの演技ができるのはすごいって思ったよ。
安井 レンチに無理やり旅に連れて行かれているのにフラッと付いて来ちゃうタカシと、しっかりしているように見えてものすごくマイペースな山本くんの共通点は“おとぼけ”なところ(笑)。ある意味、現場の癒し系でした。

3人で旅に出るならどこに行きたい?それぞれの役割分担も明らかに!!

――北海道ならではのハプニングはありましたか?
安井 車の窓を開けて走っていたら、あまりに空気がおいしくて、みんなで「気持ちいいね!」と大興奮していたんです。そしたら、突然とんでもない家畜の匂いが車内に入ってきて!
森田 すごい勢いで「窓を閉めろ~!!」ってなっていたよね。
山本 うん。窓を閉めても、ずっと臭いままだった(笑)。
安井 あれは東京では味わえないハプニングでした(笑)。
――あはは。さて、もし、この3人で旅に行くなら、どこに行きたいですか?
森田 グアムはどう?
山本 いいね!実は僕、唯一海外でグアムだけはお仕事で行ったことがあるんですよ。
安井 この3人なら海外は良さそうだよね。美勇人はこの3人の中で唯一、海外へひとり旅に行ったことがあるから、会話は美勇人担当ね。
森田 でも、ひとり旅をしたときに、レストランで「ウォーター」って言ったら全然通じなくて、“このまま通じなかったら水も飲めずに死んでしまう”って思ったの!(笑)。
安井 それから必死に練習したんだよね?
森田 そう!だからもう発音は完璧です。ちょっと聞いていてくださいね。(ネイティブな英語で)「water」!
安井&山本 おぉ~!(笑)。
安井 俺はgoogle mapが誰よりも上手に使えるから、どこにでも行けるし、どこからでも帰って来られるから、頼りにしていいよ。美勇人と俺は優柔不断だから、行きたいところやスケジュールは山本くんが決めてね。
山本 僕、めちゃくちゃ優柔不断ですよ!?
安井 え~!ダメじゃん!(笑)。
――今作では、北海道で成長するニートの3人が描かれていますが、映画のラストはあえて観客の想像に任せる作りになっているというか。
森田 キノブーは、引きこもりだったのにレンチに無理やり家から引っ張り出されたことで、新たな一歩を踏み出したわけですけど、彼はマジメな性格ゆえ、しっかりと自分を取り戻していくんですよね。その成長は見届けてほしいですね。
山本 そういう点では、タカシはあまり成長していないのかも(笑)。でも、だからこそ、ストーリーがリアルなんです。ぜひ、三人三様の成長を見て、いろいろな想像をしてもらいたいです。
安井 この映画って、例え同じ人が観たとしても、その人を取り巻く環境や感情の変化で、違う結末を感じることができると思うんです。だからこそ、エンディングのシーンは、3人の表情を捉えていないんですよ。そこで、何を感じるのかをぜひ楽しんでもらいたいですね。

【読者プレゼント企画のキーワードはこちら】
1つ目→「労」


【作品情報】
映画『ニート・ニート・ニート
2018年11月23日(金・祝)公開

出演:安井謙太郎(ジャニーズ Jr.)、山本涼介、森田美勇人(ジャニーズ Jr.)、灯敦生、MEGUMI、松澤一之、相田英瑞、小南光司、山優香、前田倫良、石野真子(特別出演)、藤本隆宏
監督・脚本:宮野ケイジ
原作:三羽省吾 「ニート・ニート・ニート」(角川文庫)
配給・宣伝:MACH/スパイラル・ピクチャーズ
©2018 三羽省吾・角川文庫/映画「ニート・ニート・ニート」製作委員会

<STORY>
代わり映えのない会社勤め、パソコンに向き合う日々。「俺…会社、辞めようかなって…」。退屈な毎日にうんざりして仕事を辞めてしまったタカシ(山本涼介)。そんな矢先に高校時代の同級生・レンチ(安井謙太郎)が彼のもとを訪ねてきた。「北海道行くべ!」話を聞くと、レンチは危ない筋の関係の女性に手を出してしまったという。レンチはタカシに加えて、自家用車を持っている同じく元同級生のキノブー(森田美勇人)も強引に巻き込み、ニート3人の逃避行が始まった。道中、レンチが出会い系サイトで知り合ったという女性と待ち合わせをすることに。しかし待ち合わせ場所にいたのはまだ幼さの残る少女だった。月子(灯敦生)と名乗るその少女に主導権を奪われた一行は、彼女に従って北海道の各地を転々とすることに。旅の目的を一切明かさず3人には全く心を開かない月子だったが、その表情はどこか悲しげだった。そんな旅の途中でレンチはまたしてもトラブルを引き起こし、北海道でも追われることに。果たしてニートたちは危機から逃げ切ることができるのか…月子が抱える秘密と旅の目的は一体何なのか…?





あなたへオススメの記事


RECOMMEND

【インタビュー】平野紫耀×桜井日奈子「お芝居の現場では“本職ではない”という意識があった」演技をする上で心を奮い立たされた瞬間

無鉄砲なニート・レンチを演じる安井謙太郎、コネ入社の会社を辞めてニートになったタカシを演じる山本涼介、そして、過去のトラウマから引きこもりになったニート・キノブーを演じる森田美勇人。このタイプの異なる3人が北海道で繰り広げる冒険と青春が詰まったロードムービー『 . . . 続きを読む

【インタビュー】知念侑李「この人のおかげで今の僕がいる」人生を変えた運命的な出会い

無鉄砲なニート・レンチを演じる安井謙太郎、コネ入社の会社を辞めてニートになったタカシを演じる山本涼介、そして、過去のトラウマから引きこもりになったニート・キノブーを演じる森田美勇人。このタイプの異なる3人が北海道で繰り広げる冒険と青春が詰まったロードムービー『 . . . 続きを読む

関ジャニ∞メンバーもサポートした関西ジャニーズJr.コンサートが千秋楽! “関ジュ”の広い振り幅に3万8000人が恋をした♡

無鉄砲なニート・レンチを演じる安井謙太郎、コネ入社の会社を辞めてニートになったタカシを演じる山本涼介、そして、過去のトラウマから引きこもりになったニート・キノブーを演じる森田美勇人。このタイプの異なる3人が北海道で繰り広げる冒険と青春が詰まったロードムービー『 . . . 続きを読む

SixTONES、初めてのライヴ配信に大盛り上がり!嵐・二宮和也、山下智久ら先輩とのエピソードも!!

無鉄砲なニート・レンチを演じる安井謙太郎、コネ入社の会社を辞めてニートになったタカシを演じる山本涼介、そして、過去のトラウマから引きこもりになったニート・キノブーを演じる森田美勇人。このタイプの異なる3人が北海道で繰り広げる冒険と青春が詰まったロードムービー『 . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense