• ミュージック
  • 【インタビュー】乃木坂46「一期生は多かれ少なかれみんな先のことを考えはじめてはいる」一歩目を踏み出した人生の“分岐点”に迫る!
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2018.11.14

【インタビュー】乃木坂46「一期生は多かれ少なかれみんな先のことを考えはじめてはいる」一歩目を踏み出した人生の“分岐点”に迫る!

20181113nogizaka46

新曲「帰り道は遠回りしたくなる」は居心地の良い“今の場所”から勇気を出して、新たな世界へと羽ばたこうとする旅立ちソング。この曲を最後に選抜メンバーである一期生の西野七瀬と若月佑美が卒業していくが、結成以来、苦楽を共にしてきたメンバーへの想いや、それぞれの人生の“分岐点”について秋元真夏、井上小百合、松村沙友理の3人にインタビュー。そこには小さな支流=何気ない決断が乃木坂46という本流へと繋がっていく“運命の選択”があった。

文/若松正子

【乃木坂46サイン入りチェキ プレゼント企画開催】
14〜17日に掲載されるインタビュー&ランキング記事下に4つのキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、17日に掲載されるプレゼント企画記事をチェック!

卒業は毎回ショック…西野七瀬&若月佑美の卒業で込み上げる想い

――曲の感想をお願いします。
秋元 歌詞は切ないけど曲調が明るいのでポップに聴ける曲だなと思いました。
井上 <過去がどんな眩しくても 未来はもっと眩しいかもしれない>って、希望が溢れる歌詞なんですよね。
秋元 でも、逆にその明るさが涙を誘うって感じもあって…。
松村 わかる!私は自分に念をかけるタイプっていうか。本来、引っ込み思案なので人前に出る時は“できるできる”って言い聞かせているのですが、この曲も<行くんだ 行くんだ 行くんだ>って何度も歌っているじゃないですか。そうやって弱い気持ちを振り払おうとしているところに共感しました。
――このシングルを最後に西野七瀬さんや若月佑美さんが卒業すると思うと、より様々な想いも込み上げてくる歌詞ですよね。
井上 私はなーちゃん(西野)とは同期で学校も同じだったから、修学旅行も卒業式も成人式も全部一緒で。プライベートでも大事な時間を一緒に過ごしてきたから、言葉では言い表せない想いがあります。
秋元 乃木坂46の活動も8年目になり、私たち一期生は多かれ少なかれみんな先のことを考えはじめてはいるんですね。でも、いざ卒業ってなるとやっぱり寂しい。いろいろなメンバーを見送ってきたけれど慣れることはないです。
松村 私も慣れない。やっぱり毎回、ショックです。
――歌詞には<新しい世界へ><輝く未来のために>といった分かれ道や門出を象徴するフレーズも出てきますが、自分の中の分岐点を挙げるなら?
松村 大学受験で第一志望に落ちて浪人を選んだときです。それが乃木坂46のオーディションを受けるきっかけになったので本当に分岐点でした。別の大学に行っていたら普通にキャンパスライフを謳歌して、全然別の人生だったと思います。
井上 私は小さい頃、すっごいやんちゃだったんですね。でも、小学校3年生のときに一回、体調を崩して、今まで当たり前にできていたことも当たり前ではないんだと感じたときに、そこから性格がガラッと変わって、ボランティアとかにも参加するようになったんですよ。
秋元 私は高校生の時にやった生徒会長です。ほかに立候補する人がいなかったので自動的に私が会長になったんですけど、それが人前に立つ最初の機会というか。朝礼とかで挨拶するのがすっごく快感で、目立ちたがり屋の性格が開花したんです。だから今でも多勢の前に立っても緊張しない。胸のあたりがギューっとなるけど、私にとってその感覚は“ワクワクする時のギュー”で、この仕事をしているとしょっちゅうそれを味わえるから、毎日楽しくてしょうがないんですよね(笑)。

初期のレッスンが辛かった!勇気を出して踏み出した一歩とは?

――まさに天職(笑)。
秋元 でも、乃木坂46に入るって父に言うときはすごく緊張しました。うちの父は芸能界には大反対だったから“どうせ落ちるだろう”と思って内緒でオーディションを受けたら合格してしまって。結局、乃木坂46結成の記者会見のニュースで父にバレてしまったんです。そのあと、改めて打ち明けるのはめちゃめちゃ勇気が必要だったし、認めてもらうまで2年くらいかかってしまって…。今ではライヴを観に来るくらい応援してくれていますけどね。
――秋元さんの勇気と努力がお父さんの心を動かしたんですね。井上さんと松村さんは、そんな“一歩踏み出した”経験はありますか?
松村 私、乃木坂46の初期の頃、土日のレッスンのときは金曜日の夜に地元の大坂から深夜バスで東京に通っていたんですけど、それがツラくて。でも、毎回、母が「行って来なさい!」って泣いている私の背中を押してくれたんです。そのおかげで勇気を振り絞ってバスに乗ることができたんですよね。
井上 私は乃木坂46のお仕事以外で初めて外の舞台に出たとき。それまではファンの人の前でしかライヴやイベントをやっていなかったし、まだ乃木坂46の知名度もなかったので、舞台に出た瞬間、お客さんも「誰?」って感じで完全にアウェイ感を味わったんです。でも、その経験がむしろモチベーションになって、この人たちを全員、味方にしよう!って思えた。そしたらお客さんの目も変わっていって、その時から一歩、踏み込む勇気が“楽しい”って気持ちに変わっていったんですよ。
――なるほど。そう聞くと3人とも、分岐点なり一歩踏み込む勇気のすべてが、乃木坂46のメンバーとしての“今”に繋がっている気がしますね。
松村 それは感じます。何気なく選んだことも頑張ったことも、振り返ると全部、運命だったんだなって思いますね。

【読者プレゼント企画のキーワードはこちら】
1つ目→「旅



RECOMMEND
20180808nogizaka46

【インタビュー】乃木坂46「いい意味の“ジコチュー”はいくちゃん」“マイウェイ”を突き進むのがグループの強み

新曲「帰り道は遠回りしたくなる」は居心地の良い“今の場所”から勇気を出して、新たな世界へと羽ばたこうとする旅立ちソング。この曲を最後に選抜メンバーである一期生の西野七瀬と若月佑美が卒業していくが、結成以来、苦楽を共にしてきたメンバーへの想いや、それぞれの人生の . . . 続きを読む

20181005saito-asuka

【インタビュー】齋藤飛鳥「乃木坂46を卒業してもメンバーが結婚したらみんなで歌って踊りたい」性格がガラッと変わった私の“あの頃”

新曲「帰り道は遠回りしたくなる」は居心地の良い“今の場所”から勇気を出して、新たな世界へと羽ばたこうとする旅立ちソング。この曲を最後に選抜メンバーである一期生の西野七瀬と若月佑美が卒業していくが、結成以来、苦楽を共にしてきたメンバーへの想いや、それぞれの人生の . . . 続きを読む

4.23nogizaka46 05

【ライヴレポ】乃木坂46、涙と笑顔が溢れた生駒里奈卒業コンサート開催!「私がここまでこられたのは、このメンバーがいたからこそ。本当にありがとう」

新曲「帰り道は遠回りしたくなる」は居心地の良い“今の場所”から勇気を出して、新たな世界へと羽ばたこうとする旅立ちソング。この曲を最後に選抜メンバーである一期生の西野七瀬と若月佑美が卒業していくが、結成以来、苦楽を共にしてきたメンバーへの想いや、それぞれの人生の . . . 続きを読む

20170524nogizaka46

【インタビュー】乃木坂46「実力をつけて乃木坂46に戻ってきてくれるのがすごく誇らしい」ひとりがみんなのために…今がグループの理想形

新曲「帰り道は遠回りしたくなる」は居心地の良い“今の場所”から勇気を出して、新たな世界へと羽ばたこうとする旅立ちソング。この曲を最後に選抜メンバーである一期生の西野七瀬と若月佑美が卒業していくが、結成以来、苦楽を共にしてきたメンバーへの想いや、それぞれの人生の . . . 続きを読む

CONTENTS

HEAD BANNER

注目記事

あなたへオススメの記事

アクセスランキング

LIKE BOX

AdSense