• ミュージック
  • 【インタビュー】SOLIDEMO “男らしさと女らしさ”が独自性 夢に向かって歩き出したピュアな8人
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2014.04.21

【インタビュー】SOLIDEMO “男らしさと女らしさ”が独自性 夢に向かって歩き出したピュアな8人

メンバー全員の身長が180cm以上で、容姿端麗な8人組男性音楽グループSOLIDEMO。グループ名は、SOLID=超かっこいい、EMO=女々しい(Emotionalの略語)という2つの単語を組み合わせ“最高にクールで女々しい奴等”の意味を持ち、クールでありながらも時に女々しい恋心を歌う、その2面性から名付けられた。そんな彼らの記念すべきデビューシングル「THE ONE」がついに4月16日発売!新鮮な息吹を感じさせるこの曲とメンバーのキャラクターについてインタビューした。

文/金川彩子

「聴いている人に8人でいる意味を伝えられるような曲に仕上がったと思う」

――まずどのようにして、現在のメンバーが集まったのでしょうか?

渡部 身長が180cm以上で歌の上手なメンバーを2年間掛けて、オーディションを通して募集しました。そこで勝ち抜いたのがこの8人です。

――身長の高さはSOLIDEMOの特長のひとつですが、そんな背の高いみなさんが初めて集まった時、お互いどのような印象を受けましたか?

山口 僕は背の順で常に後ろをキープしてきましたし、今まで生きてきて、誰にも背の高さで負けたことがなかったんですよ!それが、僕よりもずっと背の高い木全君や、豆のように小さい顔をしている10等身の優貴(中山)とか、今まで見たことのないような人たちがいっぱいいた。最初「ここは同じ人間の集まりなのかな?」って思うほど(笑)、すごい衝撃を受けましたね。

向山 山口、木全、中山は、特に背が高いので、グループの三大巨塔と呼ばれています!

――そうすると、毎週ライヴを行なっている東京・渋谷DESEOのステージも小さく思えそうですね。

佐々木 まず8人並んだだけで、ステージは縦横共にパンパンですね!(笑)。

木全 僕は最初の頃、よくライトに手や頭が当たって、痛い思いをしていました(笑)。だけどライヴを重ねていくうちに、今ではどの曲のどこら辺で、どんな振りが来て、その時にどの障害物にぶつかるかがわかるようになってきたので、事故を回避できるようになりました(笑)。

――ではSOLIDEMOを初めて知る方へ向けて、それぞれのキャラクターを家族に例えて教えて頂けますか?年齢順にご紹介頂きましょうか。

佐々木 まず、最年長のリーダー渡部君は、優しく見守るお父さんですね。そして、サブリーダーの毅君(向山)は美意識の高いお母さんです。この二人は夫婦となって
グループを支えてくれています。

山口 和君(佐々木)は、グループのムードメーカーでもあり、頼れる長男です!しかも料理が得意なのでお母さんの代わりにもなれますね。

佐々木 で、佐脇君はジムのトレーナーでしょ?

佐脇 家族じゃないじゃん(笑)。僕はスポーツ万能な、やんちゃな次男ですね。

佐々木 木全君と優貴君は、二人とも高身長だし、双子っぽいよね。繊細だから、女の子の双子かな!

佐脇 双子でも、知的でしっかり者の長女は中山君で、ちょっと弱気な次女が木全君だね!(笑)。

木全 智也(山口)は甘やかされて育ったが故にいまだに頑固さの残る、末っ子の三男です(笑)。

渡部 章斗(手島)は、誰にでも好かれる性格なのでどちらかというと…小屋に入っているペットですね(笑)。でも、若いのにしっかりしているから例えるなら、賢いラブラドールです!

――ペットまで出てきた(笑)。みなさんはステージではいろいろな曲のカバーも歌っていますが、それを経て今回、デビュー曲でオリジナル曲を歌うということはいかがでしたか?

佐々木 カバーだと、元々歌っている方の解釈を踏まえて歌うので、曲の背景を想像しにくいこともあります。それに対して、オリジナル曲は、一から僕たちの色で装飾していけるので、歌いやすかったですね。だけど、レコーディングはだいたい僕から始めるんですけど、最初に色を付けるのは緊張しましたし、慎重になりました。

――タイトル曲「THE ONE」は個々の歌声が響いてくる楽曲ですね。

手島 フレーズごとに異なるメンバーが歌っているので、そのバトンをどう次へ繋げるか、というのをすごく意識して歌いました。聴いている人に8人でいる意味を伝えられるような曲に仕上がったと思います。

――この曲では、グループ名の“SOLID”に象徴されるような、頼りがいのある男性像が描かれていますが、歌うときにイメージしたことはありますか?

渡部 僕の場合は、頭の中で細かいストーリーを組み立てて歌いました。

佐々木 ちなみに、俊君(渡辺)の中で、この曲に出て来る相手の女性は何歳の設定なの?

渡部 10代かな…って、ちょっと恥ずかしいから突っ込まないで(笑)。

向山 へぇー、意外と若いんだね。ロリコンってこと?

渡部 違うよ(笑)!曲の中のストーリーでは僕も18歳なんだよ!卒業式でその女性と離れ離れになってしまうんですけど、きっとその先も、僕はその人を愛し続けるだろうっていう遠距離恋愛のイメージです。自分の経験したことのない恋愛が描かれている時は、その歌詞を解釈しやすくするためにまず、事細かい情景を設定します。

――向山さんは<「愛しているよ」とこんなに想うのに 何故だろう 上手く言えない…>と歌っていますが、同じ男性としてこの気持ちをどう捉えていますか?

向山 僕も自分の素直な気持ちをうまく伝えることが苦手なので、よくわかります。同じように思ってはいるんだけど、歌に助けられてやっと想いを言葉にできるところもある。僕は男らしい部分のSOLIDな面とシャイな部分のEMOな面の、半分半分を持ち合わせた男だと思いますね。

「輝かせてくれる存在があるからこそ、僕たちは歌うことができデビューを果たせた」

――MUSIC VIDEOでは、曲に合った抜けるような青空が広がっていますね。

渡部 撮影場所は千葉で、撮影日はあの2月の大雪の日だったんですよ。予定では車で2時間で着くところが、雪の影響で5時間経っても目的地の半分にも達していなくて(苦笑)。しかたなくその日は断念して引き返して、別の日に撮影しました。2回目は、天候にすごく恵まれましたね。あの青空は合成ではなく、その時広がっていたそのままの青空なんです!

――カップリング曲「Next to you」は、「THE ONE」とは対照的に、EMOの要素の強い、男性の女々しさを描いた楽曲ですね。

山口 失恋した人が立ち直ろうとしている過程を歌っている曲なんですけど、僕自身にはそういう女々しさがないので、登場人物になりきって演じて歌いました。リズミカルな曲なので、曲のテンポ感に少し苦労しましたね。

――後半、みなさんで一緒に歌っているところで、歌声の重なる美しさに加えて、温もりも感じました。

渡部 ライヴでもそこで一体感が生まれるので、歌っていてすごく楽しいです。また、この曲では振り付けもあるので、ステージからお客さんたちが踊っている姿を観れるのが最高ですね。

佐々木 女々しさもあるんですけど、前を向こうという姿勢を歌っている、元気になるような明るい曲でもありますよね。今後のライヴで盛り上がること間違いなし!なナンバーになると思います。

――<好きだった歌が教えてくれた>というフレーズがありますが、どんな想いを重ねて歌っていますか?

手島 僕は“アーティストになりたい”という夢をずっと追ってきたので、J-POPでも夢について歌っている曲が今も大好きです。僕も将来、今の自分の夢を叶えて、お客さんに夢を与えられるような歌を歌いたいと思っています。また、そのハーモニーに続く<歩いてきた道を そう形は違ってても 明日に変えて>というサビのフレーズも僕が歌っているんですけど、その時、いつもメンバーのことを考えるんですよね。8人でがんばっていこうって歌いながらすごく思わせてくれる曲です。

――では、このデビューシングル「THE ONE」を色に例えると何色になると思いますか?思いついた方からどうぞ!

手島 僕は赤です!メジャーデビューシングルを一生懸命レコーディングしたという意味でも、「THE ONE」が男らしくカッコいい曲という意味でも、赤の似合う作品になったと思います。

山口 デビューしてこれからいろんな色に染まっていくという意味で、僕にとってこのシングルは白ですね。

一同 先に言われたー(笑)!

佐脇 僕も白しか考えられなくて…SOLIDEMOの清潔感、紳士な姿がこのシングルによく表れている、という山口君とは違う理由で、真っ先に白を思い浮かべました!

佐々木 じゃあ、僕は黒で!SOLID感とその対極にあるEmotionalな歌も、僕たちは歌えるという意味で、白の反対である黒もこのシングルでは表現していると思います!

向山 僕はオレンジですね。女性にも共感して頂ける、温かみのあるグループになっていきたいと思っているので。オレンジ色も僕たちに似合うと思います。

渡部 意外と気付かれていないと思うんですけど、「THE ONE」のMVで着ていたシャツって水色なんですよ。MVに出て来る青空も、僕たちのイメージに近いから、僕はこのシングルを水色に例えたいと思います。

木全 どうしよう、全部言われちゃった…えっと、えっと…。

手島 やっぱり、木全君はグジグジしてるEMO感が出てるね(笑)。

木全 …青色ですかね…落ち着くとか、癒しとかのイメージで…。

渡部 だいぶ声小さいけど大丈夫?急に元気なくなったね(笑)。

中山 僕にとってこのシングルは虹色のイメージです。虹の7色は、太陽、空、雨といった、虹以外の要素があってはじめて彩られるものじゃないですか。他のメンバーであったり、ファンの方といった、輝かせてくれる存在があるからこそ、僕たちは歌うことができ、デビューを果たせた。記念すべきデビュー曲は虹色に例えられると思います。

一同 おー!

――なるほど。キレイにまとまったところで、最後にファン、リスナーへメッセージをお願いします。

渡部 デビューシングル「THE ONE」は、僕たち8人全員、本当に心を込めて歌いました。聴いて気に入って頂けたら、是非ライヴを観てほしいです。 生の僕たちを観たら、言葉だけでは伝えられないような、ありのままのSOLIDEMOを体感して頂けると思います。毎週木曜日に東京・渋谷DESEOでライヴを行っているので、気軽に足を運んでくださったら嬉しいです。

向山 ステージでは歌以外にも、ボーイズトークをしたり、演劇をやったりと、メンバーひとりひとりの個性やキャラクターのわかる、誰でも楽しめるライヴを行っています。いつでも、ライヴハウスでお待ちしています!

関連リンク

公式サイト
RECOMMEND

長渕剛が初のベストアルバムを発売!王貞治、柏木由紀ら各界の著名人が歌への想いを綴る企画もスタート

メンバー全員の身長が180cm以上で、容姿端麗な8人組男性音楽グループSOLIDEMO。グループ名は、SOLID=超かっこいい、EMO=女々しい(Emotionalの略語)という2つの単語を組み合わせ“最高にクールで女々しい奴等”の意味を持ち、クールでありなが . . . 続きを読む

【ライヴレポ】西野カナが自身最大規模のツアーを完走!ビッグサプライズ連発で新曲も初披露!!

メンバー全員の身長が180cm以上で、容姿端麗な8人組男性音楽グループSOLIDEMO。グループ名は、SOLID=超かっこいい、EMO=女々しい(Emotionalの略語)という2つの単語を組み合わせ“最高にクールで女々しい奴等”の意味を持ち、クールでありなが . . . 続きを読む

【インタビュー】ソナーポケット 優しいメロディとまっすぐな歌詞が導く 愛する人への想い

メンバー全員の身長が180cm以上で、容姿端麗な8人組男性音楽グループSOLIDEMO。グループ名は、SOLID=超かっこいい、EMO=女々しい(Emotionalの略語)という2つの単語を組み合わせ“最高にクールで女々しい奴等”の意味を持ち、クールでありなが . . . 続きを読む

SOLIDEMO・手島章斗のカラオケ鉄板曲BEST3

メンバー全員の身長が180cm以上で、容姿端麗な8人組男性音楽グループSOLIDEMO。グループ名は、SOLID=超かっこいい、EMO=女々しい(Emotionalの略語)という2つの単語を組み合わせ“最高にクールで女々しい奴等”の意味を持ち、クールでありなが . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense