• エンタメ
  • 【短期連載】仲間を信じて駆け抜けろ!!T校バスケット部“ウラの戦い” Vol.2 佐藤寛太×鈴木勝大
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2018.11.02

【短期連載】仲間を信じて駆け抜けろ!!T校バスケット部“ウラの戦い” Vol.2 佐藤寛太×鈴木勝大

20181101T_BASKETBALL

弱小バスケチームが奇跡を起こす、実話に基づく青春ベストセラー小説『走れ!T校バスケット部』(幻冬舎文庫)が同名タイトルで映画化!日本映画界で最も熱い視線を注がれる俳優・志尊淳を筆頭に、佐野勇斗、戸塚純貴、佐藤寛太、鈴木勝大、西銘駿といったこれからの映画界を担うであろう若手俳優陣が集結した。そんな注目度の高いキャスト陣を迎え、“チームワーク”をテーマにした連載企画「仲間を信じて駆け抜けろ!!T校バスケ部“ウラの戦い”」を実施!バスケの練習など、撮影前から濃密な時間を過ごしてきたからこそ結ばれた固い絆や仲の良さが存分に味わえる同企画。インタビュー&動画コーナー全3回に加え、掲載済みの個々のランキングも要チェックです!!

文/杉江優花 ヘアメイク/CHIKA KIMURA(辻事務所/佐藤)、佐々木麻里子(鈴木) スタイリスト/杉本哲也(佐藤)、ホカリキュウ(鈴木)

【映画『走れ!T校バスケット部』サイン入りチェキ プレゼント企画開催】
10月26日〜31日に掲載されるランキングの記事下に6つのキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!また、11月1日〜3日に公開されるインタビュー&動画に関するクイズを出題します。キーワードとクイズの答えが応募に必要となってきますので、詳しくは11月3日に掲載されるプレゼント応募方法の記事をチェック!

佐藤寛太×鈴木勝大が映画『走れ!T校バスケット部』について語る!

映画『走れ!T校バスケット部』において、モテたくてバスケ部に入部したお調子者・牧園浩司を演じる佐藤寛太と、バスケ部と陸上部を兼任するチームいちの俊足の持ち主・川久保透を演じる鈴木勝大。今作で初めて共演したというふたりは、準備期間と撮影期間を通してお互いを認め合える仲になった様子。ふたりの目から見たT校バスケ部メンバーとの絆、お互いのキュンとくるポイントなど、ざっくばらんに語ってくれました。

<<泊まり込みの撮影は毎日が青春!志尊淳が本気怒りをした(!?)ゲームのウラ話も告白!!>>

T_BASKETBALL05――『走れ!T校バスケット部』で初共演されたというおふたりですが、どうやって信頼関係を深めていったのでしょうか。
佐藤 やっぱり、練習じゃないですかね。
鈴木 そうだね。撮影前にバスケ練習が2ヶ月間くらいあったから、そこでだいぶ絆が深まったと思います。
佐藤 基礎練習もしつつ、カツさん(鈴木)演じる(川久保)透だったら足が速いとか、僕が演じるゾノ(牧園浩司)だったらゴール下とか、そういうキャラクターや役割も踏まえて、撮影にすぐ繋がるようなフォーメーションの練習もやっていたからね。
鈴木 僕は志尊とか(戸塚)純貴とか何人か知っている人がいて、みんなとしゃべっているうちに、はじめましての寛太とかともいろいろ話すようになって。撮影に入る頃には、普通に和気あいあいとしていたよね。
――画面からも、その楽しい雰囲気が伝わってきます。
鈴木 カメラが回っていないところでは、みんな本当に騒がしかったですから(笑)。
佐藤 確かに。
――志尊さんが言い出して、みんなで人狼ゲームにだいぶハマったというお話も聞きました。
鈴木 そうなんですよ。志尊が怖かったよね、もはや(笑)。ちょっと眠くなってきて雑になると……。
佐藤 めっちゃ怒るっていう(笑)。
鈴木 「これゲームだけどさ、見つかったら死ぬっていう緊張感を持ってやってくれないとおもしろくならないじゃん!」って(笑)。
佐藤 泊まり込みで栃木県の足利まで行っていたんですけど、日が暮れると僕らの撮影はないから、みんなで自転車に乗って近場を散策したり、カラオケやゲーセン、銭湯にも行ったりもして。部活帰りみたいなノリで、毎日青春していました。
――映画の撮影現場では大変なこともあると思うのですが、そういうチームとしての一体感があったからこそ乗り越えられたこともあったりして?
鈴木 今回の現場には、本当に一体感があって。バスケの練習も多かったけど、元バスケット日本代表の半田圭史さんがみんなの体調面も考慮してコーチをしてくださったし、キツイっていうよりも……。
佐藤 楽しいことのほうが多かったですね。特に、僕たちは練習に出られていた組だったし。
鈴木 そうそう。志尊は主役だけあってバスケシーンも多いし、純貴は難しい技があったりして。おまけにふたりともスケジュール的になかなか練習に出られていなかったから、大変だったかもしれないけどね。
佐藤 でも、しんどくなってそろそろ休憩しましょうっていうときでも、誰かがコートで頑張っていたらみんなも一緒になってやって。そういうチームワークがあったと思います。

<<佐藤寛太の優しさは暴力的!?お互いのモテポイントを大分析!!>>

T_BASKETBALL04――そんな中で、お互いにこの人のここがすごい!と思ったりもしましたか?
鈴木 寛太はもう、元気。しょっちゅうピョンピョンして、パワーがあり余っているんですよ。こんなに元気な人、ほかにいないなと思う(笑)。
佐藤 自覚はあります(笑)。カツさんは、みんなを引っ張ってくれていたし、(佐野)勇斗とか(西銘)駿とか後輩組をうまくフォローしてくれて。そのおかげでみんなが打ち解けられたわけで、コミュニケーション能力が高いなって思います。
鈴木 撮影の仕方もわりと特殊で、「みんなで楽しくやって」みたいな感じから始まることが多かったからね。自然な仲の良さが出るように、積極的にコミュニケーションを取ろうとは思っていたかな。
――なお、試合に勝ち進むにつれて女子生徒がT校バスケ部のメンバーを憧れの眼差しで見るようになっていく姿も印象的ですが、撮影中、お互いの姿にドキっとさせられたりはしましたか?
鈴木 みんなでロケバスで弁当を食べた後、食べ終わった容器を捨てるときに、分別をきっちりしないといけなかったから、ちょっと面倒くさいなと思ってみんながボーっと手に持っていたんですよ。そうしたら、寛太がみんなの容器を集めだして。「いいよいいよ」って言うのに、「俺が行きますから!」みたいな感じで、なんならちょっとキレながら集めるっていう(笑)。みんなで「あいつの優しさ暴力的だな」って言いつつ……そういう強引なところに女子はキュンとくるんじゃないかなと思いました。
佐藤 たまには後輩プレイしておこうかなと思って(笑)。カツさんは、頭がいいから話していておもしろいし、知識豊富だから勉強になるし、純貴くんとも話が合うし。キュンとするっていうか、普通にモテるだろうなって思う。
――では、劇中、バスケ部員それぞれにキャッチフレーズがついていますが、役者としてのキャッチフレーズをお互いにつけるとしたら?
鈴木 ……ごめん、“元気ちゃん”しか思いつかない(笑)。
佐藤 大丈夫ですよ、俺も“スマートボーイ”しか思いつかない(笑)。
鈴木 いや、やっぱり寛太は“思春期爆発”だな。
佐藤 それ、気に入りました(笑)。
鈴木 じゃあ俺も、気に入ったので“スマートボーイ”で(笑)。

佐藤寛太×鈴木勝大がチームワークを発揮しクイズにチャレンジ!

映画『走れ!T校バスケット部』についてはもちろん、彼らが体当たりで挑んだバスケットに関するクイズを出題。制限時間1分と限られた時間で、何問答えられるのか!?志尊淳&戸塚純貴曰く、このふたりが組んだら絶対に勝ちじゃん!と言うほどの頭脳派プレーをご覧ください♪



【作品情報】
映画『走れ!T校バスケット部
2018年11月3日(土)公開

出演:志尊淳/佐野勇斗/早見あかり 戸塚純貴 佐藤寛太 鈴木勝大 西銘駿 阿見201/竹内涼真(友情出演)/千葉雄大(友情出演)/真飛聖 YOU 竹中直人/椎名桔平
監督:古澤健
脚本:徳尾浩司
原作:松崎洋「走れ!T校バスケット部」(幻冬舎文庫)
音楽:林祐介
主題歌:GReeeeN「贈る言葉」(ユニバーサル ミュージック)
配給:東映
©松崎洋/幻冬舎 ©2018「走れ!T校バスケット部」製作委員会

<STORY>
連戦連敗、向かうところ負けばかりの雑草チーム「T校バスケット部」。そんなT校に、バスケの強豪白瑞高校で1年生ながらエースとして活躍していたスタープレーヤー、田所陽一(志尊淳)が転入してくる。陽一は親友をイジメから救った事で自分自身が標的となり、バスケットボールを辞めていた。もう二度とバスケはしない――。そう心に誓い、勉強に専念する陽一だったが、新たな仲間たちとの出会い、脳裏に焼き付いて離れないリングに引き寄せられるボールの軌道が、陽一を再びコートへと駆り立てる。情熱と葛藤、仲間と家族、あきらめきれない夢——。陽一を迎えた新生「T校バスケット部」が全国大会に向けて走り出す!




あなたへオススメの記事


RECOMMEND
T_BASKETBALL_sato

レオナルド・ディカプリオの存在感が圧巻!佐藤寛太が影響を受けた映画BEST3

弱小バスケチームが奇跡を起こす、実話に基づく青春ベストセラー小説『走れ!T校バスケット部』(幻冬舎文庫)が同名タイトルで映画化!日本映画界で最も熱い視線を注がれる俳優・志尊淳を筆頭に、佐野勇斗、戸塚純貴、佐藤寛太、鈴木勝大、西銘駿といったこれからの映画界を担う . . . 続きを読む

T_BASKETBALL_suzuki

あの告白シーンにキュン♡鈴木勝大が好きな青春映画BEST3

弱小バスケチームが奇跡を起こす、実話に基づく青春ベストセラー小説『走れ!T校バスケット部』(幻冬舎文庫)が同名タイトルで映画化!日本映画界で最も熱い視線を注がれる俳優・志尊淳を筆頭に、佐野勇斗、戸塚純貴、佐藤寛太、鈴木勝大、西銘駿といったこれからの映画界を担う . . . 続きを読む

20170929chibayudai

【インタビュー】千葉雄大「尊敬する先輩方のような姿を見せたい」命を削って挑む共演者の姿に刺激

弱小バスケチームが奇跡を起こす、実話に基づく青春ベストセラー小説『走れ!T校バスケット部』(幻冬舎文庫)が同名タイトルで映画化!日本映画界で最も熱い視線を注がれる俳優・志尊淳を筆頭に、佐野勇斗、戸塚純貴、佐藤寛太、鈴木勝大、西銘駿といったこれからの映画界を担う . . . 続きを読む

20160820_01_banner_Takeuchi

【インタビュー】竹内涼真 夢に向かって走りだせ!! 最高のエールが呼び起こしたキセキ

弱小バスケチームが奇跡を起こす、実話に基づく青春ベストセラー小説『走れ!T校バスケット部』(幻冬舎文庫)が同名タイトルで映画化!日本映画界で最も熱い視線を注がれる俳優・志尊淳を筆頭に、佐野勇斗、戸塚純貴、佐藤寛太、鈴木勝大、西銘駿といったこれからの映画界を担う . . . 続きを読む

CONTENTS

HEAD BANNER

注目記事

あなたへオススメの記事

アクセスランキング

LIKE BOX

AdSense