• ミュージック
  • セカオワ「RPG」が再上昇!元KAT-TUN田中聖の新バンドINKTのデビュー曲が3位初登場<歌ネット週間ランキング>
CONTENTS
Home
  • ニュース
  • 2014.10.06

セカオワ「RPG」が再上昇!元KAT-TUN田中聖の新バンドINKTのデビュー曲が3位初登場<歌ネット週間ランキング>

歌ネットTOP10_1006

10月6日、台風18号の影響を受け、SEKAI NO OWARIの山梨・富士急ハイランドでの野外イベント『TOKYO FANTASY』(10月4日~6日)の最終日が中止になった。彼らは去年の10月に同所で初のワンマンマン野外イベント「炎と森のカーニバル」を開催し、3日間で6万人を動員。約1年ぶりの彼らの“FANTASY”な世界を楽しみにしていた、ファンの残念がる声がネット上で飛び交っていた。“セカオワ”はネットと非常に親和性が高いアーティストで、特にティーンを中心に若い世代から圧倒的な支持を得ているが、ファン層は拡がっている。今年1月にリリースし、初のシングルランキング1位を獲得した「スノーマジックファンタジー」は、YouTubeでの再生回数が1250万回を超え、ちなみに昨年5月に発売した「RPG」も440万回を超えている。また「RPG」は、この歌ネットの歌詞検索ランキングの“歴代人気曲ランキング”で、表示回数が約228万回で2位という強さを発揮している。月間とか年間ではなく、去年発売されたにもかかわらず“歴代”2位だ。ちなみに1位はGReeeeNの2008年のヒット曲「キセキ」の約333万回。そのロングヒットを続ける「RPG」が今週の週間ランキングで、先週の10位から、7位に上昇している。彼らの代名詞にもなった感があるこの曲は、バンドの真骨頂でもあるファンタジーな世界観を構築しつつも、その詞の内容はどこかシニカルで、でもキラキラ感あふれる、どこまでもポップなメロディと相まって、一度聴くと忘れられないスタンダードナンバーになっている。<怖くても大丈夫 僕らはもう一人じゃない>と、彼らが手を引っ張って、一緒に歩いていってくれるようだ。

この曲に限らず、彼らの作品は詞の内容が“生と死”や“絶望と希望”、“戦争と平和”といった、ともすると重くなりがちな“リアルに考えさせられる”テーマになっているものが多いが、ボーカル・Fukaseのあのハイトーンでポップな声が、リアルな言葉をしっかり伝えつつも、ポップなメロディと相まってどこかファンタジーという言葉を感じさせてくれる、“心地よいギャップ”を作り上げているのではないだろうか。MUSIC VIDEOやライヴの、あの練り上げられたエンターテインメント性溢れるファンタジーな世界観も、それにひと役買っている。リアルとファンタジーとが融合して出来上がる、独特の不思議な世界観と、絶妙な“温度感”――これこそがまさに、彼らの所属事務所の名前にも、そして8月に公開された初のドキュメント映画のタイトルにもなっている“TOKYO FANTASY”なんだと思う。

3位に初登場した「Trigger」は、10月1日に突如その結成が発表された、元KAT-TUNのメンバーで、俳優の田中聖率いる5人組バンド・INKT(インク)のデビューシングル。
それは突然だった。1日、INKTを結成したことをツイッターで表明。同時にオフィシャルサイトをオープンし、ファンクラブの発足も発表した。サイト内に開設されたブログでは「INKT始動! 」と題したエントリーで、「本日10月1日より5ピースバンド『INKT』を始動します。この5人でしか出来ない音を作り、届けたいという思いからこのバンドを結成しました。皆様よろしくお願いします」とメッセージ。YouTubeの公式チャンネルではデビュー曲「Trigger」(short ver.)のMUSIC VIDEOも公開されている。
メンバーはボーカルの田中、ギター・Kei、そしてキーボードのkissy、ベースのmACKAz、ドラムのSASSYの5人。mACKAzとSASSYは’08年に解散した、沖縄出身のミクスチャーロックバンド・HIGH and MIGHTY COLORの元メンバーで、その演奏力は評価が高く、男性ファンも多かっただけに、田中は最強のリズム隊を得たことになる。強烈なサウンドにのせ、ポジティブなメッセージを叫ぶINKT。仲間を得て、自らの手でその第2章の引き鉄(Trigger)を引いた田中の、そしてINKTの今後が気になる。

NEW_utanet_logo

関連リンク

歌ネット公式サイト
RECOMMEND
歌ネットTOP10_0929

デビュー10年目の節目の年に出会った、AAAの代表曲のひとつになりうる良曲「さよならの前に」が上昇中!<歌ネット週間ランキング>

10月6日、台風18号の影響を受け、SEKAI NO OWARIの山梨・富士急ハイランドでの野外イベント『TOKYO FANTASY』(10月4日~6日)の最終日が中止になった。彼らは去年の10月に同所で初のワンマンマン野外イベント「炎と森のカーニバル」を開催 . . . 続きを読む

歌ネットTOP10_0922

“今一番泣ける歌”吉田山田の「日々」が急上昇、異例の新装盤リリースで紅白が見えてきた!?<歌ネット週間ランキング>

10月6日、台風18号の影響を受け、SEKAI NO OWARIの山梨・富士急ハイランドでの野外イベント『TOKYO FANTASY』(10月4日~6日)の最終日が中止になった。彼らは去年の10月に同所で初のワンマンマン野外イベント「炎と森のカーニバル」を開催 . . . 続きを読む

歌ネット0908

Mステ効果でサザンの新曲が登場!10周年を迎えた加藤ミリヤの名曲に再び注目が<歌ネット週間ランキング>

10月6日、台風18号の影響を受け、SEKAI NO OWARIの山梨・富士急ハイランドでの野外イベント『TOKYO FANTASY』(10月4日~6日)の最終日が中止になった。彼らは去年の10月に同所で初のワンマンマン野外イベント「炎と森のカーニバル」を開催 . . . 続きを読む

CONTENTS

HEAD BANNER

注目記事

あなたへオススメの記事

アクセスランキング

LIKE BOX

AdSense