• ミュージック
  • 【インタビュー】崎山つばさ「心の奥にあったロック魂が表に出るようになった」 野性的で艶がある“俺”を表現した新たな魅力!
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2018.09.21

【インタビュー】崎山つばさ「心の奥にあったロック魂が表に出るようになった」 野性的で艶がある“俺”を表現した新たな魅力!

sakiyama190919

ミュージカル『刀剣乱舞』シリーズの石切丸をはじめ、『御茶ノ水ロック』の逢坂翔平役や、舞台『クジラの子らは砂上に歌う』のスオウ役など舞台にドラマにと活躍中の崎山つばさ。崎山つばさwith menとして昨年11月にデビューを果たしてからまもなく1年が経つという今。今度はひとりのアーティスト・崎山つばさとしてシングル「Crescent Moon」をリリースした。ロックな崎山、という新たな魅力を感じさせた1枚について話を聞いた。

文/えびさわなち

 【崎山つばさ サイン入りチェキ プレゼント企画開催】
9月21日〜9月23日まで掲載されるランキング記事にキーワードが出てきます。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、9月23日に掲載されるプレゼント企画記事をチェック!お楽しみに♪

『御茶ノ水ロック』の経験が活きた?本作の歌に迫る!


――ニューシングル「Crescent Moon」はアプリゲーム『イケメンヴァンパイア◆偉人たちと恋の誘惑』1周年記念テーマソングとして書き下ろされた曲。最初に聴いたときの印象はどんなものでしたか?
崎山 歌詞が特徴的だなと思ったんです。世界観がもう、作品とそのままリンクしているような言葉が並んでいて、すごく艶ある世界観なので、これをどう表現しようかなとまずは悩みましたね。だからレコーディングの前に自分なりに想像を膨らませるべく、アプリゲームの世界観に触れたり、ヴァンパイアとは?を調べてみたりもして。
――曲調もこれまでと違いますしね。
崎山 ロックですからね。ロックはどう歌うとより伝わるんだろうってことを意識して歌うようにしました。実は自分の中にロックの文字がなかったんです。でも『御茶ノ水ロック』でロックバンドのボーカリストの役をやったことで、心の奥の方にあったロック魂が少しずつ表に出るようになっていたんです。普段はそんなにロックな部分はないんですけどね。
――今回はこれまでと違って桜menがいない状態での、ソロでの歌となるとお気持ちに変化はありましたか?
崎山 今までは自分の中にある和のイメージと、和楽器の音とが合わさって、崎山つばさらしさみたいなものが桜menの音と共に出来ていったと思うんです。その中で、和楽器の音色に頼らずに、崎山つばさ単体で表現をするということは、やっぱりちょっと不安はありました。どうしようかなと、ちょっと立ち止まり気味にはなったり。でも今回のMUSIC VIDEOでは、ロックバンド然とした姿で歌っているんです。この曲はバンド感を出したいな、とも思ったので、バンドのみなさんも入ってくださって。桜menと一緒に活動してきてバンド感を知ることも出来ていたので、別の雰囲気でのバンドの表現が出せたと思います。
――そんな「Crescent Moon」ですが、ご自身の中でのお気に入りのポイントを教えてください。
崎山 今回、歌詞の中で<俺>って一人称を言っているんですね。これまでは僕とか私が多かったのですが、俺で歌うのは初めてで雄感丸出しだなって。そこが自分の中でも新しいですし、お気に入りのポイントです。普段は俺って自分のことを言いはするのですが、この歌詞に出てくる俺は野性的だけど艶があって、というイメージがあったので、その俺に近づきたい、と思いながらの歌唱を頑張りました。

最初は信じられなかった!?初ワンマンライヴ開催への想い


――今回のシングルは「螺旋」のアコースティックバージョンと、さらに新曲「キンモクセイ」が収録されています。とても雰囲気のある、叙情的な一曲。この曲を歌われての感想を教えてください。
崎山 vagueのYuさんに作っていただいたのですが、舞台『クジラの子らは砂上に歌う』でも楽曲を作って頂いて歌詞も良いし、曲も本当に素敵だなと思っていて。今回、作詞作曲してくださったことに対しては恐れ多いと感じていたので、これは絶対にいいものにしたいと思いました。歌詞も日記っぽくて、<お父さん><お母さん>というワードも出てきたりもするので、自分に重ねやすかったです。自分の感情でそのときの思うままに歌うことができました。自分自身、お母さんの背丈を抜いたのは中2とか中3の時だし、お父さんとお酒を飲んだのも二十歳を越えてすぐのことだったし。いろいろとお世話になった先生を思い出したりもしたし、とても重ねやすかったです。
――そして12月25日にはZepp DiverCity(TOKYO)で初のワンマンライヴが決定しました。リリースイベントとは違い、初のワンマン。今のお気持ちは?
崎山 お台場ですよ、信じられません。Zeppのステージに自分が立つということは信じられないですが、決まった瞬間はめちゃくちゃ嬉しい!と思いました。今はどんな内容にするか、考えている真っ最中なのですが、崎山つばさ全開のライヴをお見せしたいです。
 ――熱い欲を歌う「Crescent Moon」でロックな崎山さんをライヴで体感できるのを楽しみにしています。
崎山 期待していてください!

【読者プレゼント企画のキーワードはこちら】
1文字目→「野」


RECOMMEND
5.13sakiyama tsubasa

一緒にワイワイ遊びたい!崎山つばさが桜menのメンバーとやってみたいことBEST3

ミュージカル『刀剣乱舞』シリーズの石切丸をはじめ、『御茶ノ水ロック』の逢坂翔平役や、舞台『クジラの子らは砂上に歌う』のスオウ役など舞台にドラマにと活躍中の崎山つばさ。崎山つばさwith 桜menとして昨年11月にデビューを果たしてからまもなく1年が経つという今 . . . 続きを読む

5.13sakiyama tsubasa

カレー粉を入れると抜群においしい!崎山つばさの上手に出来た手料理BEST3

ミュージカル『刀剣乱舞』シリーズの石切丸をはじめ、『御茶ノ水ロック』の逢坂翔平役や、舞台『クジラの子らは砂上に歌う』のスオウ役など舞台にドラマにと活躍中の崎山つばさ。崎山つばさwith 桜menとして昨年11月にデビューを果たしてからまもなく1年が経つという今 . . . 続きを読む

sato-ryuji

“極”実装でまた没頭中!佐藤流司が最近ハマっているゲームBEST3

ミュージカル『刀剣乱舞』シリーズの石切丸をはじめ、『御茶ノ水ロック』の逢坂翔平役や、舞台『クジラの子らは砂上に歌う』のスオウ役など舞台にドラマにと活躍中の崎山つばさ。崎山つばさwith 桜menとして昨年11月にデビューを果たしてからまもなく1年が経つという今 . . . 続きを読む

8-25fujita-sato

【インタビュー】藤田玲×佐藤流司 「佐藤流司は僕のバディにしたい人だった」 人との絆の大切さを魅せる『ダブルドライブ』

ミュージカル『刀剣乱舞』シリーズの石切丸をはじめ、『御茶ノ水ロック』の逢坂翔平役や、舞台『クジラの子らは砂上に歌う』のスオウ役など舞台にドラマにと活躍中の崎山つばさ。崎山つばさwith 桜menとして昨年11月にデビューを果たしてからまもなく1年が経つという今 . . . 続きを読む

CONTENTS

HEAD BANNER

注目記事

あなたへオススメの記事

アクセスランキング

LIKE BOX

AdSense