• エンタメ
  • 【インタビュー】板垣瑞生「男女問わず人間として惹かれるところは似ているのかな」役者としてチャレンジできた現場で得たもの
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2018.09.14

【インタビュー】板垣瑞生「男女問わず人間として惹かれるところは似ているのかな」役者としてチャレンジできた現場で得たもの

20180914itagaki-mizuki

9月14日公開、2017年マンガ大賞受賞作を原作とする映画『響 -HIBIKI-』にて、欅坂46の不動のセンター・平手友梨奈扮する天才女子高生小説家・鮎喰響の幼馴染である椿涼太郎を演じる板垣瑞生。自分を絶対に曲げない強さと圧倒的な文才で周囲の人々を巻き込み、影響を与えていく響を温かく見守る涼太郎の優しさ、一途さを自然体で表現する彼に、役との向き合い方、現場で感じたこと、共演者との楽しいエピソードなど、“得たもの”を探った。

文/杉江優花

【板垣瑞生サイン入りチェキ プレゼント企画開催】
9月14日、15日に掲載されるインタビュー&ランキング記事下に2つのキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、プレゼント企画記事をチェック!

月川監督作でテンションUP!初共演の平手友梨奈に“まずい!”と思った瞬間とは?

itagaki-mizuki_hibiki03――映画『響 -HIBIKI-』への出演が決まったとき、どんなお気持ちでしたか?
板垣 僕は、月川翔監督の作品にずっと出たいなと思っていたんですよ。例えば『君の膵臓をたべたい』にしても、ただの恋愛映画じゃないというか、こんな映画があるんだ!という感動があって。なので、出演が決まったときはすごくテンションが上がりました。
――原作マンガ『響 〜小説家になる方法〜』(小学館)はご存知だったのでしょうか。
板垣 僕はマンガが好きなんですけど、原作の『響 〜小説家になる方法〜』はたまたま知らなかったんですね。でも、『響 -HIBIKI-』への出演が決まったあと、そのことを知らない高校の友だちから原作のマンガがおもしろくて人気がある作品だということを聞いて。読んでみたら確かにおもしろくて、どんどん惹き込まれました。
――板垣さん演じる涼太郎は、真っ直ぐに生きる響をいつでも温かく見守っていて、一途に想っているんだろうなということが伝わってきますが、原作マンガや台本を踏まえ、どういう準備をしたのでしょうか。
板垣 涼太郎役に決まったとき、涼太郎は響の幼馴染なわけですけど、響=平手さんのことを全然知らないなと思って。響に向き合うのと同時に、いろいろな動画を観たりして、響き演じる平手さん自身のことを知る、というところから始めたんですよ。
itagaki-mizuki_hibiki04――そうだったんですね。実際に平手さんにお会いしてみて、どんなことを感じましたか?
板垣 お互い人見知りなので、最初に会ったときはまったく会話がなかったんですよ。響と涼太郎は幼馴染なのにこれじゃまずい!と思いながら(苦笑)、一緒にお芝居をしていく中で少しずつしゃべるようになって。そして、原作の涼太郎は響に対して好きという感情だけでなく、もっと執着しているように感じたのですが、どこまでそれを表現するかというところで悩みつつ……その辺は月川監督と相談して、映画においてはだいぶ抑えたつもりです。あと、塩崎隆也を演じる笠松将くんとも、芝居に関していろいろ話しましたね。彼、すごくおもしろいんですよ。響と隆也のシーンのリハーサルで、何パターンもの芝居をしたりとか、男ふたりのシーンなんかは、楽しすぎました。
――響と涼太郎、アヤカ・ウィルソンさん演じる祖父江凛夏、隆也の4人で動物園に行くシーンも、和気藹々としていて。
板垣 あのシーン、実は僕にとって最初に撮影したシーンなんですよ。会ったばかりでこのシーン!?と思いながら、初めは必死でしたけど(笑)……一緒にいると、お互いに等身大で自然とワイワイできて。みんな、ただの文芸部員でした。

みんなで作る一体感は今までの中で一番!響を見守る涼太郎役へのこだわりを明かす

itagaki-mizuki_hibiki05――その楽しさ、画面からも伝わってきます。涼太郎を演じていく中で、気付くこともあったりして?
板垣 涼太郎の響に対しての“好き”は、高校生の“好き”とは違う、もっと屈託のないものというか……涼太郎にとって響は、自分の一部なんじゃないかなと思ったんですよ。だから、「いつでも温かく見守る」と言っていただいたように、自分としては“母性感”を出したつもりです。
――何があっても、どんなときも、涼太郎は響の味方ですもんね。“母性感”や純粋さ、まさに感じます。
板垣 僕自身には弟や妹がいないし、これまで年下の方とはあまり共演してこなくて。年下の平手さんと共演してどうなるのかなと思っていたんですけど、生き様がとにかくカッコいい響のことを、時に母のような、時に兄のような目で見ていたような気がします。
――そんな涼太郎と板垣さん自身が、重なるところもあるのでしょうか。
板垣 涼太郎は響という存在ごと好きになっていったと思うんですけど、僕も見た目とか仕草とかそういうところではなく、男女問わず人間として惹かれていくタイプ。そういうところは、似ているのかなって思いました。
itagaki-mizuki_hibiki06――なるほど、だから涼太郎を“演じている”というよりも“自然体で生きている”ように感じられたのかもしれません。映画『響 -HIBIKI-』の撮影現場は、これまでにない刺激を受けられる現場でもありましたか?
板垣 そうですね。月川監督発案のいろいろな演出で、役者としてたくさんチャレンジができましたから。響から本を取り上げるシーンでは、読んでいたページに実は指を入れてあげているっていう細かい見せ方をしたり、あるシーンでは涼太郎が響にめっちゃ睨まれてとても怖いんですけど、そういう響の表情を引き出したことにしても、監督の手腕が光っているし。共演者、監督みんなで一緒に映画を作っているという一体感は、これまでで一番感じました。
――派手なアクションなんかはないけれど、本当に熱量が高いですし。
板垣 そう、ロックな作品ですよね。
――そういう作品での経験は、これからの役者人生にどう生きそうですか?
板垣 ひとりの役者が求心力を発揮するのではなく、今回はスピード感、爽快感ある作品をみんなで作れたと思うので、その経験をほかの現場でも生かせたら、きっとおもしろい芝居ができるんじゃないかなという期待感があります。

【読者プレゼント企画のキーワードはこちら】
1つ目→「一体



【作品情報】 『響 -HIBIKI-
2018年9月14日(金)公開

出演:平手友梨奈 アヤカ・ウィルソン 高嶋政伸 柳楽優弥 北村有起哉
野間口徹 小松和重 黒田大輔 板垣瑞生 吉田栄作・小栗旬/北川景子
監督:月川翔
脚本:西田征史
原作:柳本光晴「響 〜小説家になる方法〜」(小学館「ビッグコミックスペリオール」連載中)
配給:東宝
©2018映画「響 -HIBIKI-」製作委員会 ©柳本光晴/小学館

<STORY>
スマートフォン、SNSの普及により、活字離れは急速に進み、出版不況の文学界。そこに現れたひとりの天才少女・響(平手友梨奈)。15歳の彼女の小説は、圧倒的かつ絶対的な才能を感じさせるもので、文学の世界に革命を起こす力を持っていた。文芸誌『木蓮』編集者の花井ふみ(北川景子)との出会いを経て、響は一躍世の脚光を浴びることとなる。しかし、響は普通じゃない。彼女は自分の信じる生き方を絶対に曲げない。世間の常識に囚われ、建前をかざして生きる人々の誤魔化しを許すことができない。響がとる行動は、過去の栄光にすがる有名作家、スクープの欲だけで動く記者、生きることに挫折した売れない小説家など、様々な人に計り知れない影響を与え、彼らの価値観をも変え始める。一方、響の執筆した処女作は、日本を代表する文学賞、直木賞・芥川賞のダブルノミネートという歴史的快挙にまで発展していく。



あなたへオススメの記事


RECOMMEND
20170310itagaki-mizuki

【インタビュー】板垣瑞生 「いろいろな方の支えがあってチャグムも僕も存在している」 大先輩に囲まれて成長し続ける若き皇太子

9月14日公開、2017年マンガ大賞受賞作を原作とする映画『響 -HIBIKI-』にて、欅坂46の不動のセンター・平手友梨奈扮する天才女子高生小説家・鮎喰響の幼馴染である椿涼太郎を演じる板垣瑞生。自分を絶対に曲げない強さと圧倒的な文才で周囲の人々を巻き込み、影 . . . 続きを読む

20180912nakajyo_sano

【インタビュー】中条あやみ×佐野勇斗 美女とオタクを通して生きたもうひとつの人生 次元を超えた恋愛作で見つけた宝物

9月14日公開、2017年マンガ大賞受賞作を原作とする映画『響 -HIBIKI-』にて、欅坂46の不動のセンター・平手友梨奈扮する天才女子高生小説家・鮎喰響の幼馴染である椿涼太郎を演じる板垣瑞生。自分を絶対に曲げない強さと圧倒的な文才で周囲の人々を巻き込み、影 . . . 続きを読む

20180815keyakizaka46

【インタビュー】上村莉菜(欅坂46)「いろんなことを言われるけどやるしかない」“アンビバレント”な感情で突き進む覚悟

9月14日公開、2017年マンガ大賞受賞作を原作とする映画『響 -HIBIKI-』にて、欅坂46の不動のセンター・平手友梨奈扮する天才女子高生小説家・鮎喰響の幼馴染である椿涼太郎を演じる板垣瑞生。自分を絶対に曲げない強さと圧倒的な文才で周囲の人々を巻き込み、影 . . . 続きを読む

20180801shimura_reo

【インタビュー】志村玲於 初の映画現場は学びの宝庫!「勇斗とは距離が近い分、対抗心みたいなのもあった(笑)」

9月14日公開、2017年マンガ大賞受賞作を原作とする映画『響 -HIBIKI-』にて、欅坂46の不動のセンター・平手友梨奈扮する天才女子高生小説家・鮎喰響の幼馴染である椿涼太郎を演じる板垣瑞生。自分を絶対に曲げない強さと圧倒的な文才で周囲の人々を巻き込み、影 . . . 続きを読む

CONTENTS

HEAD BANNER

注目記事

あなたへオススメの記事

アクセスランキング

LIKE BOX

AdSense