• ミュージック
  • 【インタビュー】Qyoto「学生である今しか書けないものを書こう」 現役大学生バンドが贈る“BORUTO”OP曲!
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2018.07.11

【インタビュー】Qyoto「学生である今しか書けないものを書こう」 現役大学生バンドが贈る“BORUTO”OP曲!

7-11qyoto

京都出身の現役大学生バンド・Qyotoが初登場!新曲「It’s all in the game」はアニメ『BORUTO‐ボルト‐NARUTO NEXT GENERATIONS』(テレビ東京系)のオープニング曲としてオンエア中。『NARUTO』世代ド真ん中の彼らが、作品への深い愛と共感を込めて生み出したのは、疾走感溢れるロックナンバーだった。ボーカル・中園勇樹、バイオリン・HIROKI、キーボード・RYOTA.の『BORUTO』ワールドへの想いは、好きなキャラクター談義からもヒシヒシと伝わってきて、まさに相思相愛のコラボレーション。メンバー“他”己紹介もお楽しみください!

文/大前多恵

【Qyoto プレゼント企画開催】
7月9日〜12日に掲載されるインタビュー&ランキング記事にキーワードが出てきます。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、7月12日に掲載されるプレゼント企画記事をチェック!お楽しみに♪

意外と渋めなチョイス!?メンバーが好きな登場キャラクターに迫る


――アニメ『BORUTO~』の主題歌を担当すると決まった時、どう思われましたか?
中園 ナルト世代からずっと観続けてきたアニメの主題歌を僕たちが、と聞いた時は「嘘でしょ!?」と半信半疑になるくらい驚きました。流れた時は、感無量でしたね。「ボルトが曲に合わせて走ってるで!」みたいな(笑)。感動でウルッとしちゃいました。
RYOTA. イントロは、まずはガツンとキャッチーな、「アッ!」となるようなものを作ろう、と試行錯誤しました。間奏のソロも“Qyotoサウンド”のポイント。ギターとバイオリンが掛け合いをするという、珍しい形のツインのソロなんです。
HIROKI 歌詞は、僕と勇樹のふたりが中心になって書いたんですけど、お互いに別々で丸1曲分を書いてきて、持ち寄りました。
中園 「学生である今しか書けないものを書いてこよう」という認識をお互いに持って、書いてみたら世界観は自然と似た感じになっていましたね。<光れ僕ら青春>という部分はHIROKIが書いてきたんですけど、すごくメロディに合っていて、言い切る感じがいいな、と。「これは入れよう!」って推したんです。
RYOTA. オープニングアニメーションでは、<憧れの影>というところでうちはサスケの影が出てくるなど、歌詞とリンクしている部分もあるんですよ。本当に嬉しいことですよね。期間生産限定盤のCDジャケットには『BORUTO~』のキャラクターと一緒にQyotoという文字が入っていて、アニオタである僕からしたら感無量です!
――『BORUTO~』、『NARUTO』の中で特に好きなキャラクターを教えてください。
HIROKI 僕は、シカマルの息子のシカダイ。シカダイはちょっと達観した大人っぽい子だから、ボルトたちが子どもっぽく見えた時もあったりして……そんな中シカダイが、実は敵であるキャラクターと友だちになるんです。面倒なことには首を突っ込まない主義を変えて、一歩踏み出して彼を助けるために飛び込んでいくシーンがあるのですが、その心情の変化、シカダイが成長していくところにジーンときちゃって、好きですね。
中園 僕はミツキ。シンプルにカッコいいというのと、これからへの期待を込めて。『BORUTO~』はまだ第5巻までしか出ていなくて、ミツキがこの物語をどんどん盛り上げていくストーリーが今後あるんじゃないか?って。まだ見えないところがあるキャラクターなので、ミステリアスなんです。
RYOTA.  僕は、イルカ先生。『NARUTO』の主人公・うずまきナルトの、アカデミー時代の先生なんです。ナルトがクラスでひとりだけ試験で合格できなかった時、イルカ先生が、自分の額当てを取って「おまえも卒業だ」と渡すシーンがあって……これはアニメの観すぎによる弊害なのかもしれないんですけど、重要人物が出てくると、その人が亡くなるまでのストーリーを勝手に思い描いてしまうんです(笑)。「あかんあかん!イルカ先生が死んだら泣くなぁ」と。先生はまだご存命なんですけども、『BORUTO』の平和な世界が続いてほしいです!

普段は天然の末っ子キャラ!?お互いを語り合う他己紹介を敢行


――初登場ですので、今お隣に座っている方を“他”己紹介してください!
HIROKI ウチのボーカルはですね……。
中園 これ、恥ずかしいなぁ(笑)。
HIROKI (笑)。一番年下なので末っ子感があって、ピュアボーイでちょっと天然なところもあってかわいいです。リュックの口が開いていたり、イヤホンがジャケットのポケットからビョーン!と出ていたり(笑)。でもいざ歌う時には目つきが全然違っていて、逞しくて頼れる存在になります。ギャップ萌えですね。
――では、中園さんからRYOTA.さんを紹介すると?
中園 彼は物腰が柔らかくて、いるだけで空気が柔らかくなります。根がめっちゃ優しいのがヒシヒシと伝わってくる。なお且つすごく賢くて。自分の意見を持っているんですけど、周りの意見をしっかりと受け止めた上で、「こうじゃない?」と囁いてくれるんです。あとは、アニメやゲームが好きで、ブレないところを持っているところに憧れています。
――では、RYOTA.さんからHIROKIさんを紹介していただけますか?
RYOTA. パクチーがめっちゃ好きなのを筆頭に、マジョリティーじゃないところが特徴かもしれません。楽器としても、バンドの中でバイオリンというのも、珍しいじゃないですか?僕らが躊躇して一歩踏み出せないところで先陣を切ってくれることがあって、貴重な存在です。あと、“京都に詳しいなぁ”といつも思います。僕たちも京都に住んでいた時間は同じくらい長いんですけど、愛も知識も含め、全然違う。
HIROKI 大学のレポートを2万字書いたんですけど、テーマは“京都の街づくりに関する現状の課題と今後の展望について”。京都愛が強すぎて、自分でも気持ち悪いレベルです(笑)。
――将来的には京都市長さんを目指されたらどうですか!?
HIROKI ウチの大学に市長さんが来られた時も果敢に質問をして、ちょっと引かれました(笑)。
中園&RYOTA. (笑)。

【読者プレゼント企画のキーワードはこちら】
3文字目→「の」


RECOMMEND
CONTENTS

HEAD BANNER

注目記事

あなたへオススメの記事

アクセスランキング

LIKE BOX

AdSense